ちむどんどん

【ちむどんどん98話ネタバレ】井戸端会議の重要性

【ちむどんどんネタバレプラス20週あらすじ98話】井戸端会議の重要性

NHKの朝ドラ「ちむどんどん」第20週 「青いパパイアを探しに」2022年8月24日に初回放送された98話のネタバレあらすじをお届けしていきます。

朝ドラちむどんどん97話では、生まれてくる子どもの名前を決めるなど、重子(鈴木保奈美)はまだ見ぬ孫へ大きな期待を寄せています。

一方暢子(黒島結菜)は、捕まっている矢作(井之脇海)を見つけて…。

これからのちむどんどんの展開はどうなっていくのでしょうか?

今回は「【ちむどんどん98話ネタバレ】矢作との再会が暢子の運命を大きくかえる?!」と題してお届けします。

>>朝ドラ最新話ネタバレ<<

 

ちむどんどん98話ネタバレ考察

今後のちむどんどんはどうなっていくのでしょうか。

感想や今後の考えられる展開を紹介していきます。

 

ちむどんどん98話ネタバレ考察|矢作を助ける暢子

食い逃げの現行犯で捕まってしまった矢作(井之脇海)。

暢子はすっかり変わり果てた彼の姿を見て、驚いていましたね。

借金を踏み倒して姿をくらましていた矢作ですが、このまま警察に連れて行かれて終わりでしょうか?

きっと暢子が助け船を出してやるのだと思います。

フォンターナを危機に追いやった矢作。

彼を恨んでいる人は大勢いそうですが、それでも彼はフォンターナに戻るのでは?と考えます。

房子には大きな借りがありますしね。

矢作の料理人としての腕は確かです。

フォンターナに戻らないのであれば、暢子の出す店「ちむどんどん」で働くのではないでしょうか?

 

ちむどんどん98話ネタバレ考察|給食革命

優子(仲間由紀恵)のおかげで、娘・晴海の野菜嫌いがすっかりなおりました。

畑で自ら野菜を育てることで野菜嫌いを克服した娘を見て、良子(川口春奈)はヒントを得たようです。

給食の残飯率をどうにかしようと奮闘していた良子。

小学校の給食を大改革するつもりのようです。

食育は大事です。

みんなが「おいしい!」と言って、残さず食べてくれるようになればいですね。

 

ちむどんどん98話ネタバレ考察|ツイッターでの反応は?

ちむどんどん97話のツイッターでの反応は以下の通りです。

 

ちむどんどん98話ネタバレ

朝ドラちむどんどん98話のネタバレあらすじを紹介していきます。

ネタバレですので、まだご覧になっていない方はご注意ください。

 

ちむどんどん98話ネタバレ|殴られる矢作

食い逃げをしようとして捕まった矢作(井之脇海)。

逃げようとした矢作から、何かが落ちます。

拾って中を確認すると包丁でした。

このことで矢作は男たちから殴られてしまいます。

それを止めようとする暢子(黒島結菜)。

 

ちむどんどん98話ネタバレ|ぼやく矢作

その後、矢作から事情を聞く暢子。

借金取りに追われていた矢作は妻と離婚。

日雇いの仕事をして鶴見にやってきました。

金が底をつき、無銭飲食をしてしまった矢作。

「独立して半年も持たずにこのざまだよ…」とぼやきます。

 

ちむどんどん98話ネタバレ|矢作に依頼する暢子

暢子は「私の沖縄料理の店で働きませんか?」と尋ねます。

妊娠していることもあり、お店を任せられる人を雇う必要があることを伝える暢子。

イタリア料理ではなく、沖縄料理の店を出すことを知った矢作はビックリます。

この話を周りで聞いていた「あまゆ」の店主はビックリ。

なぜなら、権利書を盗んだのも食い逃げをしたのも矢作だからです。

それでも暢子は矢作の腕を信じています。

矢作は「料理なんてもうこりごり!それに俺は料理人じゃない!」と言い「あまゆ」を出ていきました。

矢作を引き止める暢子。

矢作はお腹の子どもを大事にするよう言い残し、去って行きました。

 

