今、あなたの常識が
試される!

小説家であり、母親でもある主人公・吉岡真紀(36)。
スランプ中の彼女の前に、ある日突如立ちはだかったのは、
隣の住人・若田美和子(52)による、けたたましい騒音、そして嫌がらせの数々だった。
それは日に日に激しくなり、真紀のストレスは溜まる一方。
執筆は一向に進まず、おかげで家族ともギクシャクし、心の平穏を奪われていく。
そんな日々が続く中、真紀は、美和子を小説のネタに書くことで反撃に出る。
だがそれが予想外の事態を巻き起こしてしまう。
2人のケンカは日増しに激しくなり、家族や世間を巻き込んでいき、
やがてマスコミを騒がす大事件へと発展……。
果たして、この不条理なバトルに決着はつくのかーー?!

予告編を見る

第32回東京国際映画祭・スプラッシュ部門のワールドプレミアで大反響 劇場公開が熱望された衝撃の問題作!

ささいなすれ違いから生まれた隣人同士の対立が、マスコミやネット社会を巻き込んで、やがて2つの家族の運命を狂わせてしまう。
まさに今、誰の身にも起こり得る「SNS炎上」や「メディアリンチ」など、
社会事情も絡みつつ、後半思わぬ方向に事態が進んでいくサスぺンスフルな展開は、最後まで目が離せません。
構想は3年。あらゆる「争い」についての普遍的真理をテーマにした、天野千尋監督によるオリジナル脚本。

主人公の小説家・吉岡真紀を演じるのは『共喰い』『湯を沸かすほどの熱い愛』『楽園 』などの篠原ゆき子。
本作の好演で第59回アジア太平洋映画祭主演女優賞を受賞しました。
また、存在感のある芝居が評判の謎の隣人夫婦役をオーデション選出の大高洋子と宮崎太一、
ほか長尾卓磨、米本来輝、和田雅成そして、田中要次、洞口依子、風祭ゆきと、名優が脇を固めます。
また、真紀の娘は「パプリカ」を歌う人気ユニット「Foorin」のメンバー“ちせ”こと、新津ちせが演じているのも話題です。

映画『ミセス・ノイズィ』の小説版が
12月4日(金)の公開日と同日に
発売決定!
『ミセス・ノイズィ』小説版

天野千尋 著

実業之日本社文庫
本体価格680円+税
「騒音」を巡る隣人同士の対立が激化、SNSで炎上する様をシニカルに描き、各界著名人絶賛の映画を監督自らノベライズ!
https://www.j-n.co.jp/books/?goods_code=978-4-408-55630-7

COMMENT

  • 「挨拶は時の氏神」という諺通り、正義とは何か、防衛とは何か。陥りがちな錯覚、思い込みについて、痛烈に考えさせられる傑作。
    そして、この展開の見事さは「カメ止め」を凌駕している。

    俳 優松尾貴史
  • 傑作!快作!まさかの展開の連続に驚きそして感服。
    主演の二人がとにかく素晴らしい。2020年を代表する1本になることは間違いないでしょう

    映画監督・脚本家佐藤佐吉
  • 意外な展開があって、しっかりとスッキリさせてくれる。脚本が見事だった。篠原ゆき子は普通の人の皮をかぶった変人だと俺は思っているので、その見え隠れするクレイジーさを見事に演出で引き出していた。最後は号泣しました。

    お笑い芸人/映画監督品川ヒロシ
  • よくある騒音ババアの話かと思ったら違った。
    全く悪意のない隣人を悪者と決めつけ、あげく追い詰めてしまった主人公の悔恨の話だった。取り返しのつかないことをしてしまった人間は何をすればいいのか。切々と胸に迫ってくる映画でした。

    映画監督いまおかしんじ
  • めちゃ面白かった!変なお隣さんとの隣人トラブルの話かと思いきや…
    インターネット使う人は全員見てってくらい大事なことが描かれてるし、観終わってふと気づくメタな構造が良い!YouTubeをやっているのでSNSとか動画の描写には過敏になりがちなんですが、すごくリアルでした。出てくるキャラクターは最初はちょっと取っ付きにくいと感じたんだけど、最後まで観るとすごくしっくりきた。役者さんも個性的!

