ちむどんどん

【ちむどんどん42話ネタバレ】房子と暢子の関係

【ちむどんどんネタバレあらすじ42話】房子と暢子の関係

NHKの朝ドラ「ちむどんどん」第9週 「てびち!てびち!てびち!!」2022年6月7日に初回放送された42話のネタバレあらすじをお届けしていきます。

朝ドラちむどんどん41話では、房子(原田美枝子)から「ある店を軌道にのせるために手伝ってほしい」と頼まれる暢子(黒島結菜)。

喜んでその店へ向かう暢子ですが、指定された場所にあったのはおでんの屋台で…。

これからのちむどんどんの展開はどうなっていくのでしょうか?

今回は「【ちむどんどん42話ネタバレ】房子と暢子の関係」と題してお届けします。

>>ちむどんどん最新話ネタバレ<<

 

ちむどんどん42話ネタバレ

朝ドラちむどんどん42話のネタバレあらすじを紹介していきます。

ネタバレですので、まだご覧になっていない方はご注意ください。

 

ちむどんどん42話ネタバレ|初めておでんを食べる暢子

房子(原田美枝子)に命じられてとある飲食店の立て直しにでむく暢子(黒島結菜)。

房子から指示された場所に向かうと、そこには古びたおでんの屋台がありました。

暢子は屋台の店主・安孫子ヨシ(大島蓉子)に屋台を始めた理由を訪ねます。

オイルショックのあおりで息子の職場が潰れ、おでんなら簡単にできると思って始めたヨシですが、そう簡単にはいきませんでした。

房子からは店を黒字にするよう言われている暢子ですが、生まれてこの方おでんを一度も食べたことがありません。

ヨシは驚き、おでんのことを暢子に説明します。

さっそく味見させてもらう暢子。

味が染みてておいしいのですが、どうして売れないのか暢子にはわかりません。

すると帰り支度を始めるヨシ。

「詳しいやり方はノートに書いてあるから」と言って、ヨシはさっさと帰っていくのでした。

 

ちむどんどん42話ネタバレ|房子とは親戚関係?

翌日、暢子は三郎の妻・多江(長野里美)からおでんの作り方を教わります。

多江の作ったおでんも美味しく、そのまま屋台で出せそうな味です。

しかし家庭の味と屋台の味では変えたほうがいいと多江からアドバイスされる暢子。

そこへ雑誌を握りしめた賢秀(竜星涼)がやってきます。

以前、レストラン「アッラ・フォンターナ」が雑誌の取材を受けたことがありました。

暢子の写真も載っています。

やんばるの母・優子(仲間由紀恵)も歌子(上白石萌歌)とその雑誌を眺めていました。

その時、優子は房子の名を見て驚きます。

優子は急いで暢子に電話し、房子が賢三(大森南朋)のおばだと教えました。

賢三が亡くなってすぐ、東京にいる遠い親戚が比嘉家の子どものうちの一人を引き取ってもいいという話がありました。

結局誰も東京へ行くことはなかったのですが、その時の人物が房子です。

房子と親戚関係にあることを知った賢秀は、子どもがいない彼女がいなくなれば、レストランは暢子のものになると嬉しそうです。

しかし暢子はそんなことに興味がありません。

房子の期待に応えるためにも、これまで以上に頑張らないといけないと思う暢子でした。

 

ちむどんどん42話ネタバレ|和彦と賢秀の再会

イタリア風おでんを作った暢子は、和彦(宮沢氷魚)や愛(飯豊まりえ)、田良島(山中崇)に試食してもらいます。

愛は美味しいと言いますが、何か違うという顔をする和彦と田良島。

そこへ賢秀がやってきました。

屋台の近くで紅茶豆腐を売れば、一石二鳥だと考える賢秀。

そんな相変わらずの賢秀を見て、和彦は久しぶりの再会に喜びます。

賢秀は紅茶豆腐を和彦に見せます。

すると「胡散臭い」と言われました。

そこへ、中年男性二人がやってきます。

また客がやってきて、この日は屋台に人が集まりました。

 

ちむどんどん42話ネタバレ|窮地に立たされる暢子

客が帰ると、房子がやって来ます。

暢子は房子のことを「おばさん!」と呼び、優子から聞いた話をしました。

房子は「血のつながりなど一切関係ない。料理人としての腕だけだよ」と言います。

暢子はさっそく作ったおでんを房子に食べてもらいました。

房子は一口食べて何も言わず帰っていきます。

翌日、暢子は賢秀を連れてレストラン「アッラ・フォンターナ」にやってきました。

賢秀は房子に「この紅茶豆腐を店に置いてください」と頼みます。

しかし房子は賢秀のことなど無視して、暢子に「ここで何してるの?」と尋ねます。

「帰ってすぐに仕込みをします」と言う暢子に、房子は「客足はすぐ途絶えるわ」と言いました。

暢子が理由を尋ねると、「自分で考えなさい」と言い放つ房子。

「屋台を立て直すことができなければクビ」と言われ、またもや窮地に立たされる暢子なのでした。

 

ちむどんどん42話ネタバレの感想考察

ついに暢子と房子との関係が明らかになりました。

やはり房子は暢子の大おばさんだったようです。

しかし房子は血のつながりなど関係なく暢子を雇ったのでしょう。

暢子も今まで通り親戚だからといって甘えることなく、まっすぐに料理人として精進してほしいです。

それにしても、おでんは奥が深そうです。

イタリア風のおでんは、目新しいかもしれませんが一度食べると飽きるのではないでしょうか?

毎日でも食べたくなるような味にしないと、客は飽きて二度と来てくれなくなってしまいます。

暢子はこれからどうするのか楽しみですね。

 

ちむどんどん42話ネタバレのツイッターの反応は?

ちむどんどん42話のツイッターでの反応は以下の通りです。

 

ちむどんどん42話ネタバレまとめ

NHKの朝ドラ「ちむどんどん」第9週 「てびち!てびち!てびち!!」42話のネタバレあらすじをお届けしてきました。

ちむどんどん42話では、おでんの屋台を任された暢子。

房子とは親戚関係にあるとわかり、俄然やる気が出る暢子ですが、房子からは「もし店を繁盛させられなければクビ」と言われます。

一方大金持ちの房子と血がつながっていると知った賢秀が、よからぬことを思いつきそうでどうなることやら…。

今後のちむどんどんの展開も気になりますね。

以上、「【ちむどんどん42話ネタバレ】房子と暢子の関係」と題してお届けしました。