ちむどんどん

【ちむどんどん121話ネタバレ25週あらすじ】食堂を開きたい!

【ちむどんどん121話ネタバレ25週あらすじ】マモルちゃんは何者?

NHKの朝ドラ「ちむどんどん」第25週 「やんばる!ちむどんどん!」2022年9月26日に初回放送された121話のネタバレあらすじをお届けしていきます。

朝ドラちむどんどん120話では、暢子(黒島結菜)や和彦(宮沢氷魚)の送別会が「ちむどんどん」で開かれます。

暢子は送別会に来なかった房子(原田美枝子)に会いに、フォンターナへ行きました。

房子から、これからも料理人として精進するよう言われる暢子。

これからのちむどんどんの展開はどうなっていくのでしょうか?

今回は「【ちむどんどん121話ネタバレ25週あらすじ】マモルちゃんは何者?」と題してお届けします。

>>朝ドラ最新話ネタバレ<<

 

ちむどんどん121話ネタバレ25週あらすじ考察

今後のちむどんどんはどうなっていくのでしょうか。

感想や今後の考えられる展開を紹介していきます。

 

ちむどんどん121話ネタバレ25週あらすじ考察|房子が沖縄にやって来た!

相変わらずツンデレな房子(原田美枝子)。

最後の最後までその精神を貫き通していましたね。

そんな房子は「絶対に沖縄には行かない!」とか言ってましたが、絶対に暢子(黒島結菜)に会いに行くのでしょう。

次週は最終回。

みんなが沖縄に集まって、めでたしめでたしで終わるのかと考えます。

 

ちむどんどん121話ネタバレ25週あらすじ考察|最終回は…

智と歌子の結婚式は、沖縄であげるでしょうね。

その時に、清江(佐津川愛美)のお腹の子どもは産まれていると思います。

清江と子どもと賢秀(竜星涼)の三人でやんばるに帰ってくるでしょう。

そして比嘉家勢ぞろいで歌子の結婚を祝う。

これが最終回になるのかと思います。

 

ちむどんどん121話ネタバレ25週あらすじ考察|沖縄で店を出す

沖縄に戻った暢子は、畑を耕しながら店を出すつもりでしょうか?

店はやんばるで?それとも那覇で出すのでしょうか?

やんばるで出しても客は知り合いばかりでしょう。

それに外食する文化がなければ、店も繁盛しない気がします。

どこで店を出すかはよく考えたほうがいいかもしれませんね。

 

ちむどんどん121話ネタバレ25週あらすじ考察|ツイッターでの反応は?

ちむどんどん120話のツイッターでの反応は以下の通りです。

 

ちむどんどん121話ネタバレ25週あらすじ

朝ドラちむどんどん121話のネタバレあらすじを紹介していきます。

ネタバレですので、まだご覧になっていない方はご注意ください。

 

ちむどんどん121話ネタバレ25週あらすじ|やんばる移住

和彦(宮沢氷魚)や健彦らとやんばるに移り住んだ暢子(黒島結菜)。

1985年5月、やんばるに来て一年が過ぎました。

暢子は毎日のように畑にやって来ます。

村のおばぁたちは、様々な畑の知恵を持っています。

それを聞いて、メモを取る暢子。

 

ちむどんどん121話ネタバレ25週あらすじ|沖縄での暮らし

小学校へ通う健彦は、すっかり沖縄に慣れたようです。

暢子たちは実家の比嘉家で暮らしています。

智(前田公輝)と結婚した歌子(上白石萌歌)は家を出ましたが、たまに良子の家族も集まって食事をしています。

智の会社は順調。

歌子は歌を続けながら、砂川豆腐を手伝っています。

 

ちむどんどん121話ネタバレ25週あらすじ|近況報告

賢秀(竜星涼)のところは子どもが生まれました。

毎日幸せそうです。

「ちむどんどん」を引き継いだ矢作(井之脇海)。

彼の妻も店を手伝い、順調なようです。

暢子は、矢作に店を任せて本当に良かったと思っています。

和彦は、東京に送る原稿を書きながら沖縄のことを調べています。

自給自足の生活なので、ほとんどお金を使わない暮らしです。

 

ちむどんどん121話ネタバレ25週あらすじ|房子への手紙

暢子は房子(原田美枝子)へ手紙を送ります。

自分がどのように暮らしているのか、家族の近況などを報告する暢子。

やんばるに帰る前、暢子は房子と約束しました。

いつか沖縄に来てほしいと暢子は房子に言ったのですが、まだ房子とは再会できていません。

「いつ沖縄に来ますか?」

気になる暢子は手紙にそのことを書き、「この島で待っているので、会いに来てほしい」と書きました。

 

ちむどんどん121話ネタバレ25週あらすじ|郷土料理

やんばるに帰ってから、暢子は毎週日曜日に郷土料理の勉強会を開いています。

パパイヤの漬物やジュージーなどを作る暢子。

まだまだ知らないことがいっぱいあります。

この味を次の世代に繋げていきたいと思っている暢子。

おばぁたちに「こういうのを食べられるお店がないから懐かしい」と言われ、暢子の中で何かがひらめきます。

暢子は、やんばるで食堂を開きたいと思いました。

もっとみんなに郷土料理を食べてもらいたいと思う暢子。

しかしいい方法が見つかりません。

 

ちむどんどん121話ネタバレ25週あらすじ|食堂

その夜、和彦が優子(仲間由紀恵)に昔のことを尋ねます。

その話を聞いた暢子は、「それだ!」と思いつきます。

家で食堂をやりたいと言い出す暢子。

優子は「面白そうだね」と言ってくれます。

暢子はこのことを良子や歌子、智にも伝えました。

庭にテーブルなどを出して食堂を作る予定です。

資材の調達は善一(山路和弘)に頼みました。

するとみんなが協力してくれて、資材がすぐに運ばれてきます。

こうしてやんばるで新たな夢に向かって動き出した暢子。

 

ちむどんどん121話ネタバレ25週あらすじ|房子がやんばるにやってきた

そんなある日、房子がやんばるにやってきました。

房子との再会を心待ちにしていた暢子は大喜び。

昔と変わらず元気な暢子の姿を見て、房子は「相変わらずね」と言います。

沖縄の海を見た房子は「綺麗…」とため息をつきます。

この時暢子は知りませんが、房子は大事な話があって沖縄にやって来たのでした。

 

ちむどんどん121話ネタバレ25週あらすじまとめ

NHKの朝ドラ「ちむどんどん」第25週 「やんばる!ちむどんどん!」121話のネタバレあらすじをお届けしてきました。

ちむどんどん121話では、やんばるへ移り住んで一年が経ちました。

暢子は食堂を開くという夢を見つけます。

そんな時に房子がやって来て…。

今後のちむどんどんの展開も気になりますね。

以上、「【ちむどんどん121話ネタバレ25週あらすじ】食堂を開きたい!」と題してお伝えしまし