ちむどんどん

【ちむどんどん67話ネタバレ】優子と博夫と西郷の再婚

【ちむどんどんネタバレプラス14週あらすじ67話】優子と博夫と西郷の再婚

NHKの朝ドラ「ちむどんどん」第14週 「渚(なぎさ)の、魚てんぷら」2022年7月12日に初回放送された67話のネタバレあらすじをお届けしていきます。

朝ドラちむどんどん66話では、男たちに絡まれていた女性・水国和歌子(駒井蓮)を助けた賢秀(竜星涼)。

和歌子に礼を言われた賢秀は、彼女に一目惚れしてしまい…。

これからのちむどんどんの展開はどうなっていくのでしょうか?

今回は「【ちむどんどん67話ネタバレ】優子と博夫と西郷の再婚」と題してお届けします。

>>ちむどんどん最新話ネタバレ<<

 

ちむどんどん67話ネタバレ

朝ドラちむどんどん67話のネタバレあらすじを紹介していきます。

ネタバレですので、まだご覧になっていない方はご注意ください。

 

ちむどんどん67話ネタバレ|田舎に帰りたい和歌子

男たちに絡まれていた水国和歌子(駒井蓮)を助けた賢秀(竜星涼)。

青森出身の彼女は、川崎のおもちゃ工場で働いていました。

しかし会社が潰れて寮を追い出されてしまいます。

田舎に帰りたい和歌子ですが、汽車賃すらありません。

話を聞いていた三郎(片岡鶴太郎)は「それじゃあ、俺の家に泊まればいい」と言い、沖縄ずもうの裏方として手伝えば汽車賃を払うとまで約束してくれます。

和歌子は喜び、さっそく三郎の家へ。

賢秀も一緒について行こうとします。

暢子(黒島結菜)と和彦(宮沢氷魚)が急いで賢秀を制止。

賢秀は一目ぼれした和歌子と、この日は離れ離れになるのでした。

 

ちむどんどん67話ネタバレ|反発する博夫

共同売店にいた優子(仲間由紀恵)は、前田善一(山路和弘)の娘・早苗が新婚旅行で北海道へ行くことを知り羨ましがります。

「死ぬまでに一度は行きたいわ」と優子。

その頃本家を訪れていた博夫(山田裕貴)は、再婚相手の写真を見せられていました。

「石川家の長男としての自覚を持たんか!」と言われる博夫。

しかし良子のことを愛している博夫は、「離婚はできません!」と断ります。

「わしに逆らうのか!」と祖父に言われても、博夫はひるまず「離婚はできません!」と土下座。

 

ちむどんどん67話ネタバレ|特集記事の反響

新聞社には、愛(飯豊まりえ)が書いた特集記事の反響の手紙が山のように届いていました。

不安な面持ちでそれらを見る愛。

社内の評判はイマイチで自信がなかった愛ですが、読者からの反応は真逆で、手紙を読んでいた愛はビックリ。

田良島(山中崇)は「お前の気持ちが届いた証拠だ。よかったな」と声を掛けます。

この夜、レストラン「アッラ・フォンターナ」に再び西郷久雄と娘のめぐみがやってきました。

久雄の再婚相手・高石も一緒です。

高石を前に、ずっとうつむいているめぐみ。

亡き母との思い出の味であるボルチーニのリゾットが運ばれます。

動揺する久雄とめぐみ。

リゾットを一口食べためぐみは、「私は母を忘れることができません。このリゾットを母と食べた思い出は、私の大切な思い出です」と言います。

すると「とっても素敵な人でした、お母さんのこと忘れないでください。でも少しずつでいいからお友達になりたい。もしめぐみさんが嫌なら、きっぱり諦めます」と高石。

めぐみは「来年もまたこの店に来たい。高石さんと三人で…」と言い、久雄はにっこり微笑むのでした。

 

ちむどんどん67話ネタバレ|優子が再婚?

西郷親子のやり取りを遠くから見守っていた暢子は、改めてレストラン「アッラ・フォンターナ」がいい店だと感じます。

仕事を終えた暢子は、房子(原田美枝子)と二人で酒を飲むことに。

房子から独立すればいいと言われる暢子。

房子が初めて店を出したのは17歳でした。

最初は屋台、次に日本料理の店を開き、洋食屋をしている時に空襲にあいました。

その後、蕎麦屋に飲み屋などを経験した房子。

その間に結婚を考えたこともありましたが、仕事一筋でここまできたことに後悔はありません。

翌日、比嘉家におじの賢吉(石丸謙二郎)の姿がありました。

優子に再婚をすすめる賢吉。

相手は善一と知り、優子は「まさかや…」と絶句します。

 

ちむどんどん67話ネタバレの感想考察

賢秀が一目ぼれした和歌子は、青森出身の可愛らしい女の子ですね。

賢秀が恋に落ちた理由がよくわかります。

行き場のない和歌子を快く家に泊めてあげる三郎は、本当に素敵な人です。

沖縄ずもうを手伝えば汽車賃をくれるとのこと。

人手が足りていないというのは嘘で、和歌子のためにそう言ってくれたのだと思います。

一方博夫ですが、初めて祖父に反発しました!

やればできるじゃないですか。

博夫は頑張っていますよ。

その姿を良子にも見せてあげたいです。

そして優子ですが、ついに善一との再婚話が出てきましたね。

優子はどうするつもりでしょう?

もし再婚すれば、暢子と早苗は家族になります。

幼いころから仲が良かった二人が家族になったところで何もかわらないかもしれませんが、お互いどう思うのか気になります。

暢子に独立の話が出てきました。

どんなお店を出すのか?これからが楽しみです!

 

ちむどんどん67話ネタバレのツイッターの反応は?

ちむどんどん67話のツイッターでの反応は以下の通りです。

 

ちむどんどん67話ネタバレまとめ

NHKの朝ドラ「ちむどんどん」第14週 「渚(なぎさ)の、魚てんぷら」67話のネタバレあらすじをお届けしてきました。

ちむどんどん67話では、突如優子に再婚話が浮上。

相手は昔からの知り合いで、毎日顔を合わせている善一だと知り優子は動揺します。

今後のちむどんどんの展開も気になりますね。

以上、「【ちむどんどん67話ネタバレ】優子と博夫と西郷の再婚」と題してお届けしました。