舞いあがれ

【舞いあがれ64話ネタバレ14週あらすじ】浩太とぶつかる悠人

【舞いあがれネタバレ64話14週あらすじ】章が下す決断とは?

NHKの朝ドラ「舞いあがれ!」第14週 「父の背中」2023年1月4日に初回放送された64話のネタバレあらすじをお届けしていきます。

朝ドラ舞いあがれ!63話は、新規の仕事が舞い込みます。

張り切る浩太(高橋克典)ですが…。

これからの舞いあがれ!の展開はどうなっていくのでしょうか?

今回は「【舞いあがれ64話ネタバレ14週あらすじ】章が下す決断とは?」と題してお届けします。

>>舞いあがれ最新話ネタバレ<<

 

目次

舞いあがれ64話ネタバレ14週あらすじ考察

今後の舞いあがれ!はどうなっていくのでしょうか。

感想や今後の考えられる展開を紹介していきます。

 

舞いあがれ64話ネタバレ14週あらすじ考察|悠人はなぜ工場へ?

次週予告で、悠人が工場へ来ていました。

彼は何しに来たのか?

「この工場なんぼになるやろ?」とつぶやいていた悠人ですが、もしや売るつもり?

舞は悠人に「会社を立て直すのを手伝ってほしい」とは頼みましたが、工場を売って金にしてほしいなどとは頼んでいません。

嫌な予感がします…。

悠人がいったい何を考えているのか気になります。

 

舞いあがれ64話ネタバレ14週あらすじ考察|悩むみちる

朝陽のことでみちるは悩んでいます。

小さい頃から手のかかる子どもだったのでしょう。

この先みちるが自暴自棄にならなければいいのですが、不安です…。

周りからは育て方が悪いと批判されたようで、五島ではそんなことを言う人は一人もいないと信じています。

朝陽が楽しく学校へ通う姿をみちるに早く見せてあげたいです。

 

舞いあがれ64話ネタバレ14週あらすじ考察|寂しい舞

柏木から舞に電話がありました。

サンフランシスコでは、寝る暇もなく忙しくしている様子の柏木。

どうやら舞ほど寂しさは感じていないようです。

舞は寂しくてどうしようもない様子なのに…。

そんな時に貴司がやってきます。

舞が貴司に惹かれるのも、時間の問題。

柏木との別れも近そうです。

 

舞いあがれ64話ネタバレ14週あらすじ考察|五島での朝陽

朝陽は気難しい子です。

東京の学校では馴染めなかったようで、母親のみちるは頭を抱えています。

しかし五島では一人一人がのびのびと暮らしていて、東京よりも五島の方が朝陽には息苦しさもないでしょう。

小学校へ通うまで時間はかかるかもしれません。

しかし舞もそうでしたが、徐々に祥子のもとで慣れていけばいいと思いました。

 

舞いあがれ64話ネタバレ14週あらすじ考察|またまた離婚危機か?

入社が一年延期になった舞ですが、中澤(濱正悟)のところも半年延期のようです。

離婚危機を脱した中澤ですが、半年延期となるとかなり辛いものがあります。

子どももまだ小さく、どうするつもりでしょうか?

またまた離婚問題が浮上してきそうで不安です。

矢野(山崎紘奈)や吉田(醍醐虎汰朗)、柏木(目黒蓮)の就職先はどうでしょう?

それぞれが今どのように過ごしているのか気になります。

 

舞いあがれ64話ネタバレ14週あらすじ考察|浩太の気持ち

リーマンショックの影響で悠人がダメになっていなかと不安でしたが、まさか予言していたとは…。

恐れ入りました。

悠人が載った記事を読んで浩太(高橋克典)は複雑そうでした。

どうして息子の功績を素直に喜べないのでしょうか?

子どものころから勉強ができて、何の失敗もなく大きくなってしまった悠人。

そう浩太は思っているのではないでしょうか?

