ちむどんどん

【ちむどんどん124話ネタバレ25週あらすじ】倒れた歌子

【ちむどんどん124話ネタバレ25週あらすじ】歌子の体調不良

NHKの朝ドラ「ちむどんどん」第25週 「やんばる!ちむどんどん!」2022年9月29日に初回放送された124話のネタバレあらすじをお届けしていきます。

朝ドラちむどんどん123話では、暢子(黒島結菜)の食堂がついに完成します。

あとは開店の日を待つのみです。

開店前日、製麺所から電話があり「麺を納品できない」と言われました。

困った暢子は自ら麵をうつことに。

良子(川口春奈)や歌子(上白石萌歌)など、みんなが手伝い何とか麺は完成したのですが…。

これからのちむどんどんの展開はどうなっていくのでしょうか?

今回は「【ちむどんどん124話ネタバレ25週あらすじ】歌子の体調不良」と題してお届けします。

>>朝ドラネタバレ最新話<<

 

ちむどんどん124話ネタバレ25週あらすじ考察

今後のちむどんどんはどうなっていくのでしょうか。

感想や今後の考えられる展開を紹介していきます。

 

ちむどんどん124話ネタバレ25週あらすじ考察|歌子が倒れる?

歌子(上白石萌歌)の体調が悪そうでしたが大丈夫でしょうか?

心配ですね。

徹夜明けで店の手伝いをして、仕事しながら倒れるのではないかと不安です。

歌子はたびたび熱を出すので余計に心配です。

最終回まであと二話。

悲しい話がなければいいなと思いました。

 

ちむどんどん124話ネタバレ25週あらすじ考察|早苗登場

早苗が久しぶりに沖縄に帰ってくるようです。

彼女が最後にドラマに登場したのは、たしか暢子(黒島結菜)の結婚式の時でした。

子どもが3人もいる早苗。

賑やかになりそうですね。

善一(山路和弘)さんも孫や娘に会えて大喜びでしょう。

 

ちむどんどん124話ネタバレ25週あらすじ考察|ピースな金吾

製糖工場の御曹司・金吾は、今はハワイにいるようです。

パイナップルを作って大金を稼いでいるとか…。

良子(川口春奈)は金吾と結婚しておけば、比嘉家はお金に困らずにはすんだでしょう。

でもそうなると、賢秀(竜星涼)が金吾に頼りっきりになっていたかもしれませんね…。

金吾の久しぶりの登場にちむどんどんします!

 

ちむどんどん124話ネタバレ25週あらすじ考察|店は大盛り上がり

開店日にはたくさんの人が来てくれるようです。

もしかすると東京から矢作(井之脇海)や二ツ橋(高嶋政伸)、房子(原田美枝子)に三郎(片岡鶴太郎)など懐かしい面々が揃うかもしれませんね。

そうなるとあの広さではぎゅうぎゅうでしょう…。

それでも店は大盛り上がり。

開店してしばらくたっても客が途絶えない店になればいいなと思いました。

 

ちむどんどん124話ネタバレ25週あらすじ考察|客は来るのか?

比嘉家で食堂を開きたい暢子ですが、お客さんは来るのでしょうか?

最初のうちは知り合いが来てくれるでしょう。

しかしだんだんと「ちむどんどん」を開業した時のように客足が遠のく気がしました。

やんばるではなく名護や那覇でお店を開けば、観光客が来るかもしれません。

やんばるでは難しい気がしました。

 

ちむどんどん124話ネタバレ25週あらすじ考察|賢吉はどうしているのか?

宴会の場におじの賢吉がいませんでした。

呼ばれていないのか?

それともお亡くなりになっているのか?

賢吉にはこれまでさんざん世話になって来た比嘉家。

借金の保証人となり、賢秀が金を借りて返せなくなるなど、とても迷惑をかけました。

暢子たちは賢吉を鬼のような人だと思っているようですが、彼にも生活があります。

そして世話になった人です。

その人を宴会に呼ばないで盛り上がるのは、少し変な気がしました。

 

ちむどんどん124話ネタバレ25週あらすじ考察|ツイッターでの反応は?

