舞いあがれ

【舞いあがれ36話ネタバレ8週あらすじ】柏木との出会い

【舞いあがれ36話ネタバレ8週あらすじ】柏木との出会い

NHKの朝ドラ「舞いあがれ!」第8週 「いざ、航空学校へ!」2022年11月21日に初回放送された36話のネタバレあらすじをお届けしていきます。

朝ドラ舞いあがれ!35話は、五島にいた舞(福原遥)が浩太(高橋克典)やめぐみ(永作博美)と共に大阪へ戻ります。

祥子(高畑淳子)の船に乗ってフェリー乗り場へ向かう舞。

頭の上には憧れの飛行機が飛んでいて…。

これからの舞いあがれ!の展開はどうなっていくのでしょうか?

今回は「【舞いあがれ36話ネタバレ8週あらすじ】佳晴は立ち直れるか?」と題してお届けします。

>>舞いあがれ最新話ネタバレ<<

 

舞いあがれ36話ネタバレ8週あらすじ考察

今後の舞いあがれ!はどうなっていくのでしょうか。

感想や今後の考えられる展開を紹介していきます。

 

舞いあがれ36話ネタバレ8週あらすじ考察|お金はどうなる?

舞(福原遥)は航空学校へ入るため、勉学に励むなど忙しくなりそうです。

アルバイトはどうするのでしょうか?

航空学校に入るためのお金などは、やはり浩太(高橋克典)が出すのでしょうか?

舞はバイトをして、自分で出すつもりのようでしたが…。

株で儲けている悠人(横山裕)が代わりに出してくれるかもしれず、あとは無事に舞が合格するのを待つのみですね!

 

舞いあがれ36話ネタバレ8週あらすじ考察|舞は航空学校に入れるのか?!

舞(福原遥)の夢をようやく両親が認めてくれました。

良かったですね。

でもここからですよ!

パイロットになれるのはたった一握りの人だけ。

しかも女性のパイロットはあまりいません。

パイロットに舞はなれるのか?

次週からは航空学校でのエピソードでしょうか?

まずは航空学校に受かるかどうかもわからず、とりあえず舞を応援したいです!

 

舞いあがれ36話ネタバレ8週あらすじ考察|心に響く祥子の言葉

自分を変えるために五島へやってきた貴司(赤楚衛二)。

やはり小学生の頃に舞(福原遥)が強くなったのを見て、羨ましいとどこかで感じていたようです。

しかし変わらなくていいこともあります。

祥子(高畑淳子)からは「周りにあわせんでよか。自分のことば知っちょる人間が一番強かけん」と言われた貴司。

祥子の言葉は心に響きますね。

貴司はちゃんと自分の気持ちを両親に伝えることができるでしょうか?

次回も楽しみです。

 

舞いあがれ36話ネタバレ8週あらすじ考察|貴司と両親の関係

貴司が、母親の雪乃(くわばたりえ)への態度がそっけなかったのが気になりました。

まだ思春期でしょうか?

貴司と雪乃の性格は真逆。

というよりも、貴司は両親とはまったく似ていません。

貴司の両親はおしゃべり上手で人付き合いもよく、お店はみんなの寄りどころとなっています。

一方の貴司は、どちらかというと無口で大人しく、人との接点も少なそうです。

もしかすると貴司は本当の子どもではないのかもしれません。

だからこそ、貴司は距離を置こうとしているのか?

貴司と両親の関係が気になります!

 

舞いあがれ36話ネタバレ8週あらすじ考察|ツイッターでの反応は?

ちむどんどん35話ツイッターでの反応は以下の通りです。

 

舞いあがれ36話ネタバレ8週あらすじ

朝ドラ舞いあがれ!36話のネタバレあらすじを紹介していきます。

ネタバレですので、まだご覧になっていない方はご注意ください。

 

舞いあがれ36話ネタバレ8週あらすじ|勉強に励む舞

大阪に戻った舞(福原遥)は、航空学校に入るために猛勉強を始めます。

一生懸命勉強しますが、なかなか思うようにはかどりません。

試験まであと3か月。

舞は夜も寝ないで勉強します。

朝食も食べずに急いで大学へ向かう舞。

大学に2年は在学しないと、航空学校へ入ることができないのです。

 

