ちむどんどん

【ちむどんどん108話ネタバレ】海から豚がやってきた!

【ちむどんどんネタバレプラス22週あらすじ108話】お腹の子どもは女の子で確定?

NHKの朝ドラ「ちむどんどん」第22週 「豚とニガナは海を越えて」2022年9月7日に初回放送された108話のネタバレあらすじをお届けしていきます。

朝ドラちむどんどん107話では、客が来なくなった「ちむどんどん」を一旦閉めることにした暢子(黒島結菜)。

一方賢秀(竜星涼)は、いなくなった清江(佐津川愛美)を探すのですが…。

これからのちむどんどんの展開はどうなっていくのでしょうか?

今回は「【ちむどんどん108話ネタバレ】お腹の子どもは女の子で確定!?」と題してお届けします。

>>朝ドラ最新話ネタバレ<<

 

ちむどんどん108話ネタバレ考察

今後のちむどんどんはどうなっていくのでしょうか。

感想や今後の考えられる展開を紹介していきます。

 

ちむどんどん108話ネタバレ考察|ツイッターでの反応は?

ちむどんどん107話のツイッターでの反応は以下の通りです。

 

ちむどんどん108話ネタバレ

朝ドラちむどんどん108話のネタバレあらすじを紹介していきます。

ネタバレですので、まだご覧になっていない方はご注意ください。

 

ちむどんどん108話ネタバレ|店を立て直す

和彦とも話し合い、店を一旦閉めることにした暢子(黒島結菜)。

まずは当たり前だと思っていたことから見直すことに。

出汁の味を研究します。

東京の人の舌にも合うように試行錯誤する暢子。

矢作(井之脇海)と二人三脚で店を立て直そうと必死です。

 

ちむどんどん108話ネタバレ|房子の帰国

その頃和彦(宮沢氷魚)は、落ち込んでいる暢子を励ます会を開くことを二ツ橋(高嶋政伸)に提案していました。

しかし暢子が気をつかうため、一応は房子(原田美枝子)の帰国を祝う会ということにします。

その後、イタリアから房子が帰国。

フォンターナを貸し切りにして、房子を祝う会が開かれました。

美味しそうな料理が運ばれてきます。

しかし暢子は食が進みません。

 

ちむどんどん108話ネタバレ|嫌われる矢作

暢子が店を閉めていることを知っている房子。

「最大の問題点は何だと思う?」と聞かれます。

暢子は考えますが、何がよくなかったのかわかりません。

そこへ、矢作がやって来ました。

二ツ橋が呼んだのです。

矢作は、まずは料理人たちに謝ります。

しかし料理人たちは総スカンです。

 

ちむどんどん108話ネタバレ|フォンターナにやって来た賢秀と猪野

その頃賢秀(竜星涼)と猪野(中原丈雄)は、清江(佐津川愛美)を探して東京へ来ていました。

お腹を減らした賢秀が、フォンターナへやって来ます。

しかし養豚場で働いていることは、暢子たちには内緒です。

賢秀は、猪野に自分たちは投資会社の社長と社員の関係だと説明。

絶対に養豚場だと言わないよう念を押します。

 

ちむどんどん108話ネタバレ|嘘が下手な猪野

賢秀が突然やって来たので暢子たちは驚きます。

房子は、「うちわの集まりですが、よかったらどうぞ」と席を用意。

猪野との関係を聞かれ、賢秀は自分が勤める投資会社の社長と説明。

すると和彦たちから色々な質問が飛んできます。

嘘をつくのが下手な猪野が、フォンターナを出ていこうとします。

それを引き止めようと必死の賢秀。

 

ちむどんどん108話ネタバレ|賢秀には内緒

賢秀と猪野が取り込んでいます。

唖然とする暢子に、「賢秀には店を閉めていることは言わないように」と和彦と智

嘘をつくよう言われ、暢子は「うちは嘘が嫌い」と言います。

しかし暢子の店がうまくいってないと賢秀が知れば、またおかしなことになるに決まっています。

暢子はお店がうまくいっていると、嘘をつくことにしました。

 

ちむどんどん108話ネタバレ|賢秀の彼女

猪野を説得した賢秀が席に着きました。

二ツ橋が「この間の女性は恋人ですか?」と尋ねます。

賢秀に恋人がいるのかと驚く暢子たち。

しかし「あれは社長の娘です」と賢秀。

猪野が「あれから来たことはありますか?」と尋ねます。

二ツ橋が来ていないことを告げると、猪野は暗い顔をするのでした。

 

ちむどんどん108話ネタバレ|話題を変えられる賢秀

「俺はいつ暢子の店に行けばいいわけ?」と賢秀。

暢子は何も言えません。

そこへ豚の料理が運ばれてきました。

料理を食べた賢秀が、「で、暢子の店はいつ行けばいいのさ?」と尋ねます。

すかさず話を変える和彦。

イタリア料理について房子に尋ねます。

房子は、イタリアと日本の食文化には共通点が多いことを伝えます。

日本もイタリアも、命を大切に頂く素晴らしい精神を持った国だと説明。

 

ちむどんどん108話ネタバレ|海から豚がやって来た

すると猪野が、沖縄の豚とハワイが切っても切れない関係にあることを話します。

「『海から豚がやって来た』の話はご存じですか?」と猪野。

戦時中、壊滅状態だった沖縄。

食糧難の沖縄を助けるために、ハワイの沖縄系移民たちが大量の豚を沖縄に送ってくれました。

「だから今も沖縄には、おいしい豚の料理が根付いているのだろう」と語る猪野。

 

ちむどんどん108話ネタバレ|逃げるように出ていく賢秀

房子と猪野の話を聞いた暢子は、何か掴めそうな気がします。

一方賢秀は、猪野の話に感動して泣き出してしまいました。

そして自分から豚の話をしてしまいます。

気まずくなる賢秀。

まだ食事をしている猪野を連れて、そそくさと店を出ていきました。

 

ちむどんどん108話ネタバレ|耐えた矢作

食事会が終わりました。

房子は、帰る暢子に「どの店にも言えることは、一番の強みは弱みでもあることよ」と言います。

一方帰ろうとする矢作に、二ツ橋が声を掛けます。

「ずっと見ていましたよ、よくこらえましたね」と二ツ橋。

実はこの日矢作に運ばれてきた料理には、料理人からの嫌がらせがありました。

それを何も言わず、受け入れた矢作。

 

ちむどんどん108話ネタバレ|ショックを受ける矢作

矢作が「ちむどんどん」に戻ってくると、店の中から暢子と和彦の話し声が聞こえます。

「矢作さんには給料が払えないから、辞めてもらうしかないね」と二人が話しています。

矢作には次を探してもらうしかありません。

暢子たちの話を聞いていた矢作は、黙って帰ってしまいました。

「自分がもっとしっかりしていたら…」と落ち込む暢子。

 

ちむどんどん108話ネタバレまとめ

NHKの朝ドラ「ちむどんどん」第22週 「豚とニガナは海を越えて」108話のネタバレあらすじをお届けしてきました。

ちむどんどん108話では、房子がイタリアから帰ってきました。

みんなで食事を楽しんでいる時に、暢子は何かヒントを得ることができます。

今後のちむどんどんの展開も気になりますね。

以上、「【ちむどんどんネタバレプラス21週あらすじ108話】海から豚がやってきた!」と題してお伝えしました。