ちむどんどん

【ちむどんどん104話ネタバレ】いつもタイミングが悪い三郎

【ちむどんどんネタバレプラス21週あらすじ104話】智の生還はあるのか?

NHKの朝ドラ「ちむどんどん」第21週 「君と僕のイナムドゥチ」2022年9月1日に初回放送された104話のネタバレあらすじをお届けしていきます。

朝ドラちむどんどん103話では、三郎(片岡鶴太郎)から電話が掛かってきました。

三郎から智(前田公輝)が瀕死の状態にあることを聞かされた歌子(上白石萌歌)は…。

これからのちむどんどんの展開はどうなっていくのでしょうか?

今回は「【ちむどんどん104話ネタバレ】智の生還はあるのか?」と題してお届けします。

>>朝ドラ最新話ネタバレ<<

 

ちむどんどん104話ネタバレ考察

今後のちむどんどんはどうなっていくのでしょうか。

感想や今後の考えられる展開を紹介していきます。

 

ちむどんどん104話ネタバレ考察|ツイッターでの反応は?

ちむどんどん103話のツイッターでの反応は以下の通りです。

 

ちむどんどん104話ネタバレ

朝ドラちむどんどん104話のネタバレあらすじを紹介していきます。

ネタバレですので、まだご覧になっていない方はご注意ください。

 

ちむどんどん104話ネタバレ|駆けつける暢子たち

三郎(片岡鶴太郎)から、智(前田公輝)が瀕死の状態にあると電話があります。

驚く暢子(黒島結菜)と歌子(上白石萌歌)が急いで病院へ駆けつけると、智がベッドの上で元気にバナナを食べていました。

それを見てまたまた驚く暢子たち。

病院から電話を受けた「あまゆ」の店主は、妻・多江(長野里美)に連絡を入れました。

多江は三郎に伝え、三郎が暢子たちに電話をくれたのですが、だんだんと話が大きくなったようです。

 

ちむどんどん104話ネタバレ|仲直りの握手

頭蓋骨陥没だと聞かされていた暢子。

しかし真相は、トラックにひかれそうになり、智は頭を少し打っただけでした。

念のため、一晩様子を見るために入院することになった智。

安心したらお腹が減った暢子は、売店へ行きそのまま先に帰ることにします。

歌子と二人きりになった智は、心配をかけたことを謝罪。

智は「仲直りしよう」と手を差し出します。

歌子が智の手を握ろうとすると、三郎がやって来ました。

恥ずかしくなった歌子が病室を飛び出します。

 

ちむどんどん104話ネタバレ|こだわりの沖縄そば

試作を作り続ける暢子。

開店まであと3日です。

暢子が最後までこだわったのは、沖縄そばです。

何杯も何杯も沖縄そばを作って、矢作(井之脇海)たちに食べてもらう暢子。

しかし矢作たちはもうお腹いっぱいです。

 

ちむどんどん104話ネタバレ|緊張する清江

一方フォンターナには、東京での営業を終えた賢秀(竜星涼)と養豚場の娘・清江(佐津川愛美)がいました。

「高そうな店ね…」と緊張する清江。

注文を取りに来た二ツ橋(高嶋政伸)に、賢秀が「いつもの」と頼みます。

しかし「いつもの」では通じません。

「一番高いスペシャルランチを二つ!」と言われた二ツ橋は、「こちらでよろしいですか?」と尋ね、厨房へと戻って行きました。

 

ちむどんどん104話ネタバレ|照れる清江

いつもは作業着の清江。

しかしこの日は、いつもとは違う女性らしい格好をしています。

そんな清江を見て、「ちゅらかーぎー(かわいい)」と賢秀。

照れる清江は、「こんな素敵なお店で食べるのは何年ぶりだろう」とつぶやきます。

賢秀から「誰と一緒に食べにきたの?」と尋ねられた清江は、戸惑いながらも「友達…」と言いました。

 

ちむどんどん104話ネタバレ|清江の過去

「友達の話なんだけどね…」と前置きし、自分の過去を話し始める清江。

「馬鹿な友達がいてね、田舎から東京に憧れて出てきたんだけど、悪い男に引っかかって水商売で働いて男に貢いで…。挙句の果てに借金地獄。親に見つかって無理やり田舎に連れ戻されたの。泥だらけになって働く親を手伝ってはいるけど、親孝行なんてもう遅いよね」

清江の話を聞いた賢秀は、「やり直せるさ!俺なんか、その娘さんよりももっとダメなわけさ…。でも今日の営業まあまあだったよな?地道にコツコツお前と二人で…」と言います。

そこへ強面の男が一人フォンターナに入ってきました。

「清江!」と男が清江に近づきます。

男を見て走って逃げだす清江。

賢秀が後を追いかけます。

男は賢秀が置いて行った名刺を見つけて、ニヤッと笑うのでした。

 

ちむどんどん104話ネタバレ|明日開店

暢子は、メニューの名前を東京の人にもわかるように改良。

できることはすべてやりました。

いよいよ明日開店です。

すると和彦が、沖縄料理のお祝いの定番料理・イナムドゥチーを作ってくれました。

歌子に教えてもらい作った和彦。

イナムドゥチーを食べた暢子は「美味しい!」と喜びます。

するとお腹の子どもが動きます。

「蹴る力が強いから、男の子かな?」と暢子。

和彦も暢子も子どものことが楽しみでしょうがありません。

 

ちむどんどん104話ネタバレ|ついに開店

1979年9月、暢子の店「ちむどんどん」が開店です。

太陽に向かって手を合わせる暢子。

田良島(山中崇)が大勢の人を引き連れ、一番にきてくれました。

すぐに客席はいっぱいになり、そこへ智もお祝いに駆けつけます。

忙しくなる暢子。

矢作も歌子も大忙しです。

 

ちむどんどん104話ネタバレまとめ

NHKの朝ドラ「ちむどんどん」第21週 「君と僕のイナムドゥチ」104話のネタバレあらすじをお届けしてきました。

ちむどんどん104話では、智はトラックにひかれそうになっただけで無事でした。

しかしこのことで仲直りできた歌子と智。

そしてついに暢子の店が開店します。

今後のちむどんどんの展開も気になりますね。

以上、「【ちむどんどん104話ネタバレ】いつもタイミングが悪い三郎」と題してお伝えしました。