ちむどんどん98話ネタバレ|井戸端会議で情報を得る

一方良子(川口春奈)は、給食のことで残業が続いていました。

仕入れ先など、どこから手を付けていいのかわからない良子。

優子(仲間由紀恵)に周りの理解を得られないことを相談。

そこへ新垣のおばぁ(きゃんひとみ)や近所のおばぁが野菜を持ってきてくれました。

おばぁたちは、島の野菜について誰よりも詳しく知っています。

「やんばるでもどんどん畑が減っているから…。やんばるで野菜を集めるのは難しいかもしれないね」とおばぁ。

しかし周りの人に相談すれば、様々な情報を得られます。

井戸端会議の大切さを優子から教わる良子。

 

ちむどんどん98話ネタバレ|良子の熱い気持ち

その後、野菜のことを善一(山路和弘)にも相談していた良子が共同売店を訪れます。

善一も知り合いの農家をあたってはくれましたが、すべて断られたと言います。

高齢化が進んだ農家では、学校へ野菜をおさめるのがどこも難しいのです。

それでも諦めたくない良子。

もっと子どもたちに、やんばるの野菜を知って食べてほしいと強く訴える良子のことを、安室のおばぁ(あめくみちこ)が店の外から見ていました。

 

ちむどんどん98話ネタバレ|安室のおばぁの助け

良子は、学校に夜遅くまで残って仕入れ先を探します。

そこへ、安室のおばぁがやってきました。

「親戚の友達が、給食用に野菜を提供してもいいと言ってくれている」と、おばぁが良子にメモを渡します。

「大事な給食をあんただけには任せられないからね」とおばぁ。

「あとはあんたの仕事だから、気が変わらないうちに早く連絡しなさい」と言い、おばぁは帰っていきます。

礼を述べる良子に、おばぁは「あんたのためじゃない。子どもたちのため」と言います。

良子は去っていくおばぁの背中に向かって、いつまでも頭を下げるのでした。

 

ちむどんどん98話ネタバレ|智の優しさ

取引先の料理店に野菜を運ぶ智(前田公輝)。

「知り合いにレコード歌手の卵がいるんですよ」と店主に売り込みます。

店で歌わせてほしいと頼むと、店主から金は出せないと言われました。

「お金なんて要りません。野菜をもっとサービスさせてもらいます!」と智。

その後、比嘉家にやって来た智は、歌を披露してほしいと歌子(上白石萌歌)に頼みます。

「取引先から歌ってほしいって頼まれてて…。どうしても断れないから頼む!」と嘘をつき、智は歌子の背中を押すのでした。

 

ちむどんどん98話ネタバレ|暢子の相談

夜になり、暢子がフォンターナを訪れ矢作のことを伝えます。

房子(原田美枝子)さえ承諾すれば、暢子は矢作に店を任せるつもりです。

しかし二ツ橋(高嶋政伸)は難色を示します。

家に帰った暢子は、和彦(宮沢氷魚)に改めて矢作に店を任せたいことを伝えました。

和彦は、「暢子が決めたことを僕は全力で応援するだけだよ」と言ってくれます。

 

ちむどんどん98話ネタバレまとめ

NHKの朝ドラ「ちむどんどん」第20週 「青いパパイアを探しに」98話のネタバレあらすじをお届けしてきました。

ちむどんどん98話では、矢作が食い逃げをするまで追い詰められていることを知る暢子。

自分の店で働いていほしいと頼みますが、矢作に断られてしまいます。

それでも諦めない暢子は、矢作に店を任せることに。

今後のちむどんどんの展開も気になりますね。

以上、「【ちむどんどん98話ネタバレ】井戸端会議の重要性」と題してお届けしました。