舞いあがれ

【舞いあがれ65話ネタバレ14週あらすじ】退職する章

【舞いあがれネタバレ65話14週あらすじ】ついに金の置物を売る

NHKの朝ドラ「舞いあがれ!」第14週 「父の背中」2023年1月5日に初回放送された65話のネタバレあらすじをお届けしていきます。

朝ドラ舞いあがれ!64話は、柏木(目黒蓮)と遠距離恋愛中の舞(福原遥)。

久しぶりに電話を掛けますが…。

これからの舞いあがれ!の展開はどうなっていくのでしょうか?

今回は「【舞いあがれ65話ネタバレ14週あらすじ】ついに金の置物を売る」と題してお届けします。

>>舞いあがれ最新話ネタバレ<<

 

舞いあがれ65話ネタバレ14週あらすじ考察

今後の舞いあがれ!はどうなっていくのでしょうか。

感想や今後の考えられる展開を紹介していきます。

 

舞いあがれ65話ネタバレ14週あらすじ考察|柏木の登場はあるか?

久しぶりに柏木(目黒蓮)に電話を掛けた舞(福原遥)。

どうやらメールでのやり取りだけになっているようですね。

だんだんと気持ちが離れている様子の二人。

この先舞は、柏木と関係を続けていくことはできるでしょうか?

工場のことが大変すぎて、柏木とはダメになってしまうと考えます。

今後柏木の登場はあるのか?気になります。

 

舞いあがれ65話ネタバレ14週あらすじ考察|浩太が倒れる

退院した浩太ですが、やはり胃が痛むようです。

疲れた様子の浩太。

どうやら14週で再び浩太は倒れるようです。

もしや浩太は帰らぬ人に?

工場はどうなるのか?

舞やめぐみ(永作博美)、社員たちはどうなるのか心配です。

 

舞いあがれ65話ネタバレ14週あらすじ考察|章の決断

大幅なリストラを行う必要があるようで、浩太は誰を辞めさせるつもりでしょうか?

章は他から引き抜きの話が来ています。

しかし章は浩太が信頼を置いている社員。

彼が抜ければ、会社としてはかなり辛いでしょう。

章には三人目の娘が生まれます。

今よりも給料がいいところへ移る章を、浩太も止めはしないと思います。

章がどういった決断をするのか楽しみです!

 

舞いあがれ65話ネタバレ14週あらすじ考察|ツイッターでの反応は?

舞いあがれ64話ツイッターでの反応は以下の通りです。

 

舞いあがれ65話ネタバレ14週あらすじ

朝ドラ舞いあがれ!65話のネタバレあらすじを紹介していきます。

ネタバレですので、まだご覧になっていない方はご注意ください。

 

舞いあがれ65話ネタバレ14週あらすじ|柏木との電話

久しぶりに柏木(目黒蓮)に電話を掛ける舞(福原遥)。

柏木から「何かあったのか?」と聞かれた舞が、工場を手伝っていることを伝えます。

舞の話を聞いた柏木が「パイロットにはなるんだよな?」と尋ねます。

「なるよ…」と笑って答えるものの、複雑そうな表情を浮かべる舞。

研修中の柏木は、日々様々なことを学んでいます。

舞は柏木と短い会話を交わし、すぐに電話を切りました。

 

舞いあがれ65話ネタバレ14週あらすじ|人員削減

経理担当者が浩太(高橋克典)に人員整理をすすめます。

工場がこのままではダメになってしまうと言われますが、「これ以上人員削減はできひん!」と浩太。

そこへめぐみ(永作博美)がやってきました。

怒って部屋を出ていく浩太を見て、めぐみは何があったか経理担当者に尋ねます。

めぐみと経理担当者が話をしているのを、近くで聞いている人物がいました。

以前舞に嫌味を言った女性社員です。

 

舞いあがれ65話ネタバレ14週あらすじ|リストラ

女性社員は、休憩中の舞の隣に座ると大きなため息をつきます。

「またリストラがあるみたいですよ」と女性社員から聞かされた舞は驚きを隠せません。

その夜、舞は浩太にリストラのことを尋ねます。

浩太は「そんなことあらへんで」と言いますが、めぐみは工場が潰れてみんなが路頭に迷うくらいなら、リストラするしかないのではないかと言います。

機械は売っても、一緒に働いてきた社員を辞めさせるわけにはいかないと思っている浩太。

 

舞いあがれ65話ネタバレ14週あらすじ|苦しむ浩太

浩太は「何かまだやれることがあるはずや」と話します。

その後、苦しみだす浩太。

めぐみは病院へ行くよう言いますが、浩太は「今が大事な時や」と病院へ行こうとはしません。

時は流れ5月になりました。

試作品が合格。

新規の仕事が決まるかもしれず、浩太は喜びます。

 

舞いあがれ65話ネタバレ14週あらすじ|退職

そんな時、章が退職届を浩太に提出。

別の会社から引き抜きがあったことを章は正直に話します。

18歳からずっと浩太と一緒に働いてきた章。

世話になった浩太の元を去るのは心苦しいと話します。

「でも3人の子どもを育てるのは大変で…。恩を仇で返すような形になってしまい、すいません」と章が謝罪。

浩太は、他に引き抜かれるほどの腕になった章を誇らしく思っていると伝えます。

 

舞いあがれ65話ネタバレ14週あらすじ|落ち込む浩太

その夜、浩太は笠巻(古館寛治)とお好み焼き屋「うめづ」へ飲みに行きました。

落ち込む浩太を笠巻と勝(山口智充)が励まします。

章が辞める日になりました。

「大事な時に抜けてしまってすいません」と謝る章。

浩太は、一緒に働けないことが寂しいと伝えます。

章は何度も何度も頭を下げて、工場をあとにするのでした。

 

舞いあがれ65話ネタバレ14週あらすじまとめ

NHKの朝ドラ「舞いあがれ!」第14週 「父の背中」65話のネタバレあらすじをお届けしてきました。

舞いあがれ!65話では、他社から引き抜きがあった章が工場を去っていきます。

深く落ち込む浩太。

経理担当者からは人員削減をすすめられていますが、浩太はリストラだけは避けたいと考えています。

今後の舞いあがれ!の展開も気になりますね。

以上、「【舞いあがれ65話ネタバレ14週あらすじ】退職する章」と題してお伝えしました。