舞いあがれ

【舞いあがれ56話ネタバレ12週あらすじ】就職&卒業

【舞いあがれネタバレ56話12週あらすじ】舞の就職先は…

NHKの朝ドラ「舞いあがれ!」第12週 「翼を休める島」2022年12月19日に初回放送された56話のネタバレあらすじをお届けしていきます。

朝ドラ舞いあがれ!55話は、航空会社への就職活動を始めた舞(福原遥)。

面接を受ける舞は緊張していて…。

これからの舞いあがれ!の展開はどうなっていくのでしょうか?

今回は「【舞いあがれ56話ネタバレ12週あらすじ】舞の就職先は…」と題してお届けします。

>>舞いあがれ最新話ネタバレ<<

 

舞いあがれ56話ネタバレ12週あらすじ考察

今後の舞いあがれ!はどうなっていくのでしょうか。

感想や今後の考えられる展開を紹介していきます。

 

舞いあがれ56話ネタバレ12週あらすじ考察|就職できるか?

就職活動を始めた舞ですが、女性パイロットはまだ日本にいません。

そのため、舞の就職活動は困難を極めると思います。

舞だけではなく矢野(山崎紘奈)や中澤(濱正悟)たちの就職先も気になります。

特に中澤の離婚問題はどうなったでしょうか?

就職してはやく奥さんとの仲を回復してほしいです。

 

舞いあがれ56話ネタバレ12週あらすじ考察|吉田が自暴自棄に…

舞に想いを寄せる吉田(醍醐虎汰朗)ですが、彼の今後が心配です。

舞と柏木が付き合うことになり、それを知った吉田はどうなってしまうのか?

ショックでしょうね…。

温厚な性格の彼ですが、荒れてしまわないかと心配です。

中澤(濱正悟)は離婚問題があり、吉田は失恋。

同じ部屋の者同士慰め合うのかもしれませんね。

 

舞いあがれ56話ネタバレ12週あらすじ考察|吉田はパイロットになれるのか?

中澤は妻の美幸に手紙を書くため、吉田(醍醐虎汰朗)からレターセットをもらっていました。

吉田がレターセットを持っていたのは、離れて暮らす母親に手紙を書いているからでしょう。

彼の優しさが伝わります。

しかし、わざわざ手紙じゃなくて携帯メールでもやり取りはできるはず…。

もしかすると吉田の母親は携帯を持っていないのかもしれません。

裕福とは言えない吉田の家庭。

彼は奨学金をもらって学校に通っています。

このままもし彼がパイロットになれなければどうなるのか、この先心配になってきました。

 

舞いあがれ56話ネタバレ12週あらすじ考察|水島の再チャレンジ

学校を去っていった水島ですが、もしかすると舞たちの後輩として学校で再会する日が来るのではないかと考えます。

父親からの手紙には、パイロットになることを応援してくれている内容が書かれていたのだと思います。

それを読んで、再び航空学校へ再チャレンジする水島。

何をやっても中途半端な水島でしたが、再チャレンジして周りを見返してほしいです!

そしてパイロット兼スーパー店長として活躍してほしいと思いました。

 

舞いあがれ56話ネタバレ12週あらすじ考察|父親からの手紙

水島は父親から送られてきていた荷物の中に手紙を見つけていました。

この手紙が泣かせるものなのだと思います。

水島は、父親から「何をやってもお前は続かない」と言われて育ったようです。

しかし手紙にはそれとは真逆のことが書かれていて、感動する内容となっているのだろうと推測。

これからスーパーを手伝うことになる水島ですが、立派になって全国規模のスーパーにしてほしいです!

 

舞いあがれ56話ネタバレ12週あらすじ考察|ツイッターでの反応は?

舞いあがれ55話ツイッターでの反応は以下の通りです。

 

舞いあがれ56話ネタバレ12週あらすじ

朝ドラ舞いあがれ!56話のネタバレあらすじを紹介していきます。

ネタバレですので、まだご覧になっていない方はご注意ください。

 

舞いあがれ56話ネタバレ12週あらすじ|就職活動

訓練と並行して航空会社への就職活が始まりました。

同期が内定をもらえている中、舞(福原遥)は苦戦しています。

航空学校卒業まで残り3か月となりました。

訓練最後の地は仙台です。

仙台の寮で勉強している舞。

 

舞いあがれ56話ネタバレ12週あらすじ|内定

そこへ非通知で電話がかかってきます。

電話に出る舞は、「ありがとうございます。失礼します」と電話を切りました。

そばにいた矢野(山崎紘奈)が、心配そうに「何て?」と尋ねます。

舞が内定をもらえたことを話すと、「よかったね!」と駆け寄る矢野。

舞はうれし泣きしています。

 

