舞いあがれ

【舞いあがれ53話ネタバレ11週あらすじ】離婚を思いとどまる中澤

【舞いあがれネタバレ53話11週あらすじ】矢野の中澤への気持ち

NHKの朝ドラ「舞いあがれ!」第11週 「笑顔のフライト」2022年12月14日に初回放送された53話のネタバレあらすじをお届けしていきます。

朝ドラ舞いあがれ!52話は、最終審査まであと少しです。

そんな時に中澤(濱正悟)が離婚すると言い出し…。

これからの舞いあがれ!の展開はどうなっていくのでしょうか?

今回は「【舞いあがれ53話ネタバレ11週あらすじ】矢野の中澤への気持ち」と題してお届けします。

>>舞いあがれ最新話ネタバレ<<

 

目次

舞いあがれ53話ネタバレ11週あらすじ考察

今後の舞いあがれ!はどうなっていくのでしょうか。

感想や今後の考えられる展開を紹介していきます。

 

舞いあがれ53話ネタバレ11週あらすじ考察|話し合い

中澤(濱正悟)がついに離婚へと動き出しました。

中澤は、奥さんと話し合いもせずすべて自分一人で解決して離婚しようとしています。

離婚するにせよ、一度は話し合いの場を持つべきだと思います。

奥さんも、それを待っているのかもしれません。

最終審査まであと少しです。

精神的に不安定な今、最終審査に合格できるか不安です。

 

舞いあがれ53話ネタバレ11週あらすじ考察|中澤に想いを寄せる矢野

中澤が離婚すると知って激怒した矢野(山崎紘奈)。

彼女はどうしてあそこまで怒っていたのか?

それはきっと、中澤のことを愛しているからだと思います。

好きだから別れてほしい。

でも後悔する離婚の仕方はしてほしくはないのだと思います。

ちゃんと話し合って、お互いに納得した上で離婚しないと中澤も次の恋には進めないでしょう。

そのため、矢野はきちんとした形で離婚してほしかったのではないかと思いました。

 

舞いあがれ53話ネタバレ11週あらすじ考察|なぜパイロットをめざしたのか

舞(福原遥)に自衛隊時代の話をしてくれた大河内(吉川晃司)。

だんだんと教官と学生の間の距離が縮まってきたように感じます。

舞は今空を飛ぶことが楽しくありません。

教官を憎むことでパイロットになろうとしていました。

しかしそれは初めの目標とずれています。

舞が目指したパイロットとはいったい何だったのか。

初心に帰る時がきたようです。

 

舞いあがれ53話ネタバレ11週あらすじ考察|なにわバードマンとの再会

舞がパイロットを目指した理由は空が好きだからです。

その空を教えてくれたのが、大学時代の人力飛行機サークルでした。

今後、サークルのメンバーとの再会があるかもしれません。

3回生だった先輩方は、舞がパイロットを目指すために大学を辞めたことを知っているでしょうか?

舞が抜けた後のなにわバードマンはどうなったしょう?

懐かしいメンバーとの再会はあるのか、これからが楽しみです!

 

舞いあがれ53話ネタバレ11週あらすじ考察|二人の話し合い

ソロフライトの訓練時間が足りない舞。

着陸はできるようになりましたが、訓練時間が足りなければ学校を卒業できません。

それを気にした柏木(目黒蓮)は、教官を変えるつもりです。

しかし舞は大河内のままで続けたいはず。

二人の話し合いはどのように決着がつくのか、次回が気になります。

 

舞いあがれ53話ネタバレ11週あらすじ考察|パイロットになれない!?

舞は他の学生とは別の訓練を積んでいます。

そのせいで、最終審査に合格できない見込みが出てきました。

しかも熱も出ています。

大河内(吉川晃司)教官を目の敵にするのはいいですが、まずはパイロットになれなければどうになりません。

とりあえず今は。パイロットになるためだけに頑張ってほしいです。

 

舞いあがれ53話ネタバレ11週あらすじ考察|大河内をフェイル

大河内教官へ不信感を抱いているのは、舞だけじゃないようです。

柏木(目黒蓮)も大河内をよく思っていないようで、これからどうなってしまうのか不安です。

大河内をフェイルする動きにならなければいいのですが…。

大河内はパイロットとしての基本的な考えを持っているだけ。

多くの命を預かる身として、不適合者はばっさばっさ切っていて、しょうがないと思います。

そのことにいつ舞が気付けるのか?

