ちむどんどん

【ちむどんどん111話ネタバレ】清江が店で働く?

【ちむどんどん111話ネタバレ】清江が店で働く?

NHKの朝ドラ「ちむどんどん」第23週 「にんじんしりしりーは突然に」2022年9月12日に初回放送された111話のネタバレあらすじをお届けしていきます。

朝ドラちむどんどん110話では、優子(仲間由紀恵)が作った料理を食べた暢子(黒島結菜)は、店を再開に導くヒントを得ます。

そして再オープンの日を12月1日した暢子は…。

これからのちむどんどんの展開はどうなっていくのでしょうか?

今回は「【ちむどんどん111話ネタバレ】清江が店で働く?」と題してお届けします。

>>朝ドラ最新話ネタバレ<<

 

目次

ちむどんどん111話ネタバレ考察

今後のちむどんどんはどうなっていくのでしょうか。

感想や今後の考えられる展開を紹介していきます。

 

ちむどんどん111話ネタバレ考察|清江が「ちむどんどん」で働く

突然「ちむどんどん」にやってきた清江(佐津川愛美)。

もしかすると、スナックから逃げてきたのでしょうか?

スナックのママから、悪い男が清江を探しているので気を付けるように言われていました。

別れた元夫・涌井がまだ自分を探しているのだと勘違いした清江は、「ちむどんどん」で働かせてほしいと頼むのかと思います。

そして賢秀(竜星涼)と再会。

いつも奇跡が起こってばかりなので、こんなことがあっても全くおかしくないと思いました。

 

ちむどんどん111話ネタバレ考察|ツンデレな矢作

給料の支払いが少しでも滞れば店を辞めると豪語する矢作(井之脇海)。

しかし最近の彼は、ちょっぴり優しい面を覗かせたりもしています。

基本彼はツンデレなのでしょうか?

もしかすると、このまま給料が払われなくても店に残るのではないでしょうか?

食欲のない落ち込む暢子を、一番支えるのが矢作なのではないかと考えました。

 

ちむどんどん111話ネタバレ考察|矢作との別れ

ついに「ちむどんどん」を閉めることにした暢子。

そうなると、矢作はどうなるのでしょうか?

もちろん店を閉めているので給料は出ないと思います。

そもそもお給料を払えないから、お店を閉めるんですけど…。

矢作とはここまでなのでしょうか?

必死に暢子が説得して、沖縄料理も覚えてもらったのに、もったいない気もします。

店が再び繁盛して、その後に矢作が戻ってきてくれればいいのですが、彼にも家庭があります。

矢作との別れがもうすぐなのかと寂しく感じました。

 

ちむどんどん111話ネタバレ考察|去っていく矢作

「矢作さんにはやっぱり辞めてもらわないと…」と、和彦と暢子が話すのを偶然聞いてしまった矢作。

ショックだったでしょうね。

これまでの彼なら、嫌味の一つでも言っていたと思います。

しかし黙ってその場を去って行った矢作。

このまま彼はまた姿を消すのではないでしょうか?

自分のせいだと落ち込む暢子。

店を何が何でも再建して、矢作を探すのかと思いました。

 

ちむどんどん111話ネタバレ考察|猪野養豚場から豚を仕入れる

暢子は豚を沖縄から仕入れているようです。

しかし自分の兄が養豚場で働いていることを知れば、きっと暢子は頼るでしょう。

だから賢秀はずっと養豚場で働いていることを黙っていたんですね!

ずっと謎だったことがようやく解けました。

仕入れ値が高い豚をどうしようか悩む暢子が、偶然賢秀が養豚場で働いていることを知る。

しかもその養豚場で育てられた豚は最高級のもので、暢子が求める豚だった。

暢子はすぐに猪野養豚場と契約を結ぶ。

きっとこんな流れだろうと思います!

 

ちむどんどん111話ネタバレ考察|重子のアドバイスにいつ気付ける?

ついに赤字となってしまった「ちむどんどん」。

重子(鈴木保奈美)の言葉がヒントになると思うのですが、暢子は気付いているでしょうか?

暢子は、店の看板メニューでもある沖縄そばを、万人受けする味付けに改良してしまいました。

それがダメだったようです。

沖縄料理を期待して食べに来た人からすれば、期待外れとなってしまいます。

暢子は、自分がどんなミスを犯したのか気付くことができるでしょうか?

重子がナイスなコメントをくれていることに、いつ気が付くのか気になりますね。

 

ちむどんどん111話ネタバレ考察|房子の不在は伏線?