    YouTuberもっちゃん
  • もっっのすごく素晴らしい本でした。
    私も参加したかったとつい嫉妬してしまいました。
    善悪を決めつけてしまう偏った道徳心が飛び交うこの時代だからこそ沢山の人に観てもらいたい。自分の道徳心が改めてどうなっているのか
    目の前の人に、ちゃんと愛と敬意を持って接せれているのか。

    俳優川上奈々美
  • 見始めてどんどんイライラしてきて、途中で苦しくなって、自分はどの登場人物の立場なのか、入れ替わりながら投影して、最後泣かされる。我ながら演出の思うままの良い客。重いテーマ成立させる役者さんたち皆素晴らしい。俺も上手くなりたい。

    俳優金剛地武志
  • 私たちは正しい。間違っているのは世間。この言葉がとても響く。
    自分の考える「普通」が果たして正しい事なのか考えさせられた。

    俳優並木塔子
  • 今の私達が考えるべき問題点の数多くが散りばめられていて最初から最後まで心が動かされっぱなしでした。後半は涙が止まらなかったです。とにかく早く誰かと作品について話したい。

    俳優村田綾
  • コメディなのに奥深くて、一瞬も目を離せない見応えある作品でした。
    つい自分と重ねてしまったり。終わったあとの余韻凄い。です。
    こりゃ~話題になるわ!と思わず声に出てしまった。
    私的今観るべき映画です。

    俳優宮瀬アヤ
  • 一瞬も見逃せない展開。
    物事の視点を変えてみることも大事ということを学びました。
    今日から、嫌がらせしてくる身近な人にも優しくなれそう。…なりたい。

    俳優範田紗々
  • ズキズキくるシーンセリフ大量
    自分自分てなってる時
    大事な事が聞こえてこなかったりだとか
    間違った捉え方をしてしまったりだとか
    正しいと思っても周りの反応は違うとか
    なかなかその人の本当を知るって大変な事
    一方向からだけじゃなーんもわかんないもんなぁ
    よしもう1回見よう

    俳優花瑛ちほ
  • 自分の正義を押しつけ合う終わりなき戦いにどんな結末が待っているのか目が離せなくなり、主観という怖さ危うさを痛感しました。
    自分の信じる正義は時に己も人も傷つける凶器になりうることを知り、考えさせられる作品でした。

    俳優綾乃彩
  • いまこのタイミングで、こんな素晴らしい作品に出会えて、震える思いです。自分もこんな映画に携わりたいと、思いを強くしました。

    俳優チング・ポカ
  • SNS問題はまさにタイムリーで、与えられた情報を一方向のみからみて鵜呑みにするのではなく与えられたものを自分でよく考える大切さを改めて実感させる映画です。
    是非皆さんにも観てもらいたいです。

    俳優宇佐美彩乃
  • 何が正しいのか、みんな一生懸命私の人生を、生きているそれだけなのに。
    考えるべき沢山の事に出会いました。多くの人のきっかけになると思います。

    俳優山内優花
  • イライラしたり、時には笑ってしまうのだけど、最後あんなに気持ちになるとは思わなかった。自分が偏った考えをしてしまっていること気付かされました。

    俳優都志見久美子
  • 怒涛の展開にびっくりでしたが、このご時世のリアルでこうなってもおかしくないが溢れていました。現実的すぎる。自分もどこかで誰かに似たような行動をしているかもしれない。ハッとしました。

    俳優山崎丹奈
  • 序盤のテンポ感の良さにがっしりと掴まれた心が、後半でぐわんぐわん揺さぶられる。
    自分の見ている世界がいかに一方的か、そんな当たり前のことを突きつけられてドキッとしました。徐々に笑えなくなって抉られていく感じ、好きです。

    俳優小川夏鈴
  • 笑って泣きました。
    公開したら主人と観に行きたいなぁ…

    俳優加藤桃子
  • 人間味がある作品だと思いました。
    こういう人いるし、自分もこういうところあるなーと共感できる部分があったり。。。
    所詮人間は自分のことでいっぱいっぱいなんだな。

    俳優みーこ
  • 自分の物差しでしか物事を測れない人って苦手なのに、自分がその苦手な人になってしまっていたことに、気付かされる。笑っていた自分にも返ってくる罪悪感。どうしよう、とんでもないことになってしまった…と思った時にはもうすっかりこの作品の世界にハマっていました。

