ちむどんどん

【ちむどんどん15話ネタバレ】就職を辞退する暢子

【ちむどんどんネタバレあらすじ15話】就職を辞退する暢子

NHKの朝ドラ「ちむどんどん」第3週 「悩めるサーターアンダギー」2022年4月29日に初回放送された15話のネタバレあらすじをお届けしていきます。

朝ドラちむどんどん14話では、眞境名商事の社長の息子・英樹(時任勇気)に馬鹿にされ憤る暢子(黒島結菜)。

殴りかかろうとしたのですが、智(前田公輝)に止められます。

その後、優子(仲間由紀恵)に眞境名商事から電話があり…。

これからのちむどんどんの展開はどうなっていくのでしょうか?

今回は「【ちむどんどん15話ネタバレ】就職を辞退する暢子」と題してお届けします。

>>ちむどんどん最新話ネタバレ<<

 

ちむどんどん15話ネタバレ

朝ドラちむどんどん15話のネタバレあらすじを紹介していきます。

ネタバレですので、まだご覧になっていない方はご注意ください。

 

ちむどんどん15話ネタバレ|初めての敗北

音楽室にいた歌子(上白石萌歌)が一人で歌っていると、音楽教師の下地響子(片桐はいり)が教室に入ってきました。

「思った通りね!」

そう言って、下地は歌子を追いかけまわします。

必死に逃げる歌子。

その頃暢子(黒島結菜)は、陸上部のキャプテン・新城正男(秋本龍太朗)とかけっこ勝負をしていました。

もし暢子が勝てば、サーターアンダギーをもらえます。

これまで負けなしの暢子。

しかしこの日の結果は違いました。

これまで男の子にもかけっこで負けたことがなかった暢子が、初めて負けてしまうのでした。

 

ちむどんどん15話ネタバレ|就職を断る暢子

学校が終わり、暢子は母・優子(仲間由紀恵)と共に眞境名商事へ行きます。

社長の息子・英樹(時任勇気)から貧乏を馬鹿にされ、怒った暢子ですが殴ってはいません。

しかし眞境名商事側からは「親のしつけに問題があったんじゃないんですか?」と言われてしまいます。

謝罪する優子に、「謝ることないよ!お断りします。うちはここで働きたくありません!」と暢子。

こうして暢子は決まっていた就職を断ったのでした。

 

ちむどんどん15話ネタバレ|暢子を慰める優子

就職を断った暢子ですが、将来のことで悩んでいました。

智(前田公輝)も早苗(高田夏帆)も、周りにいるみんなは将来やりたいことが見つかっています。

しかしこの先やりたいこがなく、自分だけが何もできないと悩む暢子。

漠然とした不安を抱える暢子に、「暢子は暢子のままで上等。大嫌いな自分も大事な自分だからね。いつかきっとこの村に生まれてよかったって、女に生まれてよかったって思える日が来ると思うよ」と優子が慰めます。

優しい優子の言葉に暢子は泣きだすのでした。

 

ちむどんどん15話ネタバレ|就職断った祝い

博打で大勝ちした賢秀(竜星涼)は、良子(川口春奈)や歌子から暢子の話を聞きます。

暢子が初めてかけっこで男の子に負けたこと。

そして就職の話を断ったことを知った賢秀は、落ち込んで帰ってくるであろう暢子のために、“就職断った祝い”をしようと提案。

共同売店で食料を買い、ついでにレコードも借りてきました。

何も知らない暢子が帰ってきます。

落ち込んだ暢子を励ます賢秀たち。

庭でフォークダンスを踊り、夜はふけていくのでした。

 

ちむどんどん15話ネタバレの感想考察

暢子はついに就職を断ってしまいましたね。

でもそれでいいんですよ。

きっといい就職先が見つかります。

あんな会社に勤めてもろくなことがない!

辞退して正解だったと思います。

それにしても賢秀もいいところがありますね。

妹を励ますために試行錯誤する賢秀たちの姿にジーンときました。

暢子はいい家族を持って幸せです。

将来に対して漠然とした不安を抱える暢子。

みんなそんなもんですよ。

働きながら夢を見つけてもいいのではないかと思います。

暢子がどんな就職先をみつけるのか、これからの暢子にちむどんどんしています!

 

ちむどんどん15話ネタバレのツイッターの反応は?

ちむどんどん15話のツイッターでの反応は以下の通りです。

 

ちむどんどん15話ネタバレまとめ

NHKの朝ドラ「ちむどんどん」第3週 「悩めるサーターアンダギー」15話のネタバレあらすじをお届けしてきました。

ちむどんどん15話では、就職を辞退した暢子。

将来やりたいことが見つからないと悩む暢子に、優子は「暢子は暢子のままでいいさ」と慰めます。

沖縄が本土復帰する激動の時代。

もうすぐ高校を卒業する暢子はどうなるのか?

今後のちむどんどんの展開も気になりますね。

以上、「【ちむどんどん15話ネタバレ】就職を辞退する暢子」と題してお届けしました。