試食会には参加できなかった房子(原田美枝子)。

きっとこれは何かの伏線だと思います。

店がオープンして最初は、物珍しさから客が来ると思います。

しかししばらくすると客足がぱったりと途絶える。

ここで初めて店の料理を食べた房子が、あるアドバイスを暢子にする。

すると店に客が戻ってくる。

こんな風になるための伏線なのでは?と考えました。

 

ちむどんどん111話ネタバレ考察|豚のフルコース

房子と猪野の話を聞いた暢子は、何か掴めそうだと言っていました。

暢子はどんなことを思いつくのか?

豚の話を聞いた暢子は、頭の先から尻尾の先まで捨てることのない豚の、フルコースを出すお店にするのではないでしょうか?

命の恵みに感謝しながらいただくお店「ちむどんどん」。

一風変わったお店は瞬く間に人気となり、繁盛するのでは?と思いました。

 

ちむどんどん111話ネタバレ考察|ロマンチックな展開

涌井が養豚場に来たことで、深く傷つく清江。

トラウマのような感じになっているので、涌井を見た清江は養豚場を去るのかと考えます。

しかし行く当てもない彼女は、鶴見へとやってくる。

そして鶴見の三郎に拾われて、賢秀とまたまた偶然の再会を果たす。

ずっと清江を探していた賢秀が、清江との結婚を決意する。

こんなロマンチックな展開が待ち受けていると思うと、ちむどんどんしますね!

 

ちむどんどん111話ネタバレ考察|うまんちゅ給食失敗

第一回うまんちゅ給食は、失敗に終わりました。

二回目のうまんちゅ給食は何とかうまくいったようですが、この先ずっと子どもが喜んで野菜を食べてくれるとは思えません。

「何かあれば、責任はすべて良子先生にとってもらいます」と校長先生からも言われていました。

良子の立場が危ういです。

安室のおばぁも頑張ってくれていますが、野菜嫌いの子どもをすぐに野菜好きにするのは難しすぎます。

このままうまんちゅ給食が消え去っていく日も、遠くないのかと思いました。

 

ちむどんどん111話ネタバレ考察|学校に畑を作る

子ども達の野菜嫌いをなおすために奮闘する良子。

うまんちゅ給食は失敗に終わり、この先どうするかを考えないといけません。

そんな時に、良子は娘・晴海が野菜嫌いを克服した時のことを思い出すのではないでしょうか?

優子と畑で野菜を一緒に育てることで、野菜が食べれるようになった晴海。

学校の子ども達にも、同じことをするのでは?と考えます。

自分たちの手で大事に育てた野菜。

スーパーで買った野菜や給食で出されるものとは、また違った味がするでしょう。

食育の大切さが子供たちに伝わればいいですね。

 

ちむどんどん111話ネタバレ考察|ツイッターでの反応は?

ちむどんどん110話のツイッターでの反応は以下の通りです。

 

ちむどんどん111話ネタバレ

朝ドラちむどんどん111話のネタバレあらすじを紹介していきます。

ネタバレですので、まだご覧になっていない方はご注意ください。

 

ちむどんどん111話ネタバレ|皮つき肉

スナックのママに頼まれ、角煮用の豚肉を買ってくるよう頼まれる清江(佐津川愛美)。

皮つき肉の豚肉で作った角煮は絶品で、その肉を買って来てほしいと言われます。

賢秀(竜星涼)の提案で、猪野養豚場では当時としては珍しい皮つき肉を卸していました。

買い物帰り、清江は「ちむどんどん」の看板を目にして立ち止まります。

実は以前、賢秀から「ちむどんどん」の話を聞いていた清江。

 

ちむどんどん111話ネタバレ|豚肉

その頃、暢子(黒島結菜)は試作の沖縄そばを歌子(上白石萌歌)と矢作(井之脇海)に食べてもらっていました。

美味しいのですが、何か物足りなさを感じます。

歌子が、「豚肉かな?」と言います。

同じことを思っていた暢子。

そこへ清江が店に入ってきます。

 

ちむどんどん111話ネタバレ|清江が来店

店が休業中だと知った清江は出ていこうとします。

暢子は清江を引き止め、料理の感想を聞かせてほしいと頼みました。

清江は、歌子と暢子のことを賢秀から話を聞いて知っています。

しかしそのことを悟られないよう、適当な嘘をつく清江。

清江が賢秀の知り合いとは思わない暢子と歌子が、自分たちには風来坊の兄がいると話をします。

 