    俳優小原徳子
  • 前半のコミカルな導入からもう笑えなかった。勿論つまらないのでは無く、日常感じる異物への不快感、自分もいくばくか抱えてしまう「不寛容の恐怖」を描いているから。決定的な事件が起きた辺りから物語がドライブ、感動へ。「実はこうでした」という単なるどんでん返しの為に人を世界を創作していない、真摯な作品。主演の篠原さんはじめ俳優陣の魅力、それを引き出した天野監督の視線の確かさ。

    俳優川瀬陽太
  • 誰も悪くないのに何かしら問題を抱えるのが「家族」です。
    悪意ではなく善意からトラブルとなることもありますし、
    少しの誤解が家族を巻き込む大きな騒動へと繋がりかねない。
    不安な時だからこそ観ておきたい作品です。

    家族問題評論家池内ひろ美
  • ミスターではなく、ミズでもなく、ミセス。エンターテインメントの形を巧みに取りつつ、日本の家族制度や婚姻制度の歪みをノイズィに訴えた映画、と見た。野郎どもに届け。ていうか、女ども何してんの?私もだよオイ!

    映画監督大九明子
  • 怖いオバちゃんがベランダでふとんを叩いて逮捕された「引っ越しオバサン騒音事件」。あの事件の真相はもしや…という視点で描くアナ―ザーストーリー。激突する女優2人に圧倒されながら、最後は目に涙する快作だ!

    フリーアナウンサー笠井信輔
  • メディア報道やSNSのあり方に警笛を鳴らすこの物語は
    アップデートされたラショーモンアプローチだ。
    観客に人間の尊厳と常識を投げかける本作のラストに救いを見た

    映画パーソナリティコトブキツカサ
  • 一言で、恐ろしい映画。ペンは剣よりも強しというが、ペンの持つ暴力はとてつもない。SNSもマスコミも、またしかり。暴力を振るわれた側はただ耐えるしかないのか。それでも強く生き抜くしかないのか。「表現の自由」が、弱い人を踏みにじっていないのか?

    女優柴田理恵
  • 今、いつもと違う日常、ミセス・ノイズィ観た。このご時世への警鐘と天野監督の眼差し。
    役者の活き活きさ。
    篠原さんの音が天野千尋の音に似ている気がして、天野さん本人の叫びみたいな気がした。
    これぞ映画。最高でした!

    俳優渋川清彦
  • 映画館にも幼稚園にも行けず、家に閉じこもるしかなかった今節の疫病禍のもとでは、泣く子がうるさいのもお互い様。わが家もお隣りさんも元気な証拠。しかし『ミセス・ノイズィ』の苛烈きわまる隣人関係には、「お互い様」なんて到底ありえなかったようだ。ベランダの仕切板を火蓋のごとく弾け飛ばした女たちの戦いは、匿名の視線によって物見高く消費され、傷だらけに炎上してゆく。でもそこで終わりなんかじゃない。篠原ゆき子と大高洋子がお互いに幸福なノイズであるために費やすその後の年月に、監督天野千尋の生活者としての本気を感じるのだ。

    映画監督冨永昌敬
  • 時代と共に変化する「常識」と「非常識」の狭間で、
    わたしたちに求められる正しさとは何か。
    この映画を観終えたら、その答えに近づくことができる。

    作詞作曲家/チャットモンチー済福岡晃子
  • 篠原ゆき子の戦い。大高洋子の慈しみ。
    これは、ふとんたたきから始まる、天野監督のスバラシキ反戦映画だと思う。

    映画監督三島有紀子
  • 私のように、前情報なるべく無しで見て欲しい。
    予想は少しずつ裏切られ、その度に引き込まれ、胸いっぱいのラストに導かれます。
    とにかく観てみて!