舞いあがれ56話ネタバレ12週あらすじ|受注数

博多エアラインから内定をもらった舞。

すぐに浩太(高橋克典)に電話を掛けて、内定をもらったことを伝えます。

浩太はめぐみ(永作博美)にも伝え、二人は大喜び。

その後、浩太は従業員から来月の受注数が半分以下になっていることを聞かされ、取引先に確認の電話を入れました。

何かの間違えではないかと尋ねる浩太。

しかし受注数に間違いはなく、今後も以前のような取引はできないかもしれないと言われます。

アメリカで起こったリーマンショックの影響は、遠く離れた日本の東大阪にも及んでいました。

これだけ注文数が減ってしまうと、今後の銀行への支払いが難しくなります。

 

舞いあがれ56話ネタバレ12週あらすじ|喜ぶ祥子

舞が博多エアラインから内定をもらったことを知った祥子(高畑淳子)は、うれしそうにさくら(長濱ねる)たちに報告します。

「博多エアラインなら、五島までの飛行機があるよ」と盛り上がる祥子たち。

舞が夢を実現したことを祥子は心から喜びます。

12月になりました。

翌日に学校卒業を迎える舞たちは、みんなで居酒屋を訪れます。

 

舞いあがれ56話ネタバレ12週あらすじ|卒業祝い

柏木(目黒蓮)が音頭をとり、乾杯する舞たち。

春には全員エアラインのパイロットです。

そこへ、水島(佐野弘樹)がやってきました。

忙しくて来れないと思っていたため、舞たちは水島の登場に驚きます。

「厳しい訓練から逃げず、明日卒業を迎えた君たちの苦労を僕は誰よりも知っている。卒業おめでとう」と祝福の言葉を贈る水島。

 

舞いあがれ56話ネタバレ12週あらすじ|水島の現在

父親のスーパーで働いている水島。

自らが作った惣菜を持参していました。

水島が作った惣菜をみんなで食べます。

「美味しい!」と舞たち。

それを聞いた水島は「お客さんが喜ぶ顔を見るのがうれしいんだよ」と話すのでした。

 

舞いあがれ56話ネタバレ12週あらすじ|それぞれの今後

離婚危機を迎えていた中澤(濱正悟)ですが、すっかり元の鞘に収まったようで、みんなに奥さんと子どもの写真を見せびらかします。

一方、吉田(醍醐虎汰朗)に「気持ち伝えないくていいの?」と尋ねる矢野。

彼女は吉田が舞に想いを寄せていることに気付いていました。

吉田は「飲みすぎですよ」と笑ってごまかします。

柏木は、春まではサンフランシスコに語学留学するつもりです。

そうなるとしばらく会えなくなります。

寂しがる舞。

柏木から「遠く離れても、俺たちは大丈夫だ」と言われ、舞が頷きます。

 

舞いあがれ56話ネタバレ12週あらすじ|ボーナス

こうして航空学校を卒業した舞は、入社まで東大阪に帰ることに。

家に帰って来た舞は、両親に「おかげさまで卒業できました。航空学校へ行かせてくれてありがとう」と礼を言います。

浩太もめぐみも舞の言葉を聞いてうれしそうです。

しかし何かいつもと様子が違います。

実は受注数が減ったことで、従業員へのボーナス額をぐっと減らしていたのでした。

 

舞いあがれ56話ネタバレ12週あらすじ|リーマンショック

ボーナスが減ったことで、社員たちの中には不満を口にする者もいます。

お好み焼き屋「うめづ」も閑古鳥が鳴くなど、リーマンショックの影響は大きなものでした。

順調そうな舞にも、リーマンショックの影が忍び寄っています。

しかしそのことに気づいていない舞は、家に帰って来てもフライトの勉強をかかしません。

春の就職に向けて、舞は日々努力を惜しまないのでした。

 

舞いあがれ56話ネタバレ12週あらすじまとめ

NHKの朝ドラ「舞いあがれ!」第12週 「翼を休める島」56話のネタバレあらすじをお届けしてきました。

舞いあがれ!56話では、舞は無事学校を卒業します。

就職先も決まった舞。

順風満帆な舞ですが、リーマンショックの影が近づいていることに、まだ気づいていないのでした。

今後の舞いあがれ!の展開も気になりますね。

以上、「【舞いあがれ56話ネタバレ12週あらすじ】就職&卒業」と題してお伝えしました。