舞いあがれ

【舞いあがれ116話ネタバレ24週あらすじ】刈谷先輩と空飛ぶ車

【舞いあがれ116話ネタバレ24週あらすじ】刈谷先輩と空飛ぶ車

NHKの朝ドラ「舞いあがれ!」第24週 「ばんばの歩み」2023年3月17日に初回放送された116話のネタバレあらすじをお届けしていきます。

朝ドラ舞いあがれ!115話は、島を出ることになった祥子(高畑淳子)の送別会が開かれます。

祥子の門出を祝って乾杯する舞(福原遥)たちですが…。

これからの舞いあがれ!の展開はどうなっていくのでしょうか?

今回は「【舞いあがれ116話ネタバレ24週あらすじ】高まる今後のサプライズ登場」と題してお届けします。

>>舞いあがれネタバレ一覧<<

 

朝ドラの舞いあがれは再放送があるものの、つい見逃してしまうことありますよね?

毎日放送しているので、次の日見ようと思っても間の内容がわからず…

そんなことありませんか?

そんな時見逃し配信して欲しいものですよね。

でもドラマなど見逃し配信が見られるTVerではNHKの番組は残念ながら扱ってません。

そこで探すとNHKオンデマンドしか見逃し配信がやっていないようです。

そこで色々調べた結果U-NEXTが一番お得に見ることができます!

U-NEXTでは無料キャンペーンもやっており、お得に朝ドラが見れるというわけなんです!

これまでの朝ドラや大河ドラマも見放題!

さらには気になっていた映画なども見ることができます!

少し朝ドラを見逃してしまった方にはちょうどいいサービスです!

この機会にどうぞ体験してみてください。

\無料トライアル実施中/

 

目次

舞いあがれ116話ネタバレ24週あらすじ考察

今後の舞いあがれ!はどうなっていくのでしょうか。

感想や今後の考えられる展開を紹介していきます。

 

舞いあがれ116話ネタバレ24週あらすじ考察|祥子のできること

祥子(高畑淳子)を説得するめぐみ(永作博美)。

涙なしには見られないストーリーでした…。

いずれは五島へ戻るつもりだと言われ、祥子が大阪へ行くことを決心。

高齢で大阪へ短期間でも移り住むのは大変なこと。

でも本当によかったです。

祥子はこれから大阪で何をするのでしょう?

自分にしかできないことを探すようですが、祥子と言えばジャム作りですかね。

近所のママさんにジャムの作り方を教え、作ったジャムを「うめづ」で販売しそうな気がします。

 

舞いあがれ116話ネタバレ24週あらすじ考察|むっちゃん登場!そして若葉も…

ついにむっちゃんが登場です!

福山雅治さんが登場するのかと期待していたので、まさかの突然のむっちゃん登場には驚きましたが、これで一つ謎が解けて胸がすっきりした感じです。

そしてもう一つ、謎と言えば若葉が誰かも判明しました。

五島出身の川口春奈さんが若葉を演じ、視聴者を驚かせました。

今後もこういったサプライズが続くのかと期待しています!

 

舞いあがれ116話ネタバレ24週あらすじ考察|コロナ禍は描かれる?

祥子のことがひと段落し、これからは万博に向けての話が中心となるかと思われます。

そんな中、コロナのことは描かれるでしょうか?

コロナが流行り、自由に海外へ行くことができない時期がありました。

飛行機が飛ばない中で、かつての航空学校時代の仲間と舞(福原遥)との交流が復活するかもしれません。

もしかすると柏木(目黒蓮)が登場する?など、期待が高まります。

 

舞いあがれ116話ネタバレ24週あらすじ考察|久留美の今後の展開

祥子に注目が集まる中、久留美(山下美月)のことも描かれると思っていたのですが、久留美のことは一切触れられることはありませんでした。

長崎の病院で働く久留美ですが、2年経ち今どうしているでしょう?

そろそろ慣れた頃かと思われますが、コロナが流行りだすと看護師をしている久留美は大阪へ戻ってくることは難しそうです。

悠人(横山裕)と会うことも困難になるでしょう。

今後、久留美に予想もしない悪い展開が待ち構えていないか不安になってきました。

これからは悪いことは一切ないことを願っています。

 

舞いあがれ116話ネタバレ24週あらすじ考察|章が社長になると…

めぐみ(永作博美)が次期社長に選んだのは章でした!