    女優水野美紀
  • 後半の展開はまったく予想を超えていた。提起される問題は「SNS炎上」と「メディアリンチ」。
    事実は視点で変わる。10人いれば10の真実がある。つまりこれは現代版『羅生門』だ。

    映画監督森達也
  • ユーモアと感動のカーペットㆍボミング! 海外映画祭のスタッフとして上映館に入り、いつの間にか一人のシネフィルに戻って泣いて笑う私がいる。日本映画の進化を証明し、黄金時代の再来を予見する東京国際映画祭のヘッドライナー。

    全州国際映画祭プログラミングアドバイザー(元ㆍ富川国際ファンタスティック映画祭)洪相鉉

Castキャスト

  • 篠原ゆき子
    篠原 ゆき子吉岡真紀 役

    神奈川県出身。05年、映画『中学生日記』(山下敦弘監督)で女優デビュー。11年、劇団ポツドールの舞台『おしまいのとき』で主役に抜擢され、その演技が高く評価された。13年『共喰い』(青山真治監督)では、第28回高崎映画祭 最優秀新進女優賞を受賞。『深夜食堂 /続・深夜食堂(15・16 /松岡錠司監督)『ピンクとグレー』(16/行定勲監督)『湯を沸かすほどの熱い愛』(16/中野量太監督)『深夜食堂 Tokyo Stories Season2』(19年秋Netflix 全世界配信/山下敦弘監督、松岡錠司監督)、『さよならくちびる』(19/塩田明彦)『楽園』(19/瀬々敬久)。

    Comment

    この映画は「最強災難隣人」と闘う話です。本作のオファーをいただいた直後、美和子役である大高さんと道で偶然お会いするというミラクルが!「キャ〜篠原さ〜ん!」とガシッとハグしてくれた時の大高さんの圧倒的パワー、この映画は絶対に魅力的になると確信しました。そして、私が演じた真紀は、猪突猛進、ガシガシがむしゃらな天野監督の姿そのものだと思いました。と思ったら、観賞後の私の家族曰く、真紀は私そのものだそうです…そうか…笑兎に角、みんなでがむしゃらに作ったので宜しくお願いします。

  • 大高 洋子若田美和子 役

    横浜市出身。寺十吾主宰の劇団tsumazuki no ishi所属。数々の舞台を経て、映画デビューは2013年原田裕司監督『できる子の証明』。その後、吉田浩太監督『スキマスキ』、五藤利弘監督『レミングスの夏』などに出演。TVドラマ出演は『anone』、『女囚セブン』などがある。

    Comment

    初めて『ミセス・ノイズィ』の台本を読んだときに、心が震えたのを今でも思い出します。私より一日クランクアップの早かった篠原さんの最後の撮影シーンで、彼女が夕闇の坂道をかけ降りていく姿をみて、泣けてきたのを思い出します。みんな生きてるなぁ。また明日一歩前に進もう、大事な人と。この作品が、そんなチカラになったらうれしいです。

  • 長尾 卓磨
    長尾 卓磨吉岡裕一 役

    神奈川県出身。『ヴィタール』(塚本晋也監督)で初めて映画の現場に入る。おもな出演作に『海街diary』(是枝裕和監督)、『ソローキンの見た桜』(井上雅貴監督)、『しば田とながお』(ヤン・イクチュン監督)等。最新出演作に『中村屋酒店の兄弟』(白磯大知監督)他。

    Comment

    帰るところ。
    家か、土地か、あるいは人であるか。国か。
    果たして帰るところなぞそもそも必要あるのか。実際あるのか。
    でも、きちんと帰るところがあるから安心して遠くへ行ける。
    ということもあるかもしれない。
    今回の撮影現場の、「渦中の家」に帰るのは毎度けっこうな楽しみでありました。
    こわいものみたさに近い悦びを感じて。
    この映画を観た方の帰り路が、往路とは少しでもちがう景色に見えていたら、
    とてもうれしく思います。

  • 宮崎 太一
    宮崎 太一若田茂夫 役
    Comment

    この作品の台本を 初めて読んだ時の衝撃と感動を今でもはっきりと覚えています。この映画に参加できて 本当に幸せです。いよいよ公開されます。ドキドキです。監督 スタッフ キャスト この映画 公開に協力して下さった人達に感謝します。皆さんの心に届きますように。

  • 米本 来輝
    米本 来輝多田直哉 役

    東京都出身。特技は韓国語とスケートボード。主な映画出演作に、『悪の教典』(12/三池崇史監督)、『鈴木先生』(13/河合勇人監督)、『チェリーボーイズ』(18/西海謙一郎監督)、『人狼ゲーム インフェルノ』(18/綾部真弥監督)など。

