舞いあがれ

【舞いあがれ70話ネタバレ15週あらすじ】めぐみとリストラ

【舞いあがれネタバレ70話15週あらすじ】悠人からの融資はある?

NHKの朝ドラ「舞いあがれ!」第15週 「決断の時」2023年1月12日に初回放送された70話のネタバレあらすじをお届けしていきます。

朝ドラ舞いあがれ!69話は、会社の価値を試算するために信用金庫がやってきます。

従業員が頑張る姿を見ためぐみ(永作博美)は、ある決心をして…。

これからの舞いあがれ!の展開はどうなっていくのでしょうか?

今回は「【舞いあがれ70話ネタバレ15週あらすじ】悠人からの融資はある?」と題してお届けします。

>>舞いあがれ最新話ネタバレ<<

 

舞いあがれ70話ネタバレ15週あらすじ考察

今後の舞いあがれ!はどうなっていくのでしょうか。

感想や今後の考えられる展開を紹介していきます。

 

舞いあがれ70話ネタバレ15週あらすじ考察|誰がリストラ対象に?

試作品のネジが合格し、一筋の光が見えていました。

もし新しい仕事を獲得できたとしても、人員削減は必要なようです。

いったい誰がリストラ対象になるのか?

浩太(高橋克典)は誰も辞めさせる気はないようです。

しかしめぐみが言うように、すべての従業員に迷惑をかけるわけにはいかず、人員削減は絶対だろうと思いました。

 

舞いあがれ70話ネタバレ15週あらすじ考察|柏木との結婚

もし舞が柏木と婚約寸前までいったとしても、ダメになると予想。

浩太(高橋克典)の工場が借金を抱え、柏木の両親が結婚を大反対するからです。

柏木は駆け落ちを考えますが、舞は身を引いて別れを選ぶのではないでしょうか?

もしくは、遠距離恋愛になってだんだんと愛が冷めていく。

どちらにせよ、柏木との結婚はないと考えます。

 

舞いあがれ70話ネタバレ15週あらすじ考察|ツイッターでの反応は?

舞いあがれ69話ツイッターでの反応は以下の通りです。

 

舞いあがれ70話ネタバレ15週あらすじ

朝ドラ舞いあがれ!70話のネタバレあらすじを紹介していきます。

ネタバレですので、まだご覧になっていない方はご注意ください。

 

舞いあがれ70話ネタバレ15週あらすじ|会社を続ける

信用金庫から視察が来た日、めぐみ(永作博美)は会社を存続させる決意を固めます。

「会社やめへん!」とめぐみの言葉を聞いた舞(福原遥)が、「私も手伝う。梱包だけじゃなくて、事務でもないんでもするから」と伝えました。

信用金庫の担当者に、会社を続けるために自分が社長を務めると申し出るめぐみ。

すると「経営は付け焼き刃でできるものではありません。無謀です」と、年配の担当者に言われました。

しかしもう一人の若い担当者が「社長の近くで見てきた奥さんであれば、ネジの知識がなくてもできると思います!」と言ってくれます。

 

舞いあがれ70話ネタバレ15週あらすじ|人員整理

年配の担当者は「これ以上、融資の返済を待つことはできません」と言います。

めぐみは「主人の生命保険のお金をあてるつもりです」と、書類を見せました。

「そこまでの覚悟があるんですね…」と言葉を詰まらせる担当者。

書類を確認した担当者は、「それでは社長になられるにあたって一つお願いがあります。人員整理にすぐに取り組んでください」と言います。

今後の経営計画書を提出するよう言われるめぐみ。

 

舞いあがれ70話ネタバレ15週あらすじ|笠巻の一言

めぐみは社員を集めて、工場を身売りしないことを告げます。

そして、このまま自分が経営を引き継ぐことにしたと発表。

社員は、めぐみが社長になることを心配します。

リストラだけはしないと頑張っていた浩太(高橋克典)。

社員が「リストラはどうなるんですか?」と口々に言い出します。

すると笠巻(古館寛治)が「みんなええか、社長はリストラをせんとこうと思って無理した。俺らも覚悟決めるときちゃうか?」と言ってくれます。

 

舞いあがれ70話ネタバレ15週あらすじ|舞とめぐみ

昼食時、めぐみと舞が二人でお好み焼き屋「うめづ」へ行きます。

リストラをするのか尋ねる舞。

めぐみは、リストラは最後の手段だと説明。

舞は「一人で抱え込まんと、何でも相談してな」と言います。

会社に戻った舞は、事務の仕事も手伝いました。

 

舞いあがれ70話ネタバレ15週あらすじ|取引中止

そこへ、営業担当者の藤沢が戻ってきます。

暗い顔をして、「取引していた会社が今後の取引を中止したいと言ってきました…」とめぐみに報告。

理由はめぐみにありました。

めぐみが社長になり、先行きが不安だと言われたのです。

めぐみは、急いで取引先へ向かいます。

 

舞いあがれ70話ネタバレ15週あらすじ|リストラ

その夜、遅くまで起きていためぐみ。

リストラをする社員を決める必要がありました。

しかしなかなか誰を辞めさせるのか選ぶことなどできません。

新規受注どころか、お得意先をなくしてしまっためぐみ。

最低でも3人に辞めてもらわないといけません。

 

舞いあがれ70話ネタバレ15週あらすじ|退職を拒む小森

めぐみは徹夜して、辞めてもらう三人を選びました。

舞は「体壊さんといて」とめぐみを心配します。

めぐみは稲本、砂川、小森に退職してもらいたいとお願いします。

稲本は「わかりました」と、すぐに退職を受け入れます。

砂川は「なぜ自分が?」と言葉を詰まらせますが、「お世話になった会社ですから…」と、退職届を出すことを約束。

しかし小森だけは、会社を辞めることを拒みます。

「俺、辞めません」と言われ、舞もめぐみも困ってしまうのでした。

 

舞いあがれ70話ネタバレ15週あらすじまとめ

NHKの朝ドラ「舞いあがれ!」第15週 「決断の時」70話のネタバレあらすじをお届けしてきました。

舞いあがれ!70話では、会社社長として今後も工場を続けることにしためぐみ。

しかしそのためにはリストラしないといけません。

辞めてもらう三人に話をするめぐみですが、一人だけ退職を拒む者がいて…。

今後の舞いあがれ!の展開も気になりますね。

以上、「【舞いあがれ70話ネタバレ15週あらすじ】めぐみとリストラ」と題してお伝えし