ちむどんどん111話ネタバレ|ついに「ちむどんどん」を見つけた賢秀

店の前には賢秀の姿がありました。

ついに、暢子の店「ちむどんどん」を見つけた賢秀。

さっそく店に入ろうとします。

そこへ智(前田公輝)がやってきました。

賢秀には店が休業中のことは内緒です。

バレてはいけないと、店に入ろうとする賢秀を必死で引き止める智。

 

ちむどんどん111話ネタバレ|嘘をつく智

智は、他の店で食事をとろうと賢秀を誘います。

しかしあまりにも不自然な智に、何かあると勘付く賢秀。

智は、賢秀のサプライズ誕生会の打ち合わせを店でしている最中だと説明。

サプライズの意味がなくなってしまうので、店には絶対入ってはいけないと嘘をつきます。

しかし賢秀の誕生日は3か月前に終わっています。

「だからサプライズなんだよ」と、智は必死で嘘をつくのでした。

 

ちむどんどん111話ネタバレ|清江のアドバイス

にんじんしりしりーや沖縄そば、ラフテーにフ―チャンプルなどを完食する清江。

暢子は、出汁の味付け等どうだったか感想を尋ねます。

「どれも美味しかった」と答える清江に、暢子は不満な点はないかと聞きました。

清江は「しいていえば豚肉」と言います。

暢子も矢作も「やっぱり豚肉か…」と落ち込みます。

 

ちむどんどん111話ネタバレ|リリー

清江は、持っていた豚肉を暢子に渡します。

「知り合いの養豚場の豚肉なの」と清江。

帰ろうとする清江に、暢子は名前を尋ねます。

しばらく沈黙があった後、「名前はリリー。近くの店で住み込みで働いているの」と清江は答えました。

暢子の料理を食べて元気が出たという清江。

暢子は「何かあったんですか?」と尋ねます。

清江は「大事な人を傷つけて落ち込んでたの」と説明し、店を出て行きました。

 

ちむどんどん111話ネタバレ|頭を抱える暢子

清江からも豚肉が美味しくなかったと指摘され、頭を抱える暢子。

沖縄からの皮つき肉は冷凍で、どうしても味を損ねてしまいます。

悩む暢子と矢作。

歌子は、清江がくれた豚肉の包みを開けます。

そこには、探し求めていた皮つき肉があるのでした。

 

ちむどんどん111話ネタバレ|リリーの店はどこ?

皮つき肉を使って早速ラフテーを作ります。

あまりのおいしさに矢作は「うっめー」と大絶賛。

すぐにでもこの豚肉を取り寄せたい暢子ですが、リリーから名前しか聞いていないことを思い出しました。

しかもリリーが本名ではなく、源氏名だと矢作から教えられる暢子。

リリーがどこの店で働いているか聞いておくべきだったと後悔していると、誰かが入ってきます。

みんな清江かと期待しますが、智でした。

興奮気味に暢子が皮つき肉のことを話ます。

しかし智はその話を制止し、「そんなことよりも、明日賢秀のどっきり誕生会をしない?」と提案。

 

ちむどんどん111話ネタバレ|清江を探して回る賢秀

夜になり、賢秀が一軒一軒スナックに清江のことを聞き込みにまわります。

清江が働くすぐ横の店に聞き込みに来ていた賢秀。

あまりにもしつこい為、店員から追い出されてしまいました。

それでもめげない賢秀は、次の店に清江を知らないか聞いてまわります。

そんなこととは知らない清江。

暢子に豚肉がどこで手に入るか教えてあげなかったことを思い出します。

 

ちむどんどん111話ネタバレ|鉢合わせ

翌日、「ちむどんどん」では賢秀の誕生日が開かれます。

そのため、店は貸し切りです。

清江が豚肉のことを教えるために「ちむどんどん」へやってきます。

「貸し切り」の貼り紙を見つける清江。

どうしようかと悩んでいると、賢秀とばったり鉢合わせします。

 

ちむどんどん111話ネタバレまとめ

NHKの朝ドラ「ちむどんどん」第23週 「にんじんしりしりーは突然に」111話のネタバレあらすじをお届けしてきました。

ちむどんどん111話では、「ちむどんどん」にやって来た清江から、皮つき肉をもらった暢子。

皮つき肉で作るラフテーは美味しく、どこで手に入るのか暢子は気になってしょうがありません。

今後のちむどんどんの展開も気になりますね。

以上、「【ちむどんどんネタバレプラス21週あらすじ111話】清江と賢秀が鉢合わせ」と題してお伝えしました。