悠人(横山裕)も舞(福原遥)も別の仕事をしていますからね、子どもに次を託すことはないだろうと予想はしていましたが、章でしたか。

ずっとIWAKURAを支えてきた一人ですもんね。

章なら社員に寄り添えるいい社長になると思います。

章は浩太(高橋克典)の夢を知っているので、これからのIWAKURAをもっと盛り上げてくれそうです!

でも章が社長になることを快く思わない社員も中にはいるのでしょう。

めぐみから章に引き継いだ時、社内の雰囲気がどうなるのか気になるところです。

 

舞いあがれ116話ネタバレ24週あらすじ考察|大阪万博

2025年の大阪万博の話が出ていました。

この時まだ2018年のはずなので、万博まで7年あります。

舞(福原遥)も万博に参加するつもりのようで、ここで刈谷(高杉真宙)先輩が登場かと思われます!

どんなモノを作るつもりなのか?

舞といえば空!

きっと空に関係するモノを作り、周囲をあっと言わせるのだと思いました。

 

舞いあがれ116話ネタバレ24週あらすじ考察|めぐみの後悔

五島を離れ大阪で暮らし始めた祥子に心配されるのが認知症です。

急に住み慣れた場所を離れ、知り合いもいない大阪での暮らしは大変だと思います。

いくらめぐみがそばで支えると言っても、四六時中一緒にいるわけにはいかないでしょう。

五島では何でも一人でやっていた祥子ですが、大阪へ来るとめぐみや舞が何でもしてくれます。

祥子を大阪へ連れてこなければよかったと、めぐみが後悔しなければいいなと思いました。

 

舞いあがれ116話ネタバレ24週あらすじ考察|ドローン事業

五島への物流のためにドローンを使う計画があるようです。

その計画に携わっているのが、一太(若林元太)の弟・慶太のようですが、今後の話にどう関連づけられるのか気になるとことです。

五島を出ることを嫌がる祥子のために、舞(福原遥)が五島へ移住するのではないでしょうか?

その際「こんねくと」は純(山口紗弥加)に託して、舞は五島で新たな事業に携わるのかと考えました。

ドローンと舞の新たな事業が関わってくるのかな?と想像。

最終回まであと少しですが、今後も様々な展開が期待されます。

 

舞いあがれ116話ネタバレ24週あらすじ考察|刈谷先輩再登場

ドローンの話が出てきて一番に想い浮かんだのが、人力飛行機サークルの刈谷(高杉真宙)先輩です。

24週の予告に刈谷先輩が登場していたので、必ずどこかに出演するとは思われるのですが、ドローンと関係しているのではないでしょうか?

舞と新たなモノづくりを始める様子の刈谷。

何ごとも完璧を目指す刈谷が、どんなモノを作り出すのか気になります。

大学時代は記録を出すことができなかった刈谷と舞との挑戦が始まりそうです!

 

舞いあがれ116話ネタバレ24週あらすじ考察|悠人が五島に住む?

久留美(山下美月)が長崎で暮らし始めて二年になるでしょう。

悠人(横山裕)とはうまくいっているでしょうか?

悠人の仕事は投資。

彼なら日本どこにいても、ネットさえつながれば仕事ができるのでは?

どうせなら悠人が五島へ移住するのはどうでしょう。

久留美と会うのも近くなりますし、一石二鳥です♪

結婚して久留美には僻地の看護師として活躍してほしいです!

 

舞いあがれ116話ネタバレ24週あらすじ考察|結婚式

ついに久留美に告白した悠人(横山裕)。

妹の前での告白は、かなり恥ずかしかったのではないでしょうか?

それでもうまくいって良かったです♪

長崎と大阪の遠距離恋愛を続ける久留美と悠人ですが、結婚はいつ頃でしょうか?

久留美の仕事が忙しくて、結婚どころではないかもしれませんね。

そういえば、佳晴(松尾諭)と津田(たくませいこ)はどうなったでしょう?

親子でゴールインもいいかもしれません。

二組一緒に結婚式を挙げてほしいです♪

 

舞いあがれ116話ネタバレ24週あらすじ考察|歩の将来

舞と貴司(赤楚衛二)の赤ちゃんの名前が「歩」に決まりました。

少しずつでも前進してほしいと願いを込め付けた名前です。

歩は将来どんな職業に就くのでしょう。

もしかすると、パイロットになりたいと言い出すかもしれません。

そうなれば、舞は全力で応援するでしょうね。

歩がどんな女の子になるのか?

