ちむどんどん

【ちむどんどん85話ネタバレ】厨房から三郎を見つめる房子

【ちむどんどんネタバレプラス17週あらすじ85話】和彦は暢子を守れるか?

NHKの朝ドラ「ちむどんどん」第17週 「あのとき食べたラフテーの」2022年8月5日に初回放送された85話のネタバレあらすじをお届けしていきます。

朝ドラちむどんどん84話では、暢子(黒島結菜)は房子(原田美枝子)から、和彦(宮沢氷魚)は三郎(片岡鶴太郎)から昔の話を聞くことができました。

その翌日、房子は権田(利重剛)と直接交渉します。

そこへ二ツ橋(高嶋政伸)がやって来て…。

これからのちむどんどんの展開はどうなっていくのでしょうか?

今回は「【ちむどんどん85話ネタバレ】和彦は暢子を守れるか?」と題してお届けします。

>>ちむどんどん最新話ネタバレ<<

 

ちむどんどん85話ネタバレ考察

今後のちむどんどんはどうなっていくのでしょうか。

感想や今後の考えられる展開を紹介していきます。

 

ちむどんどん85話ネタバレ考察|影の立役者・多江

房子(原田美枝子)と三郎(片岡鶴太郎)はお互いに相手を傷つけてしまったと、いまだに過去のことを後悔しています。

だからこそ、別れて数十年経った今でも会えないのでしょう。

しかし権田(利重剛)の件で二人が再会するのは間違いないのかな?と思います。

その陰には、きっと多江(長野里美)さんがいるんですよね。

良子から事情を聞いた多江さんが三郎に話し、三郎が房子の知らないところで動く。

こんな風に物事がすすんでいくのだろうと考えました。

 

ちむどんどん85話ネタバレ考察|暢子を守る!

三郎から過去の話を聞いた和彦(宮沢氷魚)ですが、何か教訓を得られたのでしょうか?

三郎から無理やり過去の話を聞きだしたのは、房子が抱えるトラブルを相談するためだと勝手に想像していたのですが、そうじゃなかったようです。

愛する人を守るためだと和彦が説明していたので、暢子(黒島結菜)を守るために昔話を聞かせてもらったのか?

そうであれば、フォンターナに和彦がやってきてチンピラから暢子を守るのかな?と想像しています!

喧嘩にめっぽう弱そうな和彦ですが、愛する人のために頑張ってほしいです!

 

ちむどんどん85話ネタバレ考察|良子の役割

暢子から、房子がトラブルに巻き込まれていると聞いた良子(川口春奈)。

興奮した様子で東京に乗り込んできた良子ですが、彼女が権田の件を解決できるとは思えません。

正義感が人一倍強い良子が、これから東京で何をするのか?

それは和彦と暢子の結婚にかかわって来るのかと考えています。

なかなかすすまない結婚話。

良子が何かやってくれると信じています。

 

ちむどんどん85話ネタバレ考察|土下座攻めの二ツ橋!?

権田との話し合いの席に二ツ橋(高嶋政伸)がやって来ました。

彼のことです、きっと土下座するのだろうと考えられます。

まずはケガをさせてしまったことを謝り、気がすむまで殴られる。

そしてまたまたケガで入院。

暢子がシェフ代行として奮闘する。

こんなオチになるのかな?と想像を膨らませてみました。

 

ちむどんどん85話ネタバレ考察|矢作の再登場はあるのか?

行方不明の矢作が今後見つかる可能性はあるのでしょうか?

もともとのトラブルの原因を作ったのは矢作で、彼が見つかればすべては解決できるような気がします。

もしかすると、房子は矢作を秘かに探しているのかもしれません。

そして居場所が見つかったからこそ、権田を呼び出したのかと考えました。

次回は矢作が再登場するのかもしれません。

期待しています!

 

ちむどんどん85話ネタバレ考察|ツイッターでの反応は?

ちむどんどん85話のツイッターでの反応は以下の通りです。

 

ちむどんどん85話ネタバレ

朝ドラちむどんどん85話のネタバレあらすじを紹介していきます。

ネタバレですので、まだご覧になっていない方はご注意ください。

 

ちむどんどん85話ネタバレ|二ツ橋のまさかの行動

フォンターナに権田(利重剛)の若い衆がやって来ます。

そこへ二ツ橋(高嶋政伸)もやって来ました。

机の上に置かれた権利書を急いで奪い取る二ツ橋。

そのまま地面に這いつくばります。

若い衆が権利書を取り返そうとしたその時、話を聞きつけた三郎(片岡鶴太郎)が登場。

銀行から帰ってきた房子(原田美枝子)は、三郎を見てビックリ。

とっさに厨房に隠れてしまいます。

 

ちむどんどん85話ネタバレ|三郎ピンチ!

