舞いあがれ

【舞いあがれ77話ネタバレ17週あらすじ】山の頂上を目指す

【舞いあがれネタバレ77話17週あらすじ】4年後舞は…

NHKの朝ドラ「舞いあがれ!」第17週 「大きな夢に向かって」2023年1月23日に初回放送された77話のネタバレあらすじをお届けしていきます。

朝ドラ舞いあがれ!76話は、借金を完済し新たなスタートラインに立った舞(福原遥)たち。

それから4年が経ち…。

これからの舞いあがれ!の展開はどうなっていくのでしょうか?

今回は「【舞いあがれ77話ネタバレ17週あらすじ】4年後舞は…」と題してお届けします。

>>舞いあがれ最新話ネタバレ<<

 

舞いあがれ77話ネタバレ17週あらすじ考察

今後の舞いあがれ!はどうなっていくのでしょうか。

感想や今後の考えられる展開を紹介していきます。

 

舞いあがれ77話ネタバレ17週あらすじ考察|古本屋の店主になる貴司

東大阪に貴司(赤楚衛二)が戻ってきました。

雪乃(くわばたりえ)はとてもうれしそうでしたね。

八木(又吉直樹)からデラシネの鍵を預かった貴司。

それにしても八木は今までどこにいたのか?

謎は深まるばかりです。

これから貴司は古本屋の店主になるのでしょう。

今後八木のようになるのかと思いました。

 

舞いあがれ77話ネタバレ17週あらすじ考察|4年後の舞

物語は4年後になり、工場はどうやら無事続いているようです。

悠人(横山裕)に売り飛ばされなくて本当に良かった…。

しかしまた問題が起こるのでしょう。

もしかすると、そろそろ舞(福原遥)の恋の話があるのかもしれません。

朝陽君はどうしているでしょうか?

久留美(山下美月)も結婚しているかもしれませんね。

4年後の舞たちがどうなっているのか、今から楽しみです!

 

舞いあがれ77話ネタバレ17週あらすじ考察|山田の変貌

山田が舞を手伝ったり、めぐみのことを「社長!」と呼ぶなど、すっかり変わった彼女の姿にびっくりしました。

毎日のように合コンへいき、未来の夫を探していた彼女ですが、いったい何があったのか?

舞の頑張りを見て、自分も変わりたいと思った?

それとも、熱い社員のやる気に山田も突き動かされた?

何だかどちらも違う気がします。

「私なんか楽な方を選びますけどね」と言っていた山田。

きっと彼女の中で、これまで心の底から楽しいと思えることがなかったのだと思います。

それが舞たちを見て、楽じゃいけど楽しいことがあるとわかったのでしょう。

すっかり舞と打ち解けた様子の山田。

会社を支えていく一人となるだろうと期待しています。

 

舞いあがれ77話ネタバレ17週あらすじ考察|女性ならではの仕事ぶり

値上げを申し出るめぐみ(永作博美)。

これからはどんどんそういった難しい交渉も、めぐみがこなしていくのでしょう。

女性社長だからと相手は甘く見ています。

そこをぎゃふんと言わせてほしいです。

女性にしかできない仕事もあるはず!

めぐみには女性ならではの仕事で、周りを見返してほしいと思いました。

 

舞いあがれ77話ネタバレ17週あらすじ考察|女性が活躍する会社

笠巻(古館寛治)の勉強会には、舞の他にめぐみ、土屋と藤沢がいます。

土屋は工場で働く女性職人で、ネジのことが好きなようです。

勉強会に参加する舞たちを山田が廊下から見ていました。

これから山田も勉強会の輪に加わるかもしれませんね。

女性が活躍する会社として、どこか雑誌や新聞に取り上げられないでしょうか?

そこから経営が巻き返せるのでは?と考えました。

 

舞いあがれ77話ネタバレ17週あらすじ考察|健康が一番!

梱包に営業にと大忙しの舞(福原遥)。

舞と同じくらいめぐみ(永作博美)も忙しく、次はめぐみが倒れないかとても心配です。

近くで支える舞ですが、母娘ともに過労で入院などということになれば、大変なことになります。

無理をしないでほしいですが、返済期限まで半年しか猶予はなく、ここが踏ん張りどころでしょうか?