このままでは悠人がダメになってしまう。

だから一度でもいいから失敗したり、苦い経験をしてほしいと浩太は思っているに違いありません。

しかし悠人だって辛い経験はたくさんしてきたと思います。

東大にらくらく入れたわけではないと思いますし、就職して嫌なこともたくさんあったでしょう。

浩太には悠人のことをもう少し認めてあげてほしいです。

 

舞いあがれ64話ネタバレ14週あらすじ考察|水島登場

水島(佐野弘樹)は父親が経営するスーパーで働いているようです。

何をしても長続きしなかった水島。

しかし今回はなんとか頑張っているようでホッとしました。

お客さんが喜ぶ顔を見るのが好きなようで、明るい彼にはぴったりの職業に就けて本当に良かったです。

これからもちょくちょく水島の登場はあるのかと期待しています!

 

舞いあがれ64話ネタバレ14週あらすじ考察|柏木とは別れる?

柏木(目黒蓮)の貴司(赤楚衛二)に対する嫉妬は尋常じゃなかったですね…。

柏木は、かなりの束縛タイプかと予想。

舞は柏木の束縛がひどすぎて、今後すぐに別れるかもしれません。

両親の挨拶まではよかったんですけどね、幼馴染にも同じように好印象のまま挨拶してほしかったです。

柏木と別れた舞は、貴司か一太と結ばれるのか?

もしくは、今後就職した先でまた別の素敵な男性と出会うのか楽しみです。

 

舞いあがれ64話ネタバレ14週あらすじ考察|なにわバードマン

人力飛行機サークル時代の先輩から電話をもらった舞(福原遥)。

今でもちょくちょく連絡を取り合っているのでしょうか?

刈谷は、飛行機を設計する仕事に就きたいと言っていたと思います。

会社勤めをしている様子の刈谷でしたが、パイロットとなった舞との再会はあるでしょうか?

一方の鶴田は何の仕事に就いたのか?

これからもなにわバードマン時代の仲間が登場するのかと楽しみです!

 

舞いあがれ64話ネタバレ14週あらすじ考察|盗聴器?

悠人(横山裕)からタイミングよく舞に電話がありました。

何もかもお見通しの悠人。

それにしても、タイミングよすぎませんか?

もしかすると、盗聴器を仕掛けているのか?!

悠人ならありえそうな行動です。

悠人がめぐみからの電話にだけは出ない理由も、これで解決できます。

離れたところに住んでいる悠人に怪しい行動がないか、これから要チェックです。

 

舞いあがれ64話ネタバレ14週あらすじ考察|心の闇を感じる悠人

悠人はいつも薄暗い部屋にいて、しかも彼が登場する時には毎回不穏な音楽が流れます。

悠人には心の闇を感じるんですよね。

もともと小学生のころからひねくれてはいましたが、彼が素直になる時は来るのでしょうか?

東京へ行って、これまで以上に性格にゆがみが出た感じです。

彼の心の中に渦巻く黒いモノの正体が知りたいです。

 

舞いあがれ64話ネタバレ14週あらすじ考察|ツイッターでの反応は?

舞いあがれ63話ツイッターでの反応は以下の通りです。

 

舞いあがれ64話ネタバレ14週あらすじ

朝ドラ舞いあがれ!64話のネタバレあらすじを紹介していきます。

ネタバレですので、まだご覧になっていない方はご注意ください。

 

舞いあがれ64話ネタバレ14週あらすじ|工場にやって来た悠人

2009年、経営危機に陥っている浩太(高橋克典)の会社。

納期が短い仕事ですが、会社の危機を乗り越えるために浩太はその仕事を引き受けることに。

そんな時、悠人(横山裕)が帰ってきました。

悠人が珍しく工場にやって来たのでうれしくてたまらない舞(福原遥)は、工場の中を案内します。

工場にやって来た悠人を見て、驚く章と笠巻(古館寛治)。

悠人が工場の機械の値段を笠巻に尋ねます。

工場をざっと見渡した悠人は、浩太やめぐみ(永作博美)に会わず、お好み焼き屋「うめづ」へ行ってしまいました。

 

