ちむどんどん

【ちむどんどんネタバレあらすじ60話】和彦への想いに気付く暢子

【ちむどんどんネタバレあらすじ60話】和彦への想いに気付く暢子

NHKの朝ドラ「ちむどんどん」第12週 「古酒(くーす)交差点」2022年7月1日に初回放送された60話のネタバレあらすじをお届けしていきます。

朝ドラちむどんどん59話では、智(前田公輝)の看病から暢子(黒島結菜)が戻ってくると、和彦(宮沢氷魚)と愛(飯豊まりえ)が見えました。

二人がキスしそうな瞬間を目撃してしまった暢子。

和彦と目が合い…。

これからのちむどんどんの展開はどうなっていくのでしょうか?

今回は「【ちむどんどんネタバレあらすじ60話】和彦への想いに気付く暢子」と題してお届けします。

 

ちむどんどんネタバレ一覧

ちむどんどん第1週「悩めるサーターアンダギー
ちむどんどん
第1話
ちむどんどん
第2話
ちむどんどん
第3話
ちむどんどん
第4話
ちむどんどん
第5話
ちむどんどん第2週「別れの沖縄そば
ちむどんどん
第6話
ちむどんどん
第7話
ちむどんどん
第8話
ちむどんどん
第9話
ちむどんどん
第10話
ちむどんどん第3週「悩めるサーターアンダギー
ちむどんどん
第11話
ちむどんどん
第12話
ちむどんどん
第13話
ちむどんどん
第14話
ちむどんどん
第15話
ちむどんどん第4週「青春ナポリタン」
ちむどんどん
第16話
ちむどんどん
第17話
ちむどんどん
第18話
ちむどんどん
第19話
ちむどんどん
第20話
ちむどんどん第5週「フーチャンプルーの涙」
ちむどんどん第21話ちむどんどん
第22話
ちむどんどん
第23話
ちむどんどん
第24話
ちむどんどん
第25話
ちむどんどん第6週「はじまりのゴーヤーチャンプルー」
ちむどんどん
第26話
ちむどんどん
第27話
ちむどんどん
第28話
ちむどんどん
第29話
ちむどんどん
第30話
ちむどんどん第7週「ソーミンチャンプルーVSペペロンチーノ」
ちむどんどん
第31話
ちむどんどん
第32話
ちむどんどん
第33話
ちむどんどん
第34話
ちむどんどん
第35話
ちむどんどん第8週「再会のマルゲリータ」
ちむどんどん
第36話
ちむどんどん
第37話
ちむどんどん
第38話
ちむどんどん
第39話
ちむどんどん
第40話
ちむどんどん第9週「てびち!てびち!てびち!」
ちむどんどん
第41話
ちむどんどん
第42話
ちむどんどん
第43話
ちむどんどん
第44話
ちむどんどん
第45話
ちむどんどん第10週「あの日、イカスミジュース」
ちむどんどん
第46話
ちむどんどん
第47話
ちむどんどん
第48話
ちむどんどん
第49話
ちむどんどん
第50話
ちむどんどん第11週「ポークとたまごと男と女」
ちむどんどん
第51話
ちむどんどん
第52話
ちむどんどん
第53話
ちむどんどん
第54話
ちむどんどん
第55話
ちむどんどん第12週 「古酒(くーす)交差点」
ちむどんどん
第56話
ちむどんどん
第57話
ちむどんどん
第58話
ちむどんどん
第59話
ちむどんどん
60話

 

ちむどんどんネタバレあらすじ60話

朝ドラちむどんどん60話のネタバレあらすじを紹介していきます。

ネタバレですので、まだご覧になっていない方はご注意ください。

 

ちむどんどんネタバレあらすじ60話|寝てしまった賢秀

和彦(宮沢氷魚)が愛(飯豊まりえ)にキスしようとするのを偶然見てしまった暢子(黒島結菜)。

「あまゆ」に戻った暢子は、昼間に房子(原田美枝子)から電話があったことを教えられ、急いでレストラン「アッラ・フォンターナ」に向かいます。

社長室訪ねると、賢秀(竜星涼)が酔っ払って寝ていました。

昼間、大量のワインを飲んだ賢秀。

しかも社長室にあった房子の酒まで飲んでしまい、房子はカンカンです。

「やってられない!」と怒った房子は、「一緒にお酒でも飲みましょう」と暢子を誘います。

 

