ちむどんどん

【ちむどんどん95話ネタバレ】東洋新聞を去る和彦

【ちむどんどんネタバレプラス19週あらすじ95話】開店早々店が潰れる?

NHKの朝ドラ「ちむどんどん」第19週 「愛と旅立ちのモーウイ」2022年8月19日に初回放送された95話のネタバレあらすじをお届けしていきます。

朝ドラちむどんどん94話では、黒岩(木村了)に渡した金は戻らず、暢子(黒島結菜)は店を出すことを諦めます。

しかし金は博夫(山田裕貴)が貸してくれることとなり、暢子は開店準備を進めることができました。

これからのちむどんどんの展開はどうなっていくのでしょうか?

今回は「【ちむどんどん95話ネタバレ】開店早々店が潰れる!?」と題してお届けします。

>>朝ドラ最新話ネタバレ<<

 

ちむどんどん95話ネタバレ考察

今後のちむどんどんはどうなっていくのでしょうか。

感想や今後の考えられる展開を紹介していきます。

 

ちむどんどん95話ネタバレ考察|店を潰す暢子

これまでイタリア料理の修業を7年も積んできた暢子。

イタリア料理とはまったく別の沖縄料理店を繁盛させられるのか気になるところです。

房子(原田美枝子)もこれまで様々な店を出してはダメにしてきたようで、暢子が初めて出した店で成功させられる可能性は低いのでは?と考えます。

房子からは、一切援助はしないと言われていましたね。

開店早々は知り合いが来てくれるでしょう。

しかし知り合い以外の客が店に来ないため、暢子は店を潰してしまうのだろうと思います。

 

ちむどんどん95話ネタバレ考察|沖縄に戻る?

店を出したものの経営が上手くいかない暢子は、沖縄に戻るのではないでしょうか?

真面目に働いた賢秀がお金を援助してくれればいいのですが、その望みは少なそうです。

和彦も新聞社を辞めてフリーとなり、沖縄についてもっと調べたいと思っています。

そうなれば、二人で沖縄に移住するのではないかと考えました。

実家に住めば家賃はタダ。

何とか二人が暮らしていくぐらいのお金は、和彦が持っているでしょう。

沖縄での第三の人生が始まる予感に、ちむどんどんしています!

 

ちむどんどん95話ネタバレ考察|ツイッターでの反応は?

ちむどんどん94話のツイッターでの反応は以下の通りです。

 

ちむどんどん95話ネタバレ

朝ドラちむどんどん95話のネタバレあらすじを紹介していきます。

ネタバレですので、まだご覧になっていない方はご注意ください。

 

ちむどんどん95話ネタバレ|ちむどんどん

東京の杉並にある物件を借りた暢子(黒島結菜)。

今日からここが暢子の店です。

暢子はちむどんどんが止まりません。

「オーナー、うかれている場合じゃありませんよ」と和彦(宮沢氷魚)。

店の名前やどんな店にしたいかなど、決めないといけないことが山ほどあります。

しばらく考えた暢子は、店の名前を「ちむどんどん」に決めました。

 

ちむどんどん95話ネタバレ|お祝い

暢子と和彦の門出をみんなでお祝いします。

「あまゆ」には、三郎(片岡鶴太郎)や多江(長野里美)、智(前田公輝)など大勢の人たちが来てくれました。

店のオープンがいつになるのか聞かれる暢子。

8月の初めごろには店を開店できる予定だと伝えます。

そこへ、田良島(山中崇)から電話が掛かってきました。

和彦が東洋新聞を首になるかもしれないと言うのです。

 

ちむどんどん95話ネタバレ|かばってくれた田良島

翌日出勤した和彦は、局長から賢秀(竜星涼)の件について問いただされます。

黒岩(木村了)の仲間を突き飛ばしたことを認める和彦。

局長は、「責任をとって退職届を出せ!」と迫ります。

すると田良島が、自分が辞めると言い出しました。

暢子の開店もあり、和彦が無職になるわけにはいかないとかばってくれた田良島。

その夜、和彦が退職願いを書きます。

そこへ暢子が帰ってきました。

和彦は新聞社を辞めることを伝えます。

すべては賢秀のせいです。

暢子が謝ると、和彦が「賢秀も暢子も大事な家族の一人。後悔してないよ」と言ってくれました。

 

ちむどんどん95話ネタバレ|心を入れ替えた賢秀

その頃、まじめに養豚場で働いていた賢秀。

彼は、生まれ変わってまじめに生きていくと決めたのです。

「ここで一生、一緒に働かせてください!」と経営者の娘・猪野清恵(佐津川愛美)に言います。

すると清恵は、プロポーズされたのだと勘違い。

やんばるでは、優子(仲間由紀恵)と畑で野菜を収穫する晴海がいました。

とれたての野菜を晴海が一口食べて「美味しい」と言います。

自分が育てた野菜を食べて喜ぶ晴海。

あれだけ野菜嫌いだった晴海が、すっかり克服したのを見た良子(川口春奈)は、いいことを思いつきます。

 

ちむどんどん95話ネタバレ|東洋新聞を退職

東洋新聞を去る和彦。

みんなの前で別れの挨拶をします。

この日は、暢子も田良島に別れの挨拶をするためついてきていました。

和彦は、ずいぶんと世話になった田良島に別れの挨拶をします。

しかし田良島は、ずっと背中を向けたままです。

「ちょくちょく顔を出せよ」と田良島。

しかし上層部は、田良島にも目をつけています。

自分とは関わらないほうがいいと言う和彦に、「関係ないなんて言うな…」と田良島は涙。

和彦は優しい田良島に、改めて感謝するのでした。

 

ちむどんどん95話ネタバレ|胃がムカムカ

開店まであと二か月となりました。

和彦と暢子は、不安を抱えながらも店の二階で暮らし始めます。

無職となった和彦のことを、暢子は申し訳なく思います。

しかしいずれはフリーになるつもりだった和彦。

暢子は「和彦君と結婚して本当によかった」と言います。

そんな暢子は、胃のあたりがムカムカ。

急に倒れ込んでしまうのでした。

 

ちむどんどん95話ネタバレまとめ

NHKの朝ドラ「ちむどんどん」第19週 「愛と旅立ちのモーウイ」95話のネタバレあらすじをお届けしてきました。

ちむどんどん95話では、開店まであと2か月です。

そんな時に暢子は胃がムカムカするのを感じました。

倒れ込む暢子を心配する和彦。

今後のちむどんどんの展開も気になりますね。

以上、「【ちむどんどん95話ネタバレ】東洋新聞を去る和彦」と題してお届けしました。