舞いあがれ

【舞いあがれ5話ネタバレ1週あらすじ】めぐみと舞の最後の夜

【舞いあがれ5話ネタバレ1週あらすじ】めぐみと舞の最後の夜

NHKの朝ドラ「舞いあがれ!」第1週 「お母ちゃんとわたし」2022年10月7日に初回放送された5話のネタバレあらすじをお届けしていきます。

朝ドラ舞いあがれ!4話は、舞(浅田芭路)は母親のめぐみ(永作博美)と共に五島へやって来ました。

祖母の祥子(高畑淳子)と暮らし始めた舞。

学校へ通いだした舞ですが…。

これからの舞いあがれ!の展開はどうなっていくのでしょうか?

今回は「【舞いあがれ5話ネタバレ1週あらすじ】浩太が倒れる?」と題してお届けします。

>>朝ドラネタバレ最新話<<

 

舞いあがれ5話ネタバレ1週あらすじ考察

今後の舞いあがれ!はどうなっていくのでしょうか。

感想や今後の考えられる展開を紹介していきます。

 

舞いあがれ5話ネタバレ1週あらすじ考察|二人の衝突

祥子(高畑淳子)とめぐみの衝突がいつか起きそうで、ヒヤヒヤしています。

めぐみは舞が心配で、先回りして娘の行動を止めてしまいがちです。

一方祥子は、舞がやりたい通りにやらせたいと思っています。

子育ての考え方の違いから祥子とめぐみがぶつからなければいいのですが…。

そんな二人の間に挟まれた舞が、またまた熱を出さなければいいなと思いました。

 

舞いあがれ5話ネタバレ1週あらすじ考察|男同士の生活に不安しかない

悠人の受験まであと9か月。

そんな時に母親と妹が遠くへ行ってしまうとは、悠人の精神状態に良くないでしょう。

しかも父親との二人暮らしはきついと、二人暮らしが始まる前から危機を感じている悠人。

今度は彼が精神的に不安定にならないか心配です。

浩太は家事が一切できない雰囲気。

これから大丈夫でしょうか?不安です。

 

舞いあがれ5話ネタバレ1週あらすじ考察|悠人

舞の兄・悠人は秀才のようです。

プロフィールを読むと、油と機械音が響く町工場が大嫌いとありました。

父・浩太の工場は継がないつもりなのでしょう。

しかし、それでは朝ドラは面白くありません。

あれだけ強く工場を拒否していた悠人が後を継ぐ。

これで決まりですね!

 

舞いあがれ5話ネタバレ1週あらすじ考察|ツイッターでの反応は?

ちむどんどん4話のツイッターでの反応は以下の通りです。

 

舞いあがれ5話ネタバレ1週あらすじ

朝ドラ舞いあがれ!5話のネタバレあらすじを紹介していきます。

ネタバレですので、まだご覧になっていない方はご注意ください。

 

舞いあがれ5話ネタバレ1週あらすじ|祥子のジャム

校外学習で磯へやって来た舞(浅田芭路)。

お昼ごはんのお弁当を食べた後も、海の生物と触れ合います。

その頃家にいためぐみ(永作博美)は、祥子(高畑淳子)が作ったジャムの瓶にラベルを貼っていました。

めぐみは、ジャム作りを始めた理由を尋ねます。

「若いもんが島からいなくなって、庭の木の果物がどんどん腐っていくのがもったいないから、ジャムを作ったの」と祥子。

 

舞いあがれ5話ネタバレ1週あらすじ|オコゼ

めぐみは作業をしながらも、舞のことをずっと考えています。

娘を心配するめぐみに、祥子が「島のみんなが見てくれとるから大丈夫だ」と言いますが、それでもめぐみは心配そうです。

一方、男の子が長靴を脱いで裸足で海へ入ってるのを見た舞は、裸足になって海へ入っていました。

しかしその男の子がオコゼを踏んでしまいます。

とても痛がる男の子。

舞は急いで長靴を履きます。

慌てた舞は焦って海でこけてしまいました。

 

