舞いあがれ

【舞いあがれ51話ネタバレ11週あらすじ】頼れる大河内

【舞いあがれネタバレ51話11週あらすじ】舞がパイロットを目指した理由

NHKの朝ドラ「舞いあがれ!」第11週 「笑顔のフライト」2022年12月12日に初回放送された51話のネタバレあらすじをお届けしていきます。

朝ドラ舞いあがれ!50話は、柏木(目黒蓮)は大河内(吉川晃司)教官から別の教官に変更しようと舞(福原遥)に提案。

それを聞いた舞は…。

これからの舞いあがれ!の展開はどうなっていくのでしょうか?

今回は「【舞いあがれ51話ネタバレ11週あらすじ】舞がパイロットを目指した理由」と題してお届けします。

>>舞いあがれ最新話ネタバレ<<

 

舞いあがれ51話ネタバレ11週あらすじ考察

今後の舞いあがれ!はどうなっていくのでしょうか。

感想や今後の考えられる展開を紹介していきます。

 

舞いあがれ51話ネタバレ11週あらすじ考察|熱の原因

またまた舞は熱を出してしまいました。

原因は頑張りすぎたからでしょうか?

頭のどこかで、大河内は間違えていないことがわかったから、熱が出てしまったのではないでしょうか?

努力は報われる。

でもそうじゃないこともあるのだと、舞はわかったのだと思います。

これまで何でも努力で解決してきた舞。

しかし水島(佐野弘樹)のように頑張ってもパイロットになれない者もいます。

辛い現実を目の当たりにして、熱が出たのかと考えました。

 

舞いあがれ51話ネタバレ11週あらすじ考察|ソロフライト

ソロフライトに挑む舞。

水島のことや柏木からの告白があって大丈夫でしょうか?

精神統一してフライトに挑まないと、空の上は危険がいっぱいです。

これまでは大河内が隣にいて、危険と感じれば操縦かんをすぐに代わりに操作してくれていました。

しかしこれからはそういうわけにはいきません。

着陸もままならない舞。

きちんとセンターラインに着陸できるかなど、不安要素ばかりです。

 

舞いあがれ51話ネタバレ11週あらすじ考察|どうした舞!

水島をフェイルしないでほしいと大河内に頭を下げに行った舞。

これには唖然としてしまいました。

大河内からは私情を挟むなと注意を受けた舞ですが、全くその通りだと思います。

多くの人の命を預かるパイロット。

努力してもなれない人がいると思います。

舞は、大河内が容赦なくフェイルする鬼教官だと思い込みすぎではないでしょうか?

舞には、教官の言葉の意味をよく考えてほしいと思いました。

 

舞いあがれ51話ネタバレ11週あらすじ考察|島を出る祥子

ジャムを作ってさくらのカフェに運ぶ祥子が元気そうでホッとしました。

年齢的に60後半から70代なのかと推測します。

島で一人暮らしを知る祥子。

いくら島のみんなが手伝ってくれるからと言って、いつまでも一人で暮らすには無理があります。

彼女はこの先、めぐみや舞と同居する予定はあるのでしょうか?

祥子のことなので島を出たくないと言うでしょう。

不便な島での暮らしがいつまで続けられるのか?

これからの祥子に目が離せません。

 

舞いあがれ51話ネタバレ11週あらすじ考察|東京で何があった?

悠人が舞に気になる言葉を残していました。

「強い志を持った人になりたいってことやろ?」と悠人。

東京で何かあったのではないでしょうか?

本当は夢があって東大に入った悠人。

しかしその夢を打ち砕かれるような体験をして、お金を稼げればそれでいいと思うようになったのではないかと考えます。

東京ですっかり変わってしまった様子の悠人。

彼の本心が知りたいです。

 

舞いあがれ51話ネタバレ11週あらすじ考察|祥子の病気

しっかりしている祥子ですが、客を迎えに行く時間をすっかり忘れていましたね。

これがただのうっかりだったらいいのですが…。

これまでずっと気を張って生きてきた祥子。

孫や娘と再会できたことで、認知症などを発症していなければいいのですが心配です。

祥子は五島を絶対に離れないでしょう。

そうなるとめぐみが五島に戻って来るしかありません。

もしくは、舞が祥子の面倒をみる。

舞がヤングケアラーにならなければいいのですが、不安になりました。

 

舞いあがれ51話ネタバレ11週あらすじ考察|ツイッターでの反応は?

