舞いあがれ

【舞いあがれ59話ネタバレ12週あらすじ】子育てに悩むみちる

【舞いあがれネタバレ59話12週あらすじ】朝陽が作っているものは…

NHKの朝ドラ「舞いあがれ!」第12週 「翼を休める島」2022年12月22日に初回放送された59話のネタバレあらすじをお届けしていきます。

朝ドラ舞いあがれ!58話は、舞(福原遥)が庭で洗濯物を干していると紙飛行機が飛んできます。

紙飛行機を飛ばしたのは貴司(赤楚衛二)で…。

これからの舞いあがれ!の展開はどうなっていくのでしょうか?

今回は「【舞いあがれ59話ネタバレ12週あらすじ】朝陽が作っているものは…」と題してお届けします。

>>舞いあがれ最新話ネタバレ<<

 

舞いあがれ59話ネタバレ12週あらすじ考察

今後の舞いあがれ!はどうなっていくのでしょうか。

感想や今後の考えられる展開を紹介していきます。

 

舞いあがれ59話ネタバレ12週あらすじ考察|朝陽の個性

朝陽はフライトのシュミレーションのセリフをすらすらと言っていました。

彼は興味があるものはすぐに覚えることができるようです。

赤い実を並べていましたが、あれは何でしょうか?

空をじっと眺めていたので、星座を赤い実で表しているのかと思われます。

興味をのばしてやることで、朝陽も友達が作りやすくなると考えられます。

舞やみちるがそのことに気付けるのか?

朝陽が笑った顔を早く見たいです♪

 

舞いあがれ59話ネタバレ12週あらすじ考察|ツイッターでの反応は?

舞いあがれ58話ツイッターでの反応は以下の通りです。

 

舞いあがれ59話ネタバレ12週あらすじ

朝ドラ舞いあがれ!59話のネタバレあらすじを紹介していきます。

ネタバレですので、まだご覧になっていない方はご注意ください。

 

舞いあがれ59話ネタバレ12週あらすじ|貴司との語らい

休みを利用して貴司(赤楚衛二)が祥子(高畑淳子)の家に泊りに来ました。

貴司は、五島でミカンの収穫をしています。

これまで漁港や牧場で働き、遺跡発掘もしたことのある貴司。

舞(福原遥)は入社が延期になったことを伝えます。

「延期があったから、五島に来れたからよかったんやけど…」と、舞が無理して笑います。

舞は、自分の気持ちを伝えることができない朝陽の支えになりたいと思っていました。

舞から朝陽のことを聞いた貴司は「朝陽君の気持ちがわかる気がする」と言います。

以前祥子のところを訪れた際、貴司は祥子から「周りに合わせずに生きればよか」と言われ、楽になったことを伝えました。

 

舞いあがれ59話ネタバレ12週あらすじ|星

縁側に座っている朝陽が空を見上げています。

雲もなにもない青空です。

「こんな空を飛ぶのはとても気持ちいいやで」と舞。

すると「ある」と朝陽が言います。

舞は何があるのか尋ねました。

朝陽は、昼間でも空には星があるのだと説明。

舞は、朝陽が赤い実で星座を示しているのだとわかり驚きます。

 

舞いあがれ59話ネタバレ12週あらすじ|不安な気持ち

舞は矢野(山崎紘奈)に電話します。

矢野は予定通り入社しますが、その後のパイロットの訓練は送れる見込みです。

二人に先が見えない不安が襲います。

翌日、朝食の準備をしていた舞は食卓に置かれた新聞を見て、ふと手を止めました。

失職者がたくさん出ているとあり、舞は不安になります。

そんな舞に「舞ちゃんは自分の気持ちちゃんと言えてる?心は重い荷物を乗せたら飛べなくなることもあるから、思ってることがあるんやったら、はきだしたほうがいいで」と貴司。

 

舞いあがれ59話ネタバレ12週あらすじ|眠れない舞

その夜、舞は眠れません。

起きていた祥子が「眠れんとか?いいものがあるけん」とお酒を持ってきてくれました。

舞は、入社が延期になったことがショックだったと本音をもらします。

いいパイロットになるために、もっともっと訓練を積みたい舞。

しかし一年延期となり、本当に就職できるのかも不明です。

 

舞いあがれ59話ネタバレ12週あらすじ|できることをやる

すると祥子が、「船が出せない日もたくさんある」と話しをします。

嵐で船を出せない日などは、家でじっとしている日もあります。

しかしそれが無駄な時間だとは思いません。

備品を修理したり、身体を休ませるなど、空が晴れるまでできることをやればいいのです。

それを聞いた舞の心は少し軽くなります。

 

舞いあがれ59話ネタバレ12週あらすじ|双眼鏡

翌日、かんころ餅を舞と祥子が作ります。

祥子の双眼鏡を、朝陽に貸してやってほしいと頼む舞。

「双眼鏡は五郎(哀川翔)さんのところにある」と祥子に言われた舞が、木戸に連絡をとりました。

木戸は「あとで一太に届けさせるよ」と言います。

一太は木戸のもとで船大工を目指して修業しています。

 

舞いあがれ59話ネタバレ12週あらすじ|一太

その後、一太が双眼鏡を持ってきてくれました。

朝陽が双眼鏡を使って空を見上げています。

夜も遅いため、母親のみちるがもう寝るよう言いますが、朝陽は言うことを聞きません。

たまらなくなったみちるがその場を離れます。

落ち込むみちるに声を掛ける祥子。

 

舞いあがれ59話ネタバレ12週あらすじ|みちるの悩み

みちるが朝陽の小さい頃からの話をします。

他の子どもとは違う行動をする朝陽のことを、周囲はみちるの育て方が悪いからだと言いました。

朝陽には自分しかいないのだから、頑張らないといけないと思っているみちる。

しかしどうやっても、朝陽は他の子どものようにはなりません。

その頃朝陽は、翌日の準備をしていました。

時間割を見ながらランドセルに教科書を入れる朝陽。

それを見た舞は、朝陽が本当は学校へ行きたいのではないかと思うのでした。

 

舞いあがれ59話ネタバレ12週あらすじまとめ

NHKの朝ドラ「舞いあがれ!」第12週 「翼を休める島」59話のネタバレあらすじをお届けしてきました。

舞いあがれ!59話では、舞は入社が延期になったことがショックだったことを話します。

祥子は今は体を休める時期で、やれることをすればいいのだと優しく諭すのでした。

今後の舞いあがれ!の展開も気になりますね。

以上、「【舞いあがれ59話ネタバレ12週あらすじ】子育てに悩むみちる」と題してお伝えしました。