舞が大河内を目の敵にしていつまで訓練に挑むのか、今後が気になります。

 

舞いあがれ53話ネタバレ11週あらすじ考察|中澤の離婚

奥さんから離婚を迫られている中澤(濱正悟)ですが、審査は合格だったようです。

次へのステップに進める中澤ですが、離婚はどうするでしょうか?

パイロットになるまでまだまだ時間がかかります。

学校を卒業しても、就職先が見つかるとは限らずどうなることやら…。

水島が去って、中澤の問題が一気にみんなに知れ渡ることだと思います。

中澤が今後どうなるのか気になります!

 

舞いあがれ53話ネタバレ11週あらすじ考察|中澤は主夫に

妻との関係に悩む中澤。

そんな中澤ともしかすると矢野(山崎紘奈)がくっつくのかと想像。

離婚後に中澤を支えるのが矢野になるのではないでしょうか?

中澤はパイロットになれず無職。

矢野がパイロットとして働いて、中澤は主夫になる。

そんな展開もあると思います。

 

舞いあがれ53話ネタバレ11週あらすじ考察|鬼教官は実は優しい?

大河内(吉川晃司)は鬼教官として有名でしたが、そこまでまだ厳しさを感じられません。

この先豹変するのかもしれませんが、大河内は熱心な優しい教官なのだと思います。

この先舞(福原遥)たちが大河内を怒らせるような行動に出なければ、穏やかなまま終わりそう…。

大河内を苛立たせる可能性があるのは、水島くらいでしょうか?

とにかく大河内をこのまま怒らせることなく、帯広課程を修了できればいいですね♪

 

舞いあがれ53話ネタバレ11週あらすじ考察|中澤の発言

翌日のフライトに向けて最終確認をしていた際、中澤(濱正悟)と矢野が意見交換していました。

絶対に自分の主張を譲らない矢野に対して、中澤が「ここは女性に譲るよ」と言いましたが、これに矢野がブち切れ。

中澤は悪気なく言った様子。

しかし矢野からすれば、男も女も関係ない!と言いたいのだと思います。

中澤が良かれと思った発言が、裏目に出るのかもしれませんね。

だから奥さんとも色々あるのかも…。

中澤のこれからの発言に注目です。

 

舞いあがれ53話ネタバレ11週あらすじ考察|恋に落ちる二人

自己紹介する舞に「意味があるのか?」と冷たい言葉を投げかけた柏木。

相変わらず彼は舞に突っかかってきますね。

もしかすると、気があるのでしょうか?

小学生の男の子は、好きな女の子に意地悪したりしますもんね。

柏木も同じかもしれません。

柏木が舞に好意を持っていても、舞は気付かないでしょう。

二人は恋に落ちるのか?

ドキドキが止まりません♪

 

舞いあがれ53話ネタバレ11週あらすじ考察|ツイッターでの反応は?

舞いあがれ52話ツイッターでの反応は以下の通りです。

 

舞いあがれ53話ネタバレ11週あらすじ

朝ドラ舞いあがれ!53話のネタバレあらすじを紹介していきます。

ネタバレですので、まだご覧になっていない方はご注意ください。

 

舞いあがれ53話ネタバレ11週あらすじ|離婚届

最終審査まであと5日になりました。

中澤(濱正悟)が離婚届を出したか気になる舞(福原遥)。

せめてもう一度、中澤の妻・美幸と中澤が話をする場を設けることができればと舞は思っていました。

しかし矢野(山崎紘奈)は違います。

「今奥さんと話をしたところで、うまくいきこないよ」と矢野。

舞は「中澤さんに何か言いたい事あるんとちゃいます?」と尋ねます。

 

舞いあがれ53話ネタバレ11週あらすじ|モヤモヤ

舞と矢野が中澤の部屋を訪ねると、離婚届を持った中澤が部屋から出てきました。

離婚届けを出しに行こうとする中澤。

矢野が「ちょっと話そうよ」と言います。

最終審査の前に余計なことを考えたくない中澤は、すぐにでも離婚届けを出したいと思っています。

しかし離婚届を出したところで、モヤモヤが消えることはありません。

「大事な審査に集中できない…」と、自暴自棄になる中澤。

 