今からワクワクします!

 

舞いあがれ116話ネタバレ24週あらすじ考察|気になる伏線?

仕事をしている舞。

一方純が仕事をしている様子がまったく感じられません!

Twitterでも純への不満の声がちらほら聞こえてくるなど、どうやら視聴者の多くが純に違和感を感じている様子。

起業するにあたり、半分は純もお金を出しているようなので中途半端な気持ちではいないと思うのですが、どうしても純は舞に比べると何もしていないように見えてしまいます。

知識もあまりないでしょうしね。

アイデアを出す舞にたいして「それいいね」としか言っていない感じなんですよ…。

純が「この工房を商品でいっぱいにしよ!」と発言したのも何かの伏線に感じられ、今後が不安です。

 

舞いあがれ116話ネタバレ24週あらすじ考察|「こんねくと」はうまくいかない?

舞と共に「こんねくと」を立ち上げた純ですが、再び記者に戻るのでは?との声があります。

記者とは別の仕事をしてみて、改めて記者として生きていきたいと思うのではないでしょうか?

フリーの記者になり、純は再び頑張っている人を取材するような気がします。

そうなると、舞は一人で「こんねくと」を続けていくか、もしくは廃業になるのかと思われます。

町工場を繋ぎ、素晴らしさを伝えたい舞ですが、最初から上手くいくとは思えません。

「こんねくと」はうまくいかず、その悔しさをばねに次の起業を舞は考えるのではないでしょうか。

 

舞いあがれ116話ネタバレ24週あらすじ考察|舞の一番の理解者

我妻(久保田磨希)社長から「うちはやらへんで!」と言われた舞。

気難しそうな人でしたね。

仙波も苦手としているようです。

めぐみも同じ女性社長ですが、また我妻とはタイプが違います。

我妻は職人あがりで、苦労してきたのでしょう。

そんな我妻と舞が心通わせる日も近いはず。

舞の一番の理解者になるのかと思いました。

 

舞いあがれ116話ネタバレ24週あらすじ考察|朝陽との再会はあるのか?

全国を旅することにした貴司ですが、まず第一回目に訪れるのは五島のようです。

五島の子どもたちに短歌を教える貴司。

朝陽君は元気にしているでしょうか?

また五島で再会できますね。

彼はもしかしたら高校生くらいになっているかもしれません。

大人になった朝陽君は何をしているのか?

この旅でもしかすると八木(又吉直樹)と再会できるかもしれません。

全国を旅して、たくさんのいい短歌が生まれればいいなと思いました。

 

舞いあがれ116話ネタバレ24週あらすじ考察|八木の行方

短歌教室のイベントを開催した貴司。

みんなうれしそうでよかったですね。

これから定期的に開催するのでしょうか?

第二歌集の予定もあるようで、順調です。

貴司が売れれば売れるほど、八木(又吉直樹)が今どこで何をしているかが気になります。

八木が貴司の前に姿を現したのは、「デラシネ」の鍵を渡した一度きり。

次はいつどこで会えるのか、楽しみです。

 

舞いあがれ116話ネタバレ24週あらすじ考察|同居は難しい…

幸せそうな舞ですが、忙しくて夕食作りは貴司に任せきりになっている様子。

貴司は気にしていないようですが、家事をちゃんと分担しないとのちのち大きな問題になりそうです。

それに二世帯で暮らしていて、そのことも喧嘩のきっかけとなりそうな予感…。

長年の知り合いでも、家族となり一緒に暮らすとなると大変な部分がたくさんあると思います。

貴司とめぐみと舞の暮らしが今後も継続となるのか?

貴司がいつか爆発しないかなど心配になってきました。

 

舞いあがれ116話ネタバレ24週あらすじ考察|中澤は今何してる?

披露宴に駆けつけてくれた矢野(山崎紘奈)。

吉田(醍醐虎汰朗)や水島(佐野弘樹)たち男性の姿はありませんでした。

男性陣を呼ぶと、柏木(目黒蓮)を呼ばないわけにはいきませんもんね。

学校卒業後、これまで吉田と水島、矢野は再登場しています。

しかし中澤(濱正悟)だけがまだ登場していません。

妻子持ち断った中澤は忙しい設定なのか?

