舞いあがれ

【舞いあがれ7話ネタバレ2週あらすじ】祥子のお手伝い

【舞いあがれ7話ネタバレ2週あらすじ】舞がいじめられる?

NHKの朝ドラ「舞いあがれ!」第2週 「ばらもん凧(だこ)、あがれ!」2022年10月11日に初回放送された7話のネタバレあらすじをお届けしていきます。

朝ドラ舞いあがれ!6話は、舞(浅田芭路)と祥子(高畑淳子)との二人だけの暮らしが始まりました。

祥子は舞に「手伝いをしてみないか?」と持ち掛け…。

これからの舞いあがれ!の展開はどうなっていくのでしょうか?

今回は「【舞いあがれ7話ネタバレ2週あらすじ】舞がいじめられる?」と題してお届けします。

>>舞いあがれネタバレ最新話<<

 

舞いあがれ7話ネタバレ2週あらすじ考察

今後の舞いあがれ!はどうなっていくのでしょうか。

感想や今後の考えられる展開を紹介していきます。

 

舞いあがれ7話ネタバレ2週あらすじ考察|ツイッターでの反応は?

ちむどんどん6話のツイッターでの反応は以下の通りです。

 

舞いあがれ7話ネタバレ2週あらすじ

朝ドラ舞いあがれ!7話のネタバレあらすじを紹介していきます。

ネタバレですので、まだご覧になっていない方はご注意ください。

 

舞いあがれ7話ネタバレ2週あらすじ|ビワの実

目覚まし時計をかけて、一人で起きることができた舞(浅田芭路)。

熱も下がっています。

今日は祥子(高畑淳子)のお手伝いをする日。

舞は、ジャムにするビワの実を採りに来ました。

脚立に登って舞がビワを採ります。

あっという間にカゴがいっぱいになりました。

 

舞いあがれ7話ネタバレ2週あらすじ|ジャム作り

舞は、うっかりカゴをひっくり返してしまいます。

カゴのビワが辺り一面散らばってしまいました。

すると「拾えばいい。次は手の届く所だけでいいから」と祥子。

舞は急いでビワを拾い集めました。

家に帰った祥子はビワのジャムを作り、舞もお手伝いします。

 

舞いあがれ7話ネタバレ2週あらすじ|一人じゃない

舞は「何でもおばあちゃんはできるね」と言います。

すると「一人だからね」と祥子。

「寂しないの?」と舞が尋ねると、祥子は「島のみんながおる」と笑いました。

できたジャムを祥子が瓶に詰めます。

舞もお手伝いすることに。

 

舞いあがれ7話ネタバレ2週あらすじ|瓶詰め

小さな瓶に詰める作業は難しく、舞はこぼしてしまいます。

慌てる舞。

祥子は「よかよか、もう一回やってみんね」と言います。

挑戦し続ける舞は、何とかジャムを詰めることに成功。

舞も祥子も笑顔になります。

 

舞いあがれ7話ネタバレ2週あらすじ|さくらが働く店

瓶にシールを貼って完成です。

うれしそうな舞に「苦労して作ればうれしいだろ?」と祥子。

その後、祥子と舞は島の若者・さくら(長濱ねる)が働く店へ向かいました。

祥子のジャムは、彼女が働いている店に置いてもらっています。

ジャムが並べられ、舞は自分が手伝ったジャムが売れるといいなと思いました。

 

舞いあがれ7話ネタバレ2週あらすじ|さくらのこと

さくらには遠距離恋愛中の彼氏がいます。

昨日、さくらの誕生日でしたが、彼氏から何の連絡もありませんでした。

彼からの連絡を待ち遠しく思うさくら。

さくらの夢は、彼氏とカフェを開くことです。

そのためにさくらは五島で、彼氏は福岡で頑張っています。

 

舞いあがれ7話ネタバレ2週あらすじ|ミサ

舞と祥子が家に帰ってきました。

空を見上げると飛行機が飛んでいます。

そこへ一太家族がやってきます。

一太のお母さんは妊娠しています。

ミサへ行く一太たちに連れられ、舞も初めて教会へやって来ました。

昔、たくさんのキリスト教徒が五島へ移り住みました。

五島は今でも祈りの島とよばれています。

 

舞いあがれ7話ネタバレ2週あらすじ|めぐみからの電話

夕方、めぐみ(永作博美)から電話があります。

舞は祥子とビワを摘んだこと、ジャムを作ったりミサに行ったことを話ました。

めぐみは電話で話しながら泣いてしまいます。

「何かあればいつでも急いで駆けつけるから」と、めぐみは舞と約束。

泣いているのがばれないように、めぐみは浩太(高橋克典)に急いで電話を代わります。

 

舞いあがれ7話ネタバレ2週あらすじ|浩太の提案

舞が何でも自分でしていることを知った浩太は、悠人(海老塚幸穏)に「これからは自分のことは自分でやろう」と提案。

これからは、塾の送り迎えもしないと告げます。

すると悠人から「お父ちゃんは何するん?」と聞かれました。

浩太は「お父ちゃんはゴミ出しするで!」とどや顔で言います。

それを見てめぐみが「ゴミ出しするだけでそんな偉そうに?」と笑いました。

 

舞いあがれ7話ネタバレ2週あらすじ|瀬渡し

夜、祥子から「手伝ってくれて助かったよ」とお礼を言われた舞は、失敗してしまったことを詫びます。

祥子はそんなことはたいしたことではなく、最後まで決めたことをやり通せたことがスゴイのだと言いました。

舞は、祥子やめぐみのように何でも一人でできるようになりたいと思います。

次の日曜、瀬渡しの仕事がある祥子に連れられ船に乗る舞。

瀬渡しとは、釣り人を磯へ運び、帰る頃に迎えに行くことです。

船を操縦する祥子はキラキラして見えます。

釣り人からも「おばあちゃんかっこいいね」と言われました。

しかしあんなことになろうとは、舞は想像もしていないのでした。

 

舞いあがれ7話ネタバレ2週あらすじまとめ

NHKの朝ドラ「舞いあがれ!」第2週 「ばらもん凧(だこ)、あがれ!」7話のネタバレあらすじをお届けしてきました。

舞いあがれ!7話では、だんだんと一人で何でもできるようになってきた舞。

祥子を手伝う中で、自信が芽生えます。

今後の舞いあがれ!の展開も気になりますね。

以上、「【舞いあがれ7話ネタバレ2週あらすじ】祥子のお手伝い」と題してお伝えしました。