ちむどんどん

【ちむどんどん88話ネタバレ】しいちゃんと呼んでくださる?

【ちむどんどんネタバレプラス18週あらすじ88話】歌子のカセットテープ

NHKの朝ドラ「ちむどんどん」第18週 「しあわせのアンダンス―」2022年8月10日に初回放送された88話のネタバレあらすじをお届けしていきます。

朝ドラちむどんどん87話では、良子(川口春奈)と賢秀(竜星涼)が青柳家を訪れ、重子(鈴木保奈美)を必死に説得します。

そんなこととは全く知らない暢子(黒島結菜)は、翌日の重子に出す料理を考えており…。

これからのちむどんどんの展開はどうなっていくのでしょうか?

今回は「【ちむどんどん88話ネタバレ】歌子のカセットテープ」と題してお届けします。

>>ちむどんどん最新話ネタバレ<<

 

ちむどんどん88話ネタバレ考察

今後のちむどんどんはどうなっていくのでしょうか。

感想や今後の考えられる展開を紹介していきます。

 

ちむどんどん88話ネタバレ考察|房子の思惑

重子(鈴木保奈美)に美味しくない料理を出すことを提案する房子(原田美枝子)。

「料理はおいしいだけじゃない。忘れていた思い出を呼び起こすものでもある」と、房子は語っていました。

これはどういうことでしょうか?

何か房子は知っているのかもしれませんね。

美味しくないものを食べて、重子が何を思い出すのか?

和彦(宮沢氷魚)は、楽しかった家族での昔の思い出が一つだけあると言っていました。

きっとそれと関連しているのだと思います。

美味しくないものを食べた時の重子の表情が見ものです。

 

ちむどんどん88話ネタバレ考察|もう一度説得へ

案の定、賢秀(竜星涼)が青柳家にやって来ましたね。

良子(川口春奈)も賢秀も、重子の説得に失敗。

重子を余計に怒らせてしまいました。

深く反省する二人は、青柳家の前から動けずにいます。

二人のことです、もう一度重子を説得するために家に乗り込むかもしれません。

そして警察を呼ばれる…。

そんな可能性が捨てきれません。

でもその前に、家に入ることを波子(円城寺あや)が止めるでしょうね。

 

ちむどんどん88話ネタバレ考察|カセットテープ

良子が重子に渡した歌子(上白石萌歌)のカセットテープですが、これが鍵を握っていそうです。

歌子は何の歌を録音したのか?

もしかすると、メッセージ入りかもしれません。

恥ずかしがり屋の歌子は、直接重子を説得できなくても、カセットテープに想いを込めて何か伝えるつもりのようです。

重子がそれを聞いて、改心すると願っています。

 

ちむどんどん88話ネタバレ考察|ツイッターでの反応は?

ちむどんどん87話のツイッターでの反応は以下の通りです。

 

ちむどんどん88話ネタバレ

朝ドラちむどんどん88話のネタバレあらすじを紹介していきます。

ネタバレですので、まだご覧になっていない方はご注意ください。

 

ちむどんどん88話ネタバレ|歌子のカセットテープ

歌子(上白石萌歌)のカセットテープを聴く重子(鈴木保奈美)。

「初めまして歌子です。姉と和彦さんを結婚させてください」

そう言って、歌子が三線を弾きながら歌います。

まだまだつたない演奏です。

すると優子(仲間由紀恵)の「何してるの?」という声が聞こえました。

必死で録音を隠そうとする歌子。

そんな二人のやり取りが聞こえ、重子はテープを止めます。

横で聴いていたお手伝いの波子(円城寺あや)は、「暢子さんの家族は、愉快な人ばかりですね」と笑っています。

重子は「同居したいなんて言いだして…」と遠くを見つめるのでした。

 

ちむどんどん88話ネタバレ|フォンターナにやってきた重子

翌日、重子がフォンターナにやって来ます。

房子(原田美枝子)と暢子(黒島結菜)の二人で出迎えました。

店には客が一人もいません。

重子のために、特別に貸しきにしたのです。

暢子が料理を運びます。

一口食べた和彦(宮沢氷魚)は、いつもちは違う味にびっくりします。

次にミネストローネが運ばれてきました。

エビの頭が入っていて、重子も和彦も首をひねります。

メインの肉は鯨で、「まさか…」とつぶやく重子。

暢子は、次にお寿司を持ってきました。

おからで作ったものです。

 

ちむどんどん88話ネタバレ|闇市の味

重子が、恐る恐るお寿司を食べます。

一口食べて、その味を懐かしむ重子。

戦後の闇市の味を思い出します。

房子は、終戦直後に闇市で出されていた料理だと説明。

戦後の日本は食料がなく、苦肉の策で生まれた料理に暢子がアレンジを加えて、重子たちへ提供しました。

 

ちむどんどん88話ネタバレ|幸せだった頃

重子は戦後のことを思い出します。

史彦(戸次重幸)が戦争から生きて帰った日、本当にうれしかった重子。

親同士が決めた相手で、好きではないと思っていた重子ですが、史彦の帰還を喜ぶ自分の気持ちに驚きます。

戦後、誰しもがお腹を空かせていました。

しかし闇市に行けば、まだ食料が手に入りました。

そんな時、和彦が生まれます。

闇市はマーケットと名を変えて、和彦と史彦、重子の三人でよく訪れました。

「今考えるとおいしくない料理だった。それでも、あの頃はそれが美味しかったの…」と重子。

 

ちむどんどん88話ネタバレ|重子の心

生活が豊かになるにつれて、史彦との言い争いが増えました。

「戦時中も戦後の物がない時代も大嫌い。でもあの頃が一番幸せだったのかもしれない」と重子は感じています。

初めて重子から聞く話に、和彦は何も言えません。

その後、静かにお寿司を食べる二人。

特別美味しくはない料理ですが、二人は完食しました。

 

ちむどんどん88話ネタバレ|しいちゃん

暢子は、自分を信じられなくなり、和彦を不幸にするのではと悩んだことを打ち明けます。

そんな暢子を思いとどまらせてくれたのが、良子(川口春奈)でした。

和彦に自分はふさわしくはないかもしれません。

しかし自分を信じていくれている家族は誇りだと暢子。

フォンターナのみんなも宝物で、思い出は一番の宝物だと教えてくれたのが、史彦だったと暢子が話します。

すると重子が「披露宴はイタリア料理でお願いしますね。あと沖縄料理も。結婚は来年の春でしたね?」と言います。

驚く暢子をよそに、「これからは、しいちゃんと呼んでくださる?」と重子。

「私、孫ができてもおばあちゃんと呼ばれたくないの」と話す重子が、暢子に笑顔を見せます。

こうして暢子と和彦との結婚が認められたのでした。

 

ちむどんどん88話ネタバレまとめ

NHKの朝ドラ「ちむどんどん」第18週 「しあわせのアンダンス―」88話のネタバレあらすじをお届けしてきました。

ちむどんどん88話では、食料がない時代のことを思い出した重子。

生活は豊かになっても、心が貧しかったことを思い知ります。

重子は、ついに暢子と和彦との結婚を認めてくれました。

今後のちむどんどんの展開も気になりますね。

以上、「【ちむどんどん88話ネタバレ】しいちゃんと呼んでくださる?」と題してお届けしました。