ちむどんどん

【ちむどんどん86話ネタバレ】暢子と重子が同居?

【ちむどんどんネタバレプラス18週あらすじ86話】動き出した良子と賢秀

NHKの朝ドラ「ちむどんどん」第18週 「しあわせのアンダンス―」2022年8月8日に初回放送された86話のネタバレあらすじをお届けしていきます。

朝ドラちむどんどん85話では、三郎(片岡鶴太郎)のおかげでフォンターナは危機を脱することができました。

ホッとする暢子(黒島結菜)ですが、まだ自身の問題は解決していません。

これからのちむどんどんの展開はどうなっていくのでしょうか?

今回は「【ちむどんどん86話ネタバレ】動き出した良子と賢秀」と題してお届けします。

>>ちむどんどん最新話ネタバレ<<

 

ちむどんどん86話ネタバレ考察

今後のちむどんどんはどうなっていくのでしょうか。

感想や今後の考えられる展開を紹介していきます。

 

ちむどんどん86話ネタバレ考察|再会はお預け

房子(原田美枝子)と三郎(片岡鶴太郎)の再会が叶うかと期待していたのですが、まだそれはお預けのようです。

今後、暢子(黒島結菜)の結婚披露宴で再会を果たすのかと期待しています。

披露宴へは、三郎は妻の多江(長野里美)と共に出席。

三郎と房子の二人きりで会うよりも、多江がいたほうがいいかもしれませんね。

互いに過去のことを後悔している三郎と房子。

誤解がとけ、以前のようにわかり合えればいいなと思います。

 

ちむどんどん86話ネタバレ考察|権田が余興!?

暢子がピンチの時に和彦(宮沢氷魚)が駆けつけるかと思っていたのですが、まさかの登場ナシでした…。

しかし三郎がビシッと決めてくれて、ホッとしています。

三郎と権田(利重剛)は知り合いだそうで、今度も権田が関わって来る可能性もあるのかと期待しています。

心を入れ替えた権田が、暢子の披露宴で余興をするなんてことも、あるのではないでしょうか?

みんな仲良くハッピーエンド。

そんな平和なストーリーもいいなと思いました。

 

ちむどんどん86話ネタバレ考察|去っていく二ツ橋?

権田との話し合いの席で、土下座をすると思われた二ツ橋(高嶋政伸)。

しかし彼がとった行動は、土下座ではなく権利書を抱え込んだまま動かない作戦でした。

まさかの行動にただただ驚きしかなかったのですが、今回二ツ橋は三郎の房子への底知れない愛を感じました。

このことがきっかけで、二ツ橋は房子への想いを断ち切り、店を去る決心がついたのでは?と考えます。

実家のレストランを継ぐ必要もある二ツ橋。

そろそろシェフを暢子に任せて、彼はフォンターナを去っていくのではないかと思いました。

 

ちむどんどん86話ネタバレ考察|矢作はどこへ?

行方不明の矢作(井之脇海)が登場するかと思われたのですが、まさかの出演なし…。

もう彼が登場することはないのでしょうか?

借金を作り逃げ回っている矢作。

彼はたしか、所帯持ちでしたよね?

それを房子はよく知っているはずです。

懐のデカい房子なら、矢作を見つけ出し再びフォンターナで雇うのではないでしょうか?

そうあってほしいと、強く期待しています!

 

ちむどんどん86話ネタバレ考察|ツイッターでの反応は?

ちむどんどん85話のツイッターでの反応は以下の通りです。

 

ちむどんどん86話ネタバレ

朝ドラちむどんどん86話のネタバレあらすじを紹介していきます。

ネタバレですので、まだご覧になっていない方はご注意ください。

 

ちむどんどん86話ネタバレ|家族の時間

営業が終了したフォンターナで、初めて房子(原田美枝子)に会う良子(川口春奈)。

その席には和彦(宮沢氷魚)と暢子(黒島結菜)もいます。

みんなで重子(鈴木保奈美)をどうすれば説得できるか考えることに。

和彦には、家族で過ごしたいい思い出が余りありません。

しかしぼんやりとしか覚えていませんが、家族で幸せに過ごした時間を思い出す和彦。

 

ちむどんどん86話ネタバレ|互いの気持ち

その頃重子は、和彦の言葉を思い出していました。

「母さんの子どもとして生まれたことを後悔してるよ」と言った和彦。

苦労して和彦を育てた重子は、深い悲しみにくれています。

一方和彦も、中原中也の詩集を読みながら重子のことを思っていました。

どうすれば母親と分かり合えるのか。

詩集を読みながら考える和彦。

 

ちむどんどん86話ネタバレ|不安になる暢子

翌日沖縄に戻る良子に、暢子は心配をかけたことを謝りました。

良子は「私の勝手で来ただけだから。でももっと力になりたい」と伝えます。

暢子は、これまで人に頼ることを恥ずかしいと思って生きてきました。

しかしいつも自分の味方をしてくれる家族がいたからこそ、今の自分がいるとわかった良子。

その話を聞いて暢子は涙ぐみます。

これまでの暢子の人生は、失敗の連続です。

だからこそ、結婚もダメになるかもしれないと不安に思う暢子。

重子が言う通り、自分と和彦とでは釣り合わないのではと思っています。

 

ちむどんどん86話ネタバレ|感謝し合う姉妹

悩む暢子の肩を良子が抱き、「暢子には価値がある。このままの暢子でいい。自慢の妹だよ」励ましてくれました。

うまくは伝えられませんが、良子にとって暢子は自慢のできる妹なのです。

暢子は「ありがとう」と礼を言います。

「うちもネエネが好きさ」と暢子。

「うちのために東京へ来てくれてありがとう」と、改めて感謝を伝える暢子なのでした。

 

ちむどんどん86話ネタバレ|重子と同居!?

翌日、喫茶にいる重子に和彦が会いに来ます。

「明日フォンターナに来てほしい」と和彦。

突然、みんなで同居することを提案します。

これは暢子のアイデアです。

重子は、予想していなかった和彦の提案に戸惑います。

和彦は、父親が亡くなり重子と以前よりも距離を置くようになりました。

ひどいこともたくさん言った和彦ですが、重子がずっと自分を支えてくれたおかげで、今の自分がいることを知ります。

「家族を持って幸せになりたい」と和彦。

重子への感謝を伝える和彦は「これからは決して母さんを一人にはしない。ありがとう。明日フォンターナで待ってる」と伝え、店をあとにしました。

 

ちむどんどん86話ネタバレ|房子の提案

その頃暢子は、重子に何を店で食べてもらおうか悩んでいました。

すると房子が、ある驚くべき提案をします。

「美味しくないものを出しましょ」と房子。

これには暢子もびっくりです。

一方良子は、重子に会うために青柳家を訪れているのでした。

 

ちむどんどん86話ネタバレまとめ

NHKの朝ドラ「ちむどんどん」第18週 「しあわせのアンダンス―」86話のネタバレあらすじをお届けしてきました。

ちむどんどん86話では、再びフォンターナに重子を招待することを決めた暢子。

何を作ろうか迷います。

その頃良子は、青柳家を訪れているのでした。

今後のちむどんどんの展開も気になりますね。

以上、「【ちむどんどん86話ネタバレ】暢子と重子が同居!?」と題してお届けしました。