舞いあがれ53話ネタバレ11週あらすじ|矢野の話

「どうして俺が離婚しなければいけないんだよ」と中澤。

パイロットになって、家族を養うことに何の不満があるのか理解できません。

美幸は夢を応援し、航空学校へ行くことを納得してくれたはずです。

矢野は「中澤は、美幸さんの夢聞いたことがある?」と尋ねます。

「あんたはまず理解しないといけないことがある」と矢野。

「中澤が夢を追いかけられるのは、男だからだよ。もし子供を持つ女性が突然パイロットになるって言ったら、誰が応援してくれる?母親なのにって言われるんだよ」と、矢野は語ります。

「男の機長はまだ日本にいない。その意味をあんたはわかってない!」と話す矢野に対して、中澤が「そういった社会を作ったのは世の中だろ?」と言い返します。

 

舞いあがれ53話ネタバレ11週あらすじ|世の中を変えたい

中澤の言葉にキレた矢野が、テーブルにあったお茶を浴びせます。

まだまだ日本は男性社会です。

女性が活躍する場は少なく、そんな世の中に不満を持つ矢野。

「パイロットになって、世の中を変えたい!」と、矢野は涙ながらに訴えます。

「私がパイロットになりたいと思ったように、美幸さんにもやりたいことがあるかもしれないよ」と矢野に言われ、中澤はうつむきます。

これまできちんと妻と向き合わず、話し合いを避けてきた中澤。

今こそきちんと向き合う必要があるのです。

「中澤ならできるよ…」と、矢野がやさしく声を掛けます。

 

舞いあがれ53話ネタバレ11週あらすじ|手紙

中澤と話を終えた矢野は「言いすぎちゃったかな…」と反省。

舞は「かっこよかったです」と言い、強い思いでパイロットを目指している矢野を見習わないといけないと思うのでした。

一方、中澤は同じ部屋の吉田(醍醐虎汰朗)に「大事な時期に迷惑をかけてすまん」と謝ります。

「迷惑なんて思ってないよ」と吉田。

中澤は離婚届をゴミ箱へ捨て、美幸に手紙を書くことに。

数日後、美幸から返事があり、二人で話し合うことになりました。

 

舞いあがれ53話ネタバレ11週あらすじ|空への憧れ

最終審査直前、舞の携帯に人力飛行機サークルの先輩・鶴田から電話があります。

「今年のイカロスコンテスト見たか?」と鶴田。

一緒に飲んでいた刈谷(高杉真宙)が電話を代わり、「テレビを見てたら岩倉を思い出した」と言います。

先輩たちと昔の話をする舞は、初めて空を飛んだ時のことを思い出しました。

なぜパイロットになりたいか、大河内(吉川晃司)に問われ続けていた舞。

ようやくその答えを見つけます。

みんなの期待を背負って必死に空を飛んだ時のことを思い出す舞は、空への憧れや楽しさを思い出しました。

 

舞いあがれ53話ネタバレ11週あらすじ|パイロットを目指す仲間

大学時代はサークルの仲間がいて、今は矢野や柏木(目黒蓮)たちみんながいます。

一緒にパイロットを目指していることが楽しくてしょうがない舞。

共にパイロットを目指すから強くなれるのです。

ようやくパイロットになりたいと思った気持ちを思い出すことができた舞。

空への思いを新たに、最終審査に臨みます。

 

舞いあがれ53話ネタバレ11週あらすじまとめ

NHKの朝ドラ「舞いあがれ!」第11週 「笑顔のフライト」53話のネタバレあらすじをお届けしてきました。

舞いあがれ!53話では、矢野の言葉を受けて、中澤は妻と話し合うことに。

一方人力飛行機サークルの先輩から電話をもらった舞は、パイロットを目指した理由を思い出すことができます。

最終審査まであと少しです。

今後の舞いあがれ!の展開も気になりますね。

以上、「【舞いあがれ53話ネタバレ11週あらすじ】離婚を思いとどまる中澤」と題してお伝えしました。