ちむどんどんネタバレあらすじ60話|良子が結婚した訳

その頃やんばるでは、歌子(上白石萌歌)が三線を弾きながら縁側で歌っています。

突然、母・優子(仲間由紀恵)に父・賢三(大森南朋)とはどうやって出会ったのかを尋ねる歌子。

そばにいた良子も興味津々です。

二人の結婚前のことをまったく知らない良子と歌子。

すると優子が、「良子は博夫(山田裕貴)さんとどうして結婚しようと思ったの?」と尋ねます。

沖縄の子どものために、お互いに立派な先生になりたいと思って結婚した良子。

それを聞いた歌子は「素敵だね」と言います。

 

ちむどんどんネタバレあらすじ60話|三郎に悩みを打ち明ける和彦

「あまゆ」に戻った和彦は、三郎(片岡鶴太郎)に結婚の悩みを打ち明けていました。

愛には問題はありません。

しかしこのまま結婚してはいけない気がしている和彦。

三郎は「人間生きていれば分かれ道に何度も立つ。その度にどちらかに進むしかない」と諭します。

 

ちむどんどんネタバレあらすじ60話|房子と酒を飲む暢子

「いただきものの沖縄の古酒よ」と言って、大事そうに戸棚から酒壺を出す房子。

泡盛が得意ではない暢子が、おそるおそる飲んでみました。

すると思っていたよりも美味しく、バニラのような香りに暢子はビックリします。

暢子は、和彦との関係について相談。

どうして今のままでいられないのかと、暢子は悩みを打ち明けます。

自分には料理しかないと思い込んでいる暢子。

周りの人たちがどうやって恋愛をしているのか、暢子には不思議でしょうがありません。

暢子の話を聞いていた房子は、「つまり初めて恋をしたってこと?」と尋ねます。

暢子は気付いていませんが、胸がドキドキしてボーっと誰かのことを考えてしまうのは恋です。

答えを求める暢子ですが、「答えは自分にしか出せないわ」と房子に言われてしまいます。

房子と明け方まで飲んでいた暢子ですが、まだ和彦への想いに気付けていません。

「自分のことは自分でしか決められない」と房子に言われ、「恋人がいる和彦に、好きなんて伝えられない!」と暢子。

そこでようやく自分の気持ちに気付けた暢子なのでした。

 

ちむどんどんネタバレあらすじ60話の感想考察

暢子がようやく和彦への恋心に気付けました。

それにしても、まさか房子と二人で酒を酌み交わすなんて想像もしていなかったので、どうなることかとハラハラしました。

意外と酒に強い暢子は、房子と明け方まで飲んでいましたね。

うだうだと話す暢子にずっと付き合ってくれた房子。

やっぱり彼女は優しい人です。

和彦への想いに気付いた暢子ですが、この気持ちをどうするつもりなのか?

結婚が決まっている人に打ち明けるのも変な話だと思います。

しかし言わなければ後悔するかも…。

難しいところですね。

一方良子ですが、博夫と結婚した時のことを思い出し、心境に変化があったのではないかと考えます。

教師を続けるのか?

それとも博夫の元に戻るのか?

次回が楽しみです。

 

ちむどんどんネタバレあらすじ60話のツイッターの反応は?

ちむどんどん60話のツイッターでの反応は以下の通りです。

 

ちむどんどんネタバレあらすじ60話まとめ

NHKの朝ドラ「ちむどんどん」第12週 「古酒(くーす)交差点」60話のネタバレあらすじをお届けしてきました。

ちむどんどん60話では、房子と二人で酒を飲んだ暢子。

悩みを打ち明ける暢子は、次第に和彦への恋心に気が付きます。

しかし和彦には愛がいて、婚約もしている二人。

暢子は和彦への気持ちをどうするつもりか?

今後のちむどんどんの展開も気になりますね。

以上、「【ちむどんどんネタバレあらすじ60話】和彦への想いに気付く暢子」と題してお届けしました。