舞いあがれ

【舞いあがれ32話ネタバレ7週あらすじ】貴司は今どこに?

【舞いあがれネタバレ32話7週あらすじ】貴司は今どこに?

NHKの朝ドラ「舞いあがれ!」第7週 「パイロットになりたい!」2022年11月15日に初回放送された32話のネタバレあらすじをお届けしていきます。

朝ドラ舞いあがれ!31話は、舞(福原遥)はパイロットになりたい夢を伝えました。

しかし両親は大反対。

特にめぐみ(永作博美)は大学を中退することを強く反対し…。

これからの舞いあがれ!の展開はどうなっていくのでしょうか?

今回は「【舞いあがれ32話ネタバレ7週あらすじ】貴司は今どこに?」と題してお届けします。

>>舞いあがれ最新話ネタバレ<<

 

舞いあがれ32話ネタバレ7週あらすじ考察

今後の舞いあがれ!はどうなっていくのでしょうか。

感想や今後の考えられる展開を紹介していきます。

 

舞いあがれ32話ネタバレ7週あらすじ考察|貴司は無事か?

貴司(赤楚衛二)は3日間も家に帰ってないそうです。

これはかなりまずい状況ですね…。

貴司の父親・勝(山口智充)は息子を信じて待っているようですが、母親の雪乃(くわばたりえ)は心配でたまらない様子。

しかも舞の家に「貴司が…」と飛び込んできました。

何かあったのでしょうか?

警察から連絡があった?

貴司の無事を祈ります!

 

舞いあがれ32話ネタバレ7週あらすじ考察|自殺を考える貴司

心のよりどころだった古本屋もなくなりそうで、貴司(赤楚衛二)はもう生きていく気力を失っているのではないでしょうか?

このままだと貴司が自殺してしまうのではないかと心配です。

八木(又吉直樹)はボロボロの貴司に「短歌を作ってみろ」とアドバイス。

辛すぎて言葉にもできない貴司に短歌は作れるのでしょうか?

貴司の異変に舞や久留美(山下美月)が早く気付いて、彼の自殺願望を止めてほしいです!

 

舞いあがれ32話ネタバレ7週あらすじ考察|ブラック企業に勤める貴司

会社の先輩から休みの日も夜中も電話が掛かってくる貴司(赤楚衛二)。

もろにブラック企業ですね。

貴司はかなりやつれた感じで心配です。

両親はどう思っているでしょう?

仕事を初めてまだ一年も経っていませんが、どう考えても身も心もボロボロです。

辛い時こそ詞が書けると言っていた貴司ですが、無理してほしくないです。

 

舞いあがれ32話ネタバレ7週あらすじ考察|五島を訪れる舞

舞は夏休みの間に、祖母の祥子(高畑淳子)のことろに遊びに行くのでは?と考えます。

五島は久しぶりでしょうか?

それとも、毎年夏やお正月には祥子に会いに行っていたかもしれませんね。

木戸(哀川翔)やさくら(長濱ねる)も舞に会いたがっています。

大学生になってからはまだ一度も五島を訪れていないでしょう。

ぜひ一度顔を見せに五島へ行ってほしいと思いました。

 

舞いあがれ32話ネタバレ7週あらすじ考察|貴司の将来

すっかり古本屋の奥の茶の間を占領している舞と貴司。

若い工員の章を招くなど、まるで自分の家のようです。

それでも何も言わない古本屋の店主・八木は心が広い人だと思います。

今後貴司は、八木と共に詩の世界にどっぷりはまっていくのでしょう。

貴司は実家のお好み焼きを継がないのでしょうか?

彼の将来が楽しみです!

 

舞いあがれ32話ネタバレ7週あらすじ考察|祥子との思い出

祥子は、大阪へ帰る舞に「どんな向かい風に負けずに強く生きろ」と言っていました。

これが最後の言葉になるような気がしてなりません。

娘と喧嘩して、夫には先立たれずっと一人で暮らしていた祥子。

念願だった孫に会え、娘との関係もやり直すことができた祥子に心残りはないでしょう。

可愛い孫と短い間だけでも一緒に過ごすことができた祥子。

舞は優しい祖母との思い出を一生忘れないだろうと思いました。

 

舞いあがれ32話ネタバレ7週あらすじ考察|ツイッターでの反応は?

ちむどんどん31話ツイッターでの反応は以下の通りです。

 

舞いあがれ32話ネタバレ7週あらすじ

朝ドラ舞いあがれ!32話の内容がわかり次第、追記していきますので、ブックマーク等してご確認ください。

 

舞いあがれ32話ネタバレ7週あらすじまとめ

NHKの朝ドラ「舞いあがれ!」第7週 「パイロットになりたい!」32話のネタバレあらすじをお届けしてきました。

舞いあがれ!31話では、会社から貴司が帰ってきません。

これまでにも何度か帰ってこなかったことはあった貴司。

しかし何の連絡もなく家をあけることがなかった貴司を雪乃は心配します。

今後の舞いあがれ!の展開も気になりますね。

以上、「【舞いあがれ32話ネタバレ7週あらすじ】貴司は今どこに?」と題してお届けしました。