ちむどんどん123話のツイッターでの反応は以下の通りです。

 

ちむどんどん124話ネタバレ25週あらすじ

朝ドラちむどんどん124話のネタバレあらすじを紹介していきます。

ネタバレですので、まだご覧になっていない方はご注意ください。

 

ちむどんどん124話ネタバレ25週あらすじ|開店の日

「やんばるちむどんどん」がついに開店します。

たくさんの地元住民が来てくれました。

みんなの笑顔を見て、暢子(黒島結菜)はうれしそうです。

そこへ、早苗が三人の子どもを連れて来てくれます。

早苗はサプライズゲストを連れてきていました。

正男です。

高校生の頃に暢子に片思いしていた正男。

ブラジルにいる彼は、たままた沖縄に帰っていました。

 

ちむどんどん124話ネタバレ25週あらすじ|金吾登場

しばらくして金吾が来てくれます。

「ハワイからラブとピースを届けに来た」と、相変わらず明るい金吾。

開店祝いの花を送ってくれた金吾に、良子(川口春奈)が礼を言います。

すると「僕は永遠に君を愛している」と言われ、驚く良子と博夫(山田裕貴)。

「もちろん、ハワイにいる妻の次にね」と金吾が妻の写真を見せます。

良子も博夫も苦笑いするのでした。

 

ちむどんどん124話ネタバレ25週あらすじ|賢秀

そこへ電話が鳴ります。

賢秀(竜星涼)からでした。

開店を来週だと勘違いしていた賢秀。

暢子は「忙しいからもう切るね」と電話を切ります。

今から行っても間に合わないとショックを受ける賢秀なのでした。

 

ちむどんどん124話ネタバレ25週あらすじ|下地からの手紙

夕方、歌子(上白石萌歌)の恩人・上原も開店に駆けつけてくれました。

上原は歌子の三味線の師匠です。

上原から手紙を受け取る歌子。

下地響子(片桐はいり)からの手紙でした。

下地は今、与那国で子ども達に音楽を教えています。

名護で歌っている歌子の噂を聞いた下地。

「これからの歌子に辛い運命が待ち受けようとも、歌が糧になります。だからいつどんな時でも、歌い続けるように」と書いてありました。

手紙を読んだ歌子が、上原の演奏に合わせて歌います。

 

ちむどんどん124話ネタバレ25週あらすじ|開店初日の夜

開店初日がこうして終わりました。

暢子は手伝ってくれたみんなに感謝します。

優子(仲間由紀恵)は「でーじ楽しかった」とうれしそうです。

しかし歌子が倒れてしまいます。

救急車を呼び、病院へ運ばれる歌子。

 

ちむどんどん124話ネタバレ25週あらすじ|歌子の病状

いつもの熱だと思われたのですが、医者は渋い顔をします。

「できることはやりました。あとは本人の気力を信じて見守るしかありません」と言われます。

歌子に無理をさせてしまったことを後悔する暢子。

それから3日経っても歌子の熱は下がらず、意識がもうろうとしたままです。

良子は「なんでいつもこうなってしまうの…」と声を震わせます。

父親が亡くなり、借金まみれだった比嘉家。

「暢子がやんばるに帰ってきて、念願の店をオープンしてみんなで幸せになれると思ったら…」と良子が泣き出します。

そんな良子を優子が「歌子は絶対に大丈夫」と慰めます。

 

ちむどんどん124話ネタバレ25週あらすじ|信じる暢子

暢子は店をしばらく休業することに。

朝早くから暢子が台所に立ちます。

歌子が熱を出した時、優子が作っていた料理を作る暢子。

和彦(宮沢氷魚)は思い詰める暢子が心配です。

料理の手を止めない暢子は、「目を覚ましたら、すぐに食べさせてあげないと…」と黙々と作り続けます。

暢子は歌子が目を覚ますことを信じています。

父・賢三(大森南朋)がきっと守ってくれるはずです。

そう信じて暢子は作り続けるのでした。

 

ちむどんどん124話ネタバレ25週あらすじまとめ

NHKの朝ドラ「ちむどんどん」第25週 「やんばる!ちむどんどん!」124話のネタバレあらすじをお届けしてきました。

ちむどんどん124話では、「やんばるちむどんどん」がついに開店。

たくさんのお客さんが来てくれました。

しかしその日の夜に歌子が倒れてしまいます。

ショックを受ける暢子。

今後のちむどんどんの展開も気になりますね。

以上、「【ちむどんどん124話ネタバレ25週あらすじ】倒れた歌子」と題してお伝えしました。