今後彼の登場があるのか楽しみにしたいと思います!

 

舞いあがれ116話ネタバレ24週あらすじ考察|悠人の説得

お好み焼き屋を継ぐ気はない様子の貴司。

お好み焼き屋「うめづ」は勝の代で終わりのようです。

大阪へ帰ってきた時に必ず「うめづ」のお好み焼きを食べている悠人。

勝が店をたためば、今後お好み焼きを食べれなくなります。

それを知った悠人が、貴司に店を継ぐよう説得するかもしれませんね。

 

舞いあがれ116話ネタバレ24週あらすじ考察|ツイッターでの反応は?

舞いあがれ115話ツイッターでの反応は以下の通りです。

 

舞いあがれ116話ネタバレ24週あらすじ

朝ドラ舞いあがれ!116話のネタバレあらすじを紹介していきます。

ネタバレですので、まだご覧になっていない方はご注意ください。

 

舞いあがれ116話ネタバレ24週あらすじ|祥子が大阪へ

送別会の次の日、祥子(高畑淳子)が住み慣れた家をあとにします。

舞(福原遥)とめぐみ(永作博美)が付き添い、祥子が大阪へやってきました。

家は祥子が暮らしやすいようにバリアフリーにしました。

祥子は「何か手伝えることはないか?」と尋ねます。

「無理することないよ」とめぐみ。

 

舞いあがれ116話ネタバレ24週あらすじ|同居生活

翌日の昼休み、舞が急いで家に戻ってきます。

「笠巻(古館寛治)さんと一緒にお昼食べるねんけど、一緒に行かへん?」と、舞が祥子を誘います。

「うめづ」で笠巻と食事する舞と祥子。

舞が、笠巻にモノ作り教室の講師を依頼。

笠巻は「ええで」と言ってくれます。

「やることがないのはしんどいからな」と話す笠巻。

それを聞いた祥子が俯きます。

 

舞いあがれ116話ネタバレ24週あらすじ|「デラシネ」と祥子

祥子が「デラシネ」にやってきました。

祥子が「おもしろい店だね」と店内を見渡します。

本にはあまりなじみがない祥子。

貴司(赤楚衛二)がおすすめの本を何冊か紹介してくれました。

家に帰った祥子は夢中になって本を読みます。

 

舞いあがれ116話ネタバレ24週あらすじ|リンゴジャム

翌日、笠巻がリンゴを持ってきてくれました。

「たくさんあるからジャムにでもしてくれ」と帰っていきます。

舞とめぐみが手伝い祥子と三人でジャムを作りました。

みんなで協力して作ったジャムが完成。

味見をした歩が笑顔になります。

 

舞いあがれ116話ネタバレ24週あらすじ|刈谷と玉本

壊れていたラジオをめぐみが祥子に渡します。

舞が職人に頼んでラジオを直してもらっていました。

ラジオが直って祥子はうれしそうです。

翌日、「こんねくと」に出勤した舞のもとに刈谷(高杉真宙)から電話があります。

作業場にできる倉庫を知らないか尋ねられる舞。

刈谷は、「安くて長く借りられる倉庫が借りたい」と言います。

その一か月後、玉本を連れて刈谷が「こんねくと」にやってきました。

二人は、ドローンを開発する会社を立ち上げていました。

刈谷たちが空飛ぶ車を開発中だと知り、舞は興味を持ちます。

試作中のものを見に来るか聞かれ喜ぶ舞。

 

いあがれ116話ネタバレ24週あらすじまとめ

NHKの朝ドラ「舞いあがれ!」第24週 「ばんばの歩み」116話のネタバレあらすじをお届けしてきました。

舞いあがれ!116話では、祥子が大阪へやってきます。

大阪での暮らしを始めた祥子。

少しずつ自分ができることを見つけます。

一方舞のもとに刈谷先輩と玉本先輩が会いにやってきます。

二人が空飛ぶ車を作っていると知った舞は…。

今後の舞いあがれ!の展開も気になりますね。

以上、「【舞いあがれ116話ネタバレ24週あらすじ】刈谷先輩と空飛ぶ車」と題してお伝えしました。