  • 新津 ちせ
    新津 ちせ吉岡菜子 役

    東京都出身。劇団ひまわり所属。2014年、東宝ミュージカル「ミス・サイゴン」タム役としてデビュー。主な出演作品は、東宝シアタークリエ「お気に召すまま」、NHKドラマ「ツバキ文具店〜鎌倉代書屋物語〜」、CXドラマ「傘をささない蟻たちは」、CM「アキタ『きよらグルメ仕立て』」、CM「ミライフ」、映画『3月のライオン』(大友啓史監督)など。2019年には初主演映画『駅までの道をおしえて』(橋本直樹監督)も公開。また、米津玄師プロデュースによる音楽ユニット「Foorin」のメンバー“ちせ”としても活躍中。

    Comment

    菜子役を演じました、新津ちせです。『ミセス・ノイズィ』の撮影はとても楽しかったです!菜子は、自分の気持ちに素直に行動しようとする女の子です。でも、普段なら「やっちゃダメだよ」と言われてしまうようなことを菜子がやるシーンがあって、すごくドキドキしたのですが、天野監督が「思いっきりやっていいよ!」と言ってくださったので、めいっぱいやることができました。この映画を、ぜひ、たくさんの方に見てほしいです!

天野 千尋

監督・脚本天野 千尋

1982年生。約5年の会社勤めを経て、映画を撮り始める。ぴあフィルムフェスティバルをはじめ、国内外多数の映画祭に入選・入賞を果たす。主な監督作に『フィガロの告白』(12)、『どうしても触れたくない』(14)、『うるう年の少女』(14)など。

Comment

私たちの身の周りで、「争い」は絶えません。友人や家族との身近なケンカから、国と国の戦争まで、あらゆる争いはどうして起きてしまうのか?と考え始めたことが、この映画の構想の始まりでした。
争いの果てにはおおよそ悲劇が待っている。それなのに、私たちはそれをやめられない。スクリーンの中で起こるアイロニックな狂想曲を、ぜひ自分に重ねながら、体感して頂きたいです。

Theater

劇場情報

上映の詳細は劇場に直接お問い合わせください。

エリア 劇 場 公 開 TEL
北海道 サツゲキ 順次公開予定 011-221-3802
宮 城 TOHOシネマズ 仙台 12月4日 050-6868-5065
栃 木 TOHOシネマズ 宇都宮 12月4日 050-6868-5028
東 京 TOHOシネマズ 日比谷 12月4日 050-6868-5068
東 京 新宿武蔵野館 12月4日 03-3354-5670
東 京 kino cinema 立川高島屋 S.C.館 12月4日 042-512-5162
神奈川 TOHOシネマズ ららぽーと横浜 12月4日 050-6868-5046
神奈川 kino cinema横浜みなとみらい 12月4日 045-264-4572
千 葉 TOHOシネマズ 流山おおたかの森 12月4日 050-6868-50452
長 野 松本シネマライツ8 12月4日 0263-24-0122
静 岡 TOHOシネマズ 浜松 12月4日 050-6868-5011
静 岡 シネプラザサントムーン 12月4日 055-983-1800
愛 知 TOHOシネマズ 赤池 12月4日 050-6868-5067
愛 知 TOHOシネマズ 木曽川 12月4日 050-6868-5027
岐 阜 TOHOシネマズ モレラ岐阜 12月4日 050-6868-5041
福 井 テアトルサンク 12月4日 0776-23-2706
大 阪 大阪ステーションシティシネマ 12月4日 06-6346-3215
大 阪 TOHOシネマズ なんば 12月4日 050-6868-5043
京 都 TOHOシネマズ 二条 12月4日 050-6868-5035
兵 庫 TOHOシネマズ 西宮OS 12月4日 050-6868-5051
岡 山 TOHOシネマズ 岡南 12月4日 050-6868-5042
広 島 TOHOシネマズ 緑井 12月4日 050-6868-5030
福 岡 kino cinema 天神 12月4日 092-406-7805
熊 本 TOHOシネマズ はません 12月4日 050-6868-5039
大 分 TOHOシネマズ 大分わさだ 12月4日 050-6868-5008
宮 崎 宮崎キネマ館 順次公開予定 0985-28-1162
鹿児島 天文館シネマパラダイス 12月4日 099-216-8833
沖 縄 桜坂劇場 12月26日 098-860-9555
ムビチケ