舞いあがれ36話ネタバレ8週あらすじ|忙しい舞

受験勉強に加えて大学の勉強も頑張らなくてはならない舞は、忙しい日々の中でバイトも続けています。

自分で少しでも学費を稼ぐためです。

試験は来月になりました。

寝不足の舞はバイト中にフラフラしてしまいます。

心配する店主の津田(たくませいこ)。

 

舞いあがれ36話ネタバレ8週あらすじ|試験の日

そしてついに一次試験の日になりました。

両親に見送られて家を出る舞。

浩太(高橋克典)とめぐみ(永作博美)からお守りをもらった舞が、試験会場を目指します。

会場には、全国からパイロット志望の500人以上が来ていました。

半年かけて3回の試験を受けることになります。

入学できるのはたった72名、難関です。

 

舞いあがれ36話ネタバレ8週あらすじ|嫌な奴

二次試験では、健康診断や心理テストなど様々なテストが行われました。

そして最後の試験は、宮崎本校での面接です。

面接を受けるのが初めての舞は緊張します。

隣にいた柏木弘明(目黒蓮)に話しかける舞。

すると「君の緊張は僕には関係がない。黙っていてくれるか?」と言われました。

 

舞いあがれ36話ネタバレ8週あらすじ|初めての面接

面接で得意なことを聞かれた舞は、工作が好きなことなどを伝えます。

すると「得意なことを聞いているだんよ」と言われてしまいました。

一方柏木は、得意なことは乗馬だと得意げに言います。

パイロットを目指す理由を聞かれた舞は、「空を飛ぶ楽しさが忘れられなかったからです」と嬉しそうに話します。

人力飛行機サークルに入り仲間と一緒に飛んだ時、一人一人の思いが込められた飛行機を飛ばす楽しさを知った舞。

みんなの思いを乗せた飛行機を飛ばしたいのだと舞は話しました。

 

舞いあがれ36話ネタバレ8週あらすじ|馬鹿にされる舞

柏木は「多くの命をのせて空を飛ぶパイロットの姿に憧れていました」と話し、面接は終わります。

面接会場を出る舞と柏木。

緊張がとけた舞は、へたへたっとその場に座り込んでしまいます。

すると「人力飛行機のようなお遊びとパイロットを一緒にするな。もう会うことはないだろう」と柏木に言われました。

舞は柏木の暴言に腹を立てます。

 

舞いあがれ36話ネタバレ8週あらすじ|試験の結果は…

試験の結果が郵便で届きます。

結果は、合格でした。

舞は、久留美(山下美月)や貴司(赤楚衛二)とお好み焼き屋「うめづ」で合格祝いをします。

柏木に嫌味を言われたことを思い出す舞。

柏木に言われた暴言を舞が話して聞かすと、「舞ちゃんがそんなこと言うのめずらしいな」と貴司が驚きます。

 

舞いあがれ36話ネタバレ8週あらすじ|楽しそうな貴司

「貴司君は腹が立つことないの?」と聞かれた貴司は、特にイライラすることもない様子。

三週間島根に行っていた貴司は、今は気が向いたところへ行って詩を書いています。

前よりもずっと楽しそうな貴司。

そこへ店主の勝(山口智充)が、合格祝いの特別なお好み焼きを持ってきてくれます。

大きなお好み焼きに舞は大喜び。

 

舞いあがれ36話ネタバレ8週あらすじ|舞が宮崎へ

それから1年ほど経ちました。

翌日には宮崎へ出発する舞。

浩太は「これからやで、自分がしたことを貫くって言うのは大変や。経験したことのない壁にぶつかって、何回もくじけそうになるかもしれへん。でも諦めずに進み続けるしかないんやで」と励まします。

こうして航空学校へやって来た舞。

学校の門をくぐると、柏木の姿を見つけます。

柏木は舞を見て意外そうな顔をして、舞は柏木を睨みつけました。

何はともあれ、夢のパイロットへの一歩を踏み出した舞でした。

 

舞いあがれ36話ネタバレ8週あらすじまとめ

NHKの朝ドラ「舞いあがれ!」第8週 「いざ、航空学校へ!」36話のネタバレあらすじをお届けしてきました。

舞いあがれ!36話では、勉強に励んだ舞が試験を受けます。

結果は合格。

ついに航空学校へ入ることができた舞は、パイロットへの一歩を踏み出します。

今後の舞いあがれ!の展開も気になりますね。

以上、「【舞いあがれ36話ネタバレ8週あらすじ】柏木との出会い」と題してお伝えしました。