舞いあがれ

【舞いあがれ57話ネタバレ12週あらすじ】入社が一年延期に

【舞いあがれネタバレ57話12週あらすじ】リーマンショックで悠人はどうなった?

NHKの朝ドラ「舞いあがれ!」第12週 「翼を休める島」2022年12月20日に初回放送された57話のネタバレあらすじをお届けしていきます。

朝ドラ舞いあがれ!56話は、舞(福原遥)は博多エアラインから内定をもらいます。

入社まで東大阪に戻って来た舞は…。

これからの舞いあがれ!の展開はどうなっていくのでしょうか?

今回は「【舞いあがれ57話ネタバレ12週あらすじ】リーマンショックで悠人はどうなった?」と題してお届けします。

>>舞いあがれ最新話ネタバレ<<

 

舞いあがれ57話ネタバレ12週あらすじ考察

今後の舞いあがれ!はどうなっていくのでしょうか。

感想や今後の考えられる展開を紹介していきます。

 

舞いあがれ57話ネタバレ12週あらすじ考察|悠人は大丈夫か?

リーマンショックと言えば悠人(横山裕)です。

彼は大丈夫でしょうか?

リーマンショックを予想していたとかで、またまた調子に乗っているのではないでしょうか?

浩太と悠人が共倒れになると、岩倉家は崩壊です。

どちらかがしっかり稼いでいることを願っています。

 

舞いあがれ57話ネタバレ12週あらすじ考察|慌てる悠人

勝手に仕事を辞めていた悠人(横山裕)。

大阪に戻っている彼ですが、実家には帰っていない様子。

高級ホテルに宿泊するほど稼いでいるようですが、まだ働きだして一年も経っていない中で辞めたのは、早すぎではないでしょうか?!

「俺に金預けてくれたら増やすで」と自信満々の悠人。

これは完全に今後失敗する人間の言葉ですよ…。

しかしいつも冷静な悠人なので、彼が慌てふためく姿を見れるのかと楽しみです♪

 

舞いあがれ57話ネタバレ12週あらすじ考察|リーマンショック

悠人が男性と株の話をしていました。

自信満々でしたが、大丈夫でしょうか?

リーマンショックがありますが、これも悠人は回避できるのか?

誰もが予想できなかった出来事なので、悠人もリーマンショックの打撃を受けると思います。

そうなった時に悠人がどうなるのか?

岩倉家は借金があって、悠人も危うくて、どうなるのか気になりすぎます!

 

舞いあがれ57話ネタバレ12週あらすじ考察|ツイッターでの反応は?

舞いあがれ56話ツイッターでの反応は以下の通りです。

 

舞いあがれ57話ネタバレ12週あらすじ

朝ドラ舞いあがれ!57話のネタバレあらすじを紹介していきます。

ネタバレですので、まだご覧になっていない方はご注意ください。

 

舞いあがれ57話ネタバレ12週あらすじ|悠人の記事

お好み焼き屋「うめづ」に仙台の土産を持って行く舞(福原遥)。

すると店主の勝(山口智充)が、悠人(横山裕)の載っている雑誌を見せてくれました。

リーマンショックを予測したとして、雑誌に取り上げられた悠人。

それを読んだ浩太(高橋克典)は、複雑そうな表情を見せます。

そしていつもつけている日記に、悠人のことを書き込む浩太なのでした。

 

舞いあがれ57話ネタバレ12週あらすじ|入社延期

舞に博多エアラインから手紙が届きました。

手紙には、入社を一年間延期すると書いてあります。

リーマンショックの影響です。

その後、舞は久しぶりに由良(吉谷彩子)と会います。

航空会社での話しをする舞は、入社が一年延期になったことを話しました。

すると由良が「航空会社では忙しかったんやろ?長い休暇をもらったと思えばいいやん」と励ましくれます。

 

舞いあがれ57話ネタバレ12週あらすじ|自分にできること

この日の夜、舞が夕食を作りました。

舞が作った豚丼を食べながら、めぐみ(永作博美)が博多エアラインの話をします。

舞は、気まずそうに就職が一年延期になったことを伝えます。

舞の告白に驚く浩太とめぐみ。

「私にできることがあれば何でもするから言って」と、舞が申し訳なさそうに言います。

 

舞いあがれ57話ネタバレ12週あらすじ|柏木と話したい舞

中澤(濱正悟)も入社が半年後に延期になるなど、リーマンショックの影響を受けたのは舞だけではありません。

不安な舞は、柏木(目黒蓮)に電話を掛けようとします。

しかしサンフランシスコと時差があり、「まだ朝早いか…」と電話をかけるのをやめる舞。

入社が延期になったことを伝えられた浩太とめぐみは、舞が不安に思っていることをわかっています。

そのため、工場が苦しいことを黙っていることに。

そこへ、祥子(高畑淳子)から電話がありました。

 

舞いあがれ57話ネタバレ12週あらすじ|久留美との昼食

翌朝、めぐみは舞に「足を挫いたからばんばの手伝いをしてきてほしい」と頼みました。

昼に久留美(山下美月)と「うめづ」で会った舞は、思いを寄せる医師の八神とはどうなったか尋ねます。

久留美は「何もないよ」と笑って言います。

入社が一年延期になった舞に、これからどうするのか尋ねる久留美。

舞は、しばらくは五島で祥子の手伝いをする予定だと話しました。

 

舞いあがれ57話ネタバレ12週あらすじ|五島にいる貴司

二人の話を聞いていた雪乃(くわばたりえ)が、「今貴司、五島におるで」と言います。

住み込みで五島に滞在している貴司。

携帯を持っていない貴司を心配する雪乃は「貴司の様子見てきて」と舞に頼みます。

舞はさっそく貴司に手紙を書きました。

そして舞は五島へ。

 

舞いあがれ57話ネタバレ12週あらすじ|五島

五島へ4年ぶりにやって来た舞。

久しぶりに祥子と再会します。

祥子は、船から飛び降りた時に足をケガしてしまいました。

これまでならなんともなかった行動です。

「歳のせいだね」と笑う祥子。

 

舞いあがれ57話ネタバレ12週あらすじ|東京の親子

話は航空学校のことに。

空を飛ぶことが楽しかったと話す舞に「就職のびて残念やったな…」と祥子が言います。

舞が「うん…」と小さく頷きます。

そこへ、役場職員の浦信吾(鈴木浩介)が東京の親子を連れてやってきました。

役場では五島への留学体験を募集していて、その試みとして祥子の家に親子がやってきたのです。

母親の森重みちると息子の朝陽(あさひ)が挨拶します。

突然、朝陽が「お腹減った」と言います。

気難しそうな朝陽を前に、どうすればいいのかわらない舞でした。

 

舞いあがれ57話ネタバレ12週あらすじまとめ

NHKの朝ドラ「舞いあがれ!」第12週 「翼を休める島」57話のネタバレあらすじをお届けしてきました。

舞いあがれ!57話では、博多エアラインへの入社が一年延期になってしまった舞。

祥子を手伝うために、五島へやってきます。

今後の舞いあがれ!の展開も気になりますね。

以上、「【舞いあがれ57話ネタバレ12週あらすじ】入社が一年延期に」と題してお伝えしました。