舞いあがれ64話ネタバレ14週あらすじ|工場を売る

その夜、久しぶりに帰って来た悠人と浩太が酒を酌み交わします。

リビングには、悠人が送ってきた金の置物が飾られています。

それを見て「まだあったんや」と悠人。

「今売れば10倍以上の値段はするで。売り渋らんと、工場も売ればいいのに…」との悠人の言葉に浩太もめぐみも舞も絶句します。

まだ工場は新しく、機械も新しいので買い手もつくだろうと悠人。

 

舞いあがれ64話ネタバレ14週あらすじ|損切り

リーマンショック後、倒産する会社を悠人はたくさんみてきました。

損切りせずに巻き返せると思い、損失を増やしてしまった会社を悠人は嫌と言うほど知っています。

だからこそ借金が増える前に、工場を売るべきだと悠人。

浩太は「長い時間をかけて、従業員と一緒に大きくしてきた会社や。みんなで一歩ずつ進んできた工場を売るなんて…」と言います。

「なんでみんな損切りできひんか知ってるか?それは、自分の失敗を認めることができひんからや!」と悠人が強い口調で言い放ちます。

 

舞いあがれ64話ネタバレ14週あらすじ|怒る浩太

「株なんかと一緒にするな!」と怒る浩太。

「心配して言ってるねん!」と悠人も怒りを爆発させます。

「帰れ!」と浩太に言われ、悠人がさっさと家を出ていきます。

舞には、悠人がなぜ浩太と毎回ぶつかるのかわかりません。

悠人が工場を心配していることはわかります。

 

舞いあがれ64話ネタバレ14週あらすじ|舞と悠人

後日、舞は悠人を呼び出し話をしました。

「心配して来てくれたんやろ?力になりたいって言ったらええやん」と舞。

悠人は「そんな話しやったら帰る」と立ち上がります。

舞は悠人を引き止めて、「工場を立て直す方法を一緒に考えてほしい」と頼みました。

しかし悠人は、浩太がしないといけないのはこれ以上借金を増やさないことだと話します。

 

舞いあがれ64話ネタバレ14週あらすじ|自己満足

朝から晩まで必死に働く浩太には、いつか飛行機を作るという夢があります。

その浩太に大事な工場を売れと言っても、売らないだろうと考える舞。

それに浩太は、従業員のためにもピンチを乗り切ろうとしています。

工場を売ってしまうと、従業員が職を失い路頭に迷うことになってしまうからです。

舞の話を聞いて「甘いな」と悠人。

「利益を出せない会社は潰れるしかない。お前がやってることは自己満足や。パイロットになるんやろ?お前がやってることは、その場しのぎの行動や」と悠人に言われた舞は、何も言えません。

 

舞いあがれ64話ネタバレ14週あらすじ|柏木に電話を掛ける舞

悠人が去った後も舞は動けずにいます。

そこへ久留美(山下美月)がやって来ました。

「柏木(目黒蓮)さんと何かあったん?」と久留美。

「たまにメールとかしているよ」と舞が言うと、「遠距離恋愛はこまめに連絡とらないと!」と久留美に言われます。

家に帰った舞が柏木に電話を掛けます。

 

舞いあがれ64話ネタバレ14週あらすじまとめ

NHKの朝ドラ「舞いあがれ!」第14週 「父の背中」64話のネタバレあらすじをお届けしてきました。

舞いあがれ!64話では、悠人が珍しく工場にやってきます。

悠人から工場を売るよう言われる浩太。

従業員のためにも浩太は工場を売るつもりはありません。

今後の舞いあがれ!の展開も気になりますね。

以上、「【舞いあがれ64話ネタバレ14週あらすじ】浩太とぶつかる悠人」と題してお伝えしました。