舞いあがれ5話ネタバレ1週あらすじ|嫌な過去

全身ずぼ濡れになってしまった舞。

東大阪にいた頃を思い出します。

運動会のリレーでこけてしまい、みんなからバカにされたことを思い出します。

海でこけた舞は、膝をすりむいてしまいました。

先生が手当てしてくれていると、めぐみがやってきます。

 

舞いあがれ5話ネタバレ1週あらすじ|娘を心配するめぐみ

祥子が運転する軽トラで海沿いを走っていた時、舞の姿が見えためぐみ。

何かあったのかと心配になり、やってきたのです。

全身ずぼ濡れの舞に、めぐみは自分の上着をかけてやります。

舞を心から心配するめぐみ。

その様子を祥子はじっと遠くから見ているのでした。

 

舞いあがれ5話ネタバレ1週あらすじ|帰れ!

家に帰った舞は、オコゼを踏んだ男の子を心配します。

「大丈夫、今頃元気にしてるよ」と祥子。

めぐみは、磯へ行かせたことを後悔していました。

「ゆっくり少しずつしないとしんどなるよね?」とめぐみが舞に言います。

すると祥子が「めぐみは大阪に帰れ」と言い出します。

 

舞いあがれ5話ネタバレ1週あらすじ|悩むめぐみ

めぐみは驚きます。

なぜいきなりそんなことを言われるのか、混乱するめぐみ。

「自分が舞の面倒を見る。だから大阪に帰れ。めぐみが舞のことを心配しすぎてる」と言われても、めぐみには理解できません。

「舞がめぐみの顔色ばかり見ている」と祥子に言われ、ようやくめぐみは言われている意味を理解します。

舞はめぐみに遠慮して、自分の言持ちが言えません。

しばらく舞から離れたほうがいいと言われ、めぐみは悩みます。

 

舞いあがれ5話ネタバレ1週あらすじ|めぐみの決断

夜の海を見て、めぐみはこれまでのことを思い出します。

そして反省するめぐみ。

海から戻っためぐみは、「お母ちゃん家に帰るわ」と舞に伝えます。

「舞のペースでゆっくりしたほうが、元気になれると思う」と言われ、舞は頷くしかありません。

その夜、めぐみは舞に背を向けて眠りました。

すると舞が、めぐみの背中にピッタリとくっついてきます。

翌朝、舞が目を覚ますとめぐみがじっと舞のことを見つめていました。

舞の熱がないのを確認しためぐみが大阪へ戻ります。

 

舞いあがれ5話ネタバレ1週あらすじ|舞の気持ち

めぐみは祥子に「舞のことをお願いします」と言います。

舞には「おばあちゃんの言うことよく聞くんよ」と告げ、フェリーに乗り込みました。

めぐみがフェリーに乗った後、舞は涙を流します。

ずっと我慢していた舞。

そんな孫に「よく頑張ったな」と祥子が言います。

「わたしと一緒にいるとお母さんはしんどそう」と舞。

自分の気持ちを言えた舞を祥子は褒め、少しずつでいいので自分の思いを表現できるようにと舞に話します。

 

舞いあがれ5話ネタバレ1週あらすじ|ばらもん凧

帰り道、舞は初めてばらもん凧を見ました。

たくさんの凧が大空を舞っています。

「ばらもん」とは、元気もののことを指します。

よく知らない土地で、よく知らない祖母と二人きりになった舞。

五島で祖母との二人暮らしが始まろうとしています。

 

舞いあがれ5話ネタバレ1週あらすじまとめ

NHKの朝ドラ「舞いあがれ!」第1週 「お母ちゃんとわたし」5話のネタバレあらすじをお届けしてきました。

舞いあがれ!5話では、舞がめぐみの顔色ばかりうかがうのが気になる祥子は、めぐみに大阪へ帰るよう言います。

めぐみは大阪へ戻り、舞と祥子の二人の生活が始まろうとしているのでした。

今後の舞いあがれ!の展開も気になりますね。

以上、「【舞いあがれ5話ネタバレ1週あらすじ】めぐみと舞の最後の夜」と題してお伝えしました。