浩太(高橋克典)のように体を壊してからではどうしようもありません。

どうか体調には気を付けてほしいと思いました。

 

舞いあがれ77話ネタバレ17週あらすじ考察|ツイッターでの反応は?

舞いあがれ76話ツイッターでの反応は以下の通りです。

 

 

舞いあがれ77話ネタバレ17週あらすじ

朝ドラ舞いあがれ!77話のネタバレあらすじを紹介していきます。

ネタバレですので、まだご覧になっていない方はご注意ください。

 

舞いあがれ77話ネタバレ17週あらすじ|4年後

2013年夏、舞(福原遥)がIWAKURAの社員となり4年が経ちました。

営業部のエースとして会社を支える舞。

とってきた仕事の設計図を章に見せ、試作品の打ち合わせをします。

会社の業績も順調で、めぐみ(永作博美)は機械を増やそうか悩んでいます。

人手が少なくなってきたため、以前リストラした社員に声を掛けようとしためぐみ。

しかし今の仕事が順調そうで、結局再雇用の話をすることができませんでした。

 

舞いあがれ77話ネタバレ17週あらすじ|デラシネ

4年前に古本屋「デラシネ」を八木(又吉直樹)から託された貴司(赤楚衛二)は、子ども達に店の一部を開放し、自身は好きな短歌の創作に打ち込んでいます。

会社帰りの舞がデラシネにやってきました。

床に置かれたたくさんの短歌を見て驚く舞。

「長山短歌賞に送るねん」と貴司が言います。

「貴司君やったらええとこまでいきそうやね」と舞に言われ、貴司が「長山短歌賞は、短歌界の芥川賞やで」と説明。

 

舞いあがれ77話ネタバレ17週あらすじ|ナポリタン

この日、めぐみは会食があるため、舞は貴司と二人でナポリタンを食べました。

貴司が作ったナポリタンは絶品で、「私ももっと料理を覚えないとあかんな」と舞。

貴司は「舞ちゃんは仕事が忙しいから、無理せんでもええんとちゃう?」と言います。

舞は仕事がとれたことを嬉しそうに報告。

舞の表情は生き生きしています。

 

舞いあがれ77話ネタバレ17週あらすじ|パート従業員

翌日、以前リストラしたパートの女性従業員たちが、舞たちに温かく迎えられます。

舞の熱心な説得により、IWAKURAに戻って来た彼女たち。

浩太はパート従業員をリストラした際、「絶対に戻ってきてもらえるよう、頑張って会社を再建してみせます」と約束していました。

その約束を果たせたと、舞もめぐみも安堵しています。

ホッとするめぐみに舞が話があると言います。

 

舞いあがれ77話ネタバレ17週あらすじ|航空機産業参入セミナー

航空機産業参入のセミナーに参加しないかと持ち掛ける舞。

「うちにはまだ無理や…」とめぐみがやんわりと断ります。

しかし舞は無理だと思っていません。

めぐみは、今のIWAKURAには飛行機の部品を作るための設備が整っていないと説明。

すると舞が「やる気になれば、不可能じゃないと思います」と反論。

 

舞いあがれ77話ネタバレ17週あらすじ|山の頂上

品質保証などについて、もうすでに舞は学び始めています。

飛行機で使う部品は、過酷な状況で使われるため耐久性が求められます。

しかし自分たちのチームであればできると考える舞。

めぐみはリスクが大きすぎると言います。

舞は、「一歩ずつ登って行けば、山の頂上にたどり着ける」と言っていた浩太の言葉をめぐみに伝えます。

一緒に山の頂上を目指そうと舞。

航空機の部品を絶対に作りたいという舞の熱意に負けためぐみは「わかった」と頷くのでした。

 

舞いあがれ77話ネタバレ17週あらすじまとめ

NHKの朝ドラ「舞いあがれ!」第17週 「大きな夢に向かって」77話のネタバレあらすじをお届けしてきました。

舞いあがれ!77話では、舞がIWAKURAで働き始めて4年が経ちました。

仕事が順調な舞は、今後飛行機産業の分野に進出したいと考えています。

今後の舞いあがれ!の展開も気になりますね。

以上、「【舞いあがれ77話ネタバレ17週あらすじ】山の頂上を目指す」と題してお伝えしました。