舞いあがれ

【舞いあがれ41話ネタバレ9週あらすじ】帯広にやって来た舞

【舞いあがれネタバレ41話9週あらすじ】鬼教官・大河内との出会い

NHKの朝ドラ「舞いあがれ!」第9週 「私らはチームや」2022年11月28日に初回放送された41話のネタバレあらすじをお届けしていきます。

朝ドラ舞いあがれ!40話は、無事に最終試験に合格した舞(福原遥)が大阪に戻ってきます。

次は帯広でのフライト課程です。

これからの舞いあがれ!の展開はどうなっていくのでしょうか?

今回は「【舞いあがれ41話ネタバレ9週あらすじ】鬼教官・大河内との出会い」と題してお届けします。

>>舞いあがれ最新話ネタバレ<<

 

舞いあがれ41話ネタバレ9週あらすじ考察

今後の舞いあがれ!はどうなっていくのでしょうか。

感想や今後の考えられる展開を紹介していきます。

 

舞いあがれ41話ネタバレ9週あらすじ考察|ツイッターでの反応は?

ちむどんどん40話ツイッターでの反応は以下の通りです。

 

舞いあがれ41話ネタバレ9週あらすじ

朝ドラ舞いあがれ!41話のネタバレあらすじを紹介していきます。

ネタバレですので、まだご覧になっていない方はご注意ください。

 

舞いあがれ41話ネタバレ9週あらすじ|フライト課程

帯広の分校にやって来た舞(福原遥)。

ついにフライト課程が始まります。

そんな舞に貴司(赤楚衛二)からハガキが来ました。

貴司は今、福井の港で働いています。

色々な所へ行って、自分の言葉を探している貴司。

葉書には貴司の短歌がのっていました。

それを読んだ舞が空を見上げます。

 

舞いあがれ41話ネタバレ9週あらすじ|鬼教官・大河内

自衛隊出身の鬼教官・大河内(吉川晃司)の噂話をする中澤(濱正悟)。

厳しいことで有名な大河内の話を聞いた舞が震えあがります。

フライト課程では、3人が1チームとなり担当教官の教育を受けます。

中澤と吉田(醍醐虎汰朗)、矢野(山崎紘奈)が同じチームとなり、担当教官は癖のある山下になりました。

舞は柏木(目黒蓮)と水島(佐野弘樹)と同じチームです。

 

舞いあがれ41話ネタバレ9週あらすじ|プロシージャ―

舞たちの担当教官は大河内です。

早速、大河内から「翌日の初フライトに向けた最終確認を行う」と指示を受ける舞たち。

プロシージャ―とは、飛行機を安全に飛ばすための大事な確認で、全部で182項目あります。

それをすべて暗記し、声に出して一つずつ確認。

緊張をしているせいか、舞は覚えたはずのプロシージャ―を忘れてしまいます。

 

舞いあがれ41話ネタバレ9週あらすじ|完璧な柏木

一方、完璧な柏木は182項目すべて確認し終えます。

柏木は自信満々です。

すると「実際の空はシュミレーションとは違う。心してかかるように」と大河内。

次に水島がプロシージャの確認をしました。

彼は順序をすっかり忘れている様子で、「次なんでしたっけ?」と大河内に尋ね、呆れされてしまいます。

 

舞いあがれ41話ネタバレ9週あらすじ|適当な水島

翌日のフライトに向けて勉強に励む舞たち。

フライトのための訓練計画を作る必要があり、天候や気圧、風の向きを確認します。

しかし水島は「晴れだから大丈夫でしょ」と適当です。

夜、プロシージャ―の復習をするため、舞が水島の部屋を訪ねます。

そこへ、水島と同じ部屋の柏木が戻ってきました。

 

舞いあがれ41話ネタバレ9週あらすじ|飛ぶために来た

水島は、携帯に電話がかかってきたため部屋を出ます。

舞が一人でプロシージャ―の復習をしていると、柏木が手伝ってくれました。

プロシージャ―を今度こそ完璧に覚えた舞。

しかし明日のフライトが心配です。

それを聞いた柏木が、「飛ぶために来たんだろ?俺は楽しみだ」と言います。

舞の顔に笑顔が戻りました。

戻って来た水島に「明日のフライト、三人で頑張りましょう」と、舞はうれしそうに話すのでした。

 

舞いあがれネタバレ40話8週あらすじまとめ

NHKの朝ドラ「舞いあがれ!」第9週 「私らはチームや」41話のネタバレあらすじをお届けしてきました。

舞いあがれ!41話では、帯広にやってきた舞。

柏木と水島と同じチームになりました。

翌日のフライトに向けて最終確認を行います。

今後の舞いあがれ!の展開も気になりますね。

以上、「【舞いあがれ41話ネタバレ9週あらすじ】帯広にやって来た舞」と題してお伝えしました。