舞いあがれ50話ツイッターでの反応は以下の通りです。

 

舞いあがれ51話ネタバレ11週あらすじ

朝ドラ舞いあがれ!51話のネタバレあらすじを紹介していきます。

ネタバレですので、まだご覧になっていない方はご注意ください。

 

舞いあがれ51話ネタバレ11週あらすじ|教官変更

担当教官を変えてもらおうと提案する柏木(目黒蓮)。

このままでは舞(福原遥)がフェイルになってしまいます。

舞は時間をかけて考えたいと言いますが、柏木は考えている余裕はないと急かします。

「もしかしたら私、大河内(吉川晃司)教官のことを勘違いしてたのかなって…。もうちょっと大河内教官のもとで考えたいです」と舞。

訓練の時間になったため、「この話はもう一度しよう」と柏木は訓練の準備を始めます。

 

舞いあがれ51話ネタバレ11週あらすじ|フォロー

着陸の練習に時間をさいていた舞は、ソロフライトに加え野外航法が残っています。

矢野(山崎紘奈)や中澤(濱正悟)が舞のことをサポートしてくれますが、特に吉田(醍醐虎汰朗)は熱心に舞をフォローしてくれました。

一方柏木は、山下教官と話をして教官変更の手続きを進めようとしています。

そのことを舞に話す柏木。

教官変更について、もう一度よく考えてほしいと舞に告げます。

 

舞いあがれ51話ネタバレ11週あらすじ|久留美との電話

その夜、久留美(山下美月)から電話がありました。

「結局どうなったん?」と言われ、舞は何のことかわかりません。

告白の返事はもうしたのか聞かれ、まだ返事をしていないことを伝える舞。

久留美に恋の話はないのか尋ねます。

久留美は、同じ職場の医師・八神が気になっていることを話しました。

 

舞いあがれ51話ネタバレ11週あらすじ|ソロフライト

2回目のソロフライトを行う舞。

この日は少し風が吹いていました。

そんな中を舞の飛行機が離陸。

目的地に向かった舞に、訓練を中止して空港に戻るよう指示があります。

風邪向きが変わったため、急いで学校に戻る必要があるのです。

舞はすぐに学校に戻ろうとします。

 

舞いあがれ51話ネタバレ11週あらすじ|強くなる風

すべての飛行機が学校に戻ってきました。

しかしまだ舞の飛行機だけが戻りません。

するとまた風が強まります。

大河内が指示を出し、舞の飛行機は上空で待機。

しかしどんどん風が強くなり、おさまる気配はありません。

 

舞いあがれ51話ネタバレ11週あらすじ|不安になる舞

大河内は釧路空港へ着陸するよう指示を出します。

一人で釧路に着陸しろと言われ、焦る舞。

燃料はあります。

しかしもし釧路も風の影響で着陸できなければどうすればいいのかと、不安になる舞。

一人で焦っていると、大河内から右を向くよう言われました。

舞が窓の外を見ます。

そこには、大河内の飛行機がありました。

釧路までは自分が誘導すると大河内。

 

舞いあがれ51話ネタバレ11週あらすじまとめ

NHKの朝ドラ「舞いあがれ!」第11週 「笑顔のフライト」51話のネタバレあらすじをお届けしてきました。

舞いあがれ!51話では、舞の二度目のソロフライトの日、風の影響で釧路へ行くよう指示があります。

初めて一人で釧路空港に向かう舞。

舞は無事釧路にたどり着くことができるでしょうか?

今後の舞いあがれ!の展開も気になりますね。

以上、「【舞いあがれ51話ネタバレ11週あらすじ】頼れる大河内」と題してお伝えしました。