「権利書を置いて、さっさと出ていけ!」と三郎。

怒った若い衆が三郎に殴りかかります。

三郎はそれをよけていたのですが、とうとう倒されてしまいました。

そこへ権田が現れます。

権田は三郎を見てビックリ。

「この店から手をひく」と言って、権田が倒れた三郎を起こします。

「お怪我はありませんか?」と心配する権田。

実は権田と三郎は知り合いでした。

戦時中、シベリアにいた権田と三郎。

三郎は体をはって、多くの仲間や権田を守ってくれました。

 

ちむどんどん85話ネタバレ|問題解決

権田は、フォンターナは三郎の店かと尋ねます。

三郎は「縁もゆかりもない人の店だよ。でもうちの娘が働いててな…」と嘘をつきます。

三郎の話を聞いた権田は、若い衆を連れて店を後にしました。

問題が解決して暢子(黒島結菜)はホッとします。

ふと目線を下に落とすと、二ツ橋がまだ権利書を抱えてしゃがみ込んでいます。

二ツ橋に「終わりましたよ」と声を掛ける暢子。

 

ちむどんどん85話ネタバレ|披露宴はフォンターナで

三郎はすぐにフォンターナを出ていこうとします。

それを急いで引き止める暢子。

「三郎さんとオーナーは、お互いに勘違いしているだけ。二人はどうしても会うべきです」と伝えます。

暢子はどうすれば二人が再会を果たせるか考えました。

そしてようやくいい方法が思いつきます。

結婚披露宴をフォンターナですることにした暢子。

必ず披露宴に出席してほしいと三郎に頼みます。

そうすれば、三郎と房子が直接顔を合わすことができます。

三郎から、まずは重子(鈴木保奈美)を説得するのが先だと言われる暢子。

ちゃんと祝ってもらう準備ができれば、披露宴に出席すると三郎は約束。

暢子は厨房に隠れている房子に、フォンターナで披露宴をする許可をもらいました。

そして披露宴に出席してくれるよう説得。

この日、房子と三郎はお互いに顔を合わせることはありませんでした。

 

ちむどんどん85話ネタバレ|重子を説得

翌日、暢子はラフテーを作ります。

一方和彦(宮沢氷魚)は、喫茶にいる重子に会いに来ていました。

和彦は沖縄に行く前に食欲がなかった自分が、沖縄に行き暢子の家族と出会い、食べることの楽しさを思い出したと伝えます。

笑顔で食事をすることの大切さを暢子の家族から教えてもらった和彦。

「披露宴はフォンターナですることになった」と伝えます。

重子は「出席しません」と断ります。

「僕は母さんと一緒に食べたい」と、和彦は引き下がりません。

家に戻った重子は、また暢子から弁当が届いてくることを知ります。

中身はラフテーだとお手伝いの波子(円城寺あや)が伝えます。

弁当の蓋を開け、ラフテーを食べる重子。

暢子の真っ直ぐさに折れそうになる重子ですが、かわいい息子のために絶対に負けないと改めて誓いを立てるのでした。

 

ちむどんどん85話ネタバレ|暢子のために!

久しぶりに客が戻ったフォンターナ。

活気が戻ったフォンターナを見て、田良島(山中崇)も房子もホッとします。

暢子は披露宴をするために重子に弁当を作り続けますが、特にこれといった得策はありません。

その頃暢子の姉である良子(川口春奈)は、妹のために一肌脱ぐことを決意。

それは賢秀(竜星涼)も同じなのでした。

 

ちむどんどん85話ネタバレまとめ

NHKの朝ドラ「ちむどんどん」第17週 「あのとき食べたラフテーの」85話のネタバレあらすじをお届けしてきました。

ちむどんどん85話では、フォンターナを救うために一肌脱いだ三郎。

暢子は三郎と房子が再会できるよう、披露宴をフォンターナですることに決めました。

しかし披露宴をする前に、重子を説得する必要があります。

今後のちむどんどんの展開も気になりますね。

以上、「【ちむどんどん85話ネタバレ】厨房から三郎を見つめる房子」と題してお届けしました。