ちむどんどん

【ちむどんどん102話ネタバレ】智の葛藤

【ちむどんどんネタバレプラス21週あらすじ102話】歌子が東京に?

NHKの朝ドラ「ちむどんどん」第21週 「君と僕のイナムドゥチ」2022年8月30日に初回放送された102話のネタバレあらすじをお届けしていきます。

朝ドラちむどんどん101話では、開店を目前に控える暢子(黒島結菜)。

人件費がかかるので、ホールや洗い場に人を雇うつもりはありません。

矢作と二人で何とか店をオープンさせようと考える暢子ですが…。

これからのちむどんどんの展開はどうなっていくのでしょうか?

今回は「【ちむどんどん102話ネタバレ】歌子が東京に?!」と題してお届けします。

>>朝ドラ最新話ネタバレ<<

 

ちむどんどん102話ネタバレ考察

今後のちむどんどんはどうなっていくのでしょうか。

感想や今後の考えられる展開を紹介していきます。

 

ちむどんどん102話ネタバレ考察|歌子が東京へ!?

暢子がピンチだと智から聞かされる歌子(上白石萌歌)。

東京へやってきて、暢子の店を手伝うのではないでしょうか?

そうなれば、智(前田公輝)とも頻繁に会うことが叶います。

どんどん距離を縮める二人。

いつしか恋仲となり、結婚につながるのではないかと考えました。

 

ちむどんどん102話ネタバレ考察|ネックレスの意味

智が歌子にネックレスをプレゼント。

子どもの頃に智がくれたメダルに似ていましたね。

歌子はメダルと同じくらい、大事に大事にするでしょう。

しかし歌子はこのネックレスが暢子とお揃いだと思っています。

智が自分だけにくれたプレゼントだと知ったら、歌子はメチャクチャ喜ぶことでしょう。

もしかすると、歌子は智に自分から告白するかもしれません。

勇気を出して、一歩踏み出してほしいです!

 

ちむどんどん102話ネタバレ考察|問題が山積み

仕入れ先を探すことに苦戦していた良子(川口春奈)。

しかし何とか安室のおばぁ(あめくみちこ)のおかげで、仕入れ先が見つかりそうです。

それでもまだまだ問題は山積み。

安室のおばぁ以外の調理員を説得しないといけません。

そして何かあれば、責任はすべて良子にあると校長先生からも言われています。

やんばるの野菜を使った給食を子ども達がもりもり食べてくれればいいのですが、これまで以上に残飯が増えるなんてことになれば、良子の立場が危うくなります。

どうなる良子!?

 

ちむどんどん102話ネタバレ考察|ツイッターでの反応は?

ちむどんどん101話のツイッターでの反応は以下の通りです。

 

ちむどんどん102話ネタバレ

朝ドラちむどんどん102話のネタバレあらすじを紹介していきます。

ネタバレですので、まだご覧になっていない方はご注意ください。

 

ちむどんどん102話ネタバレ|自分を責める歌子

歌子(上白石萌歌)は、智(前田公輝)からもらったネックレスを良子に見せます。

歌子の首にかけてやり、「似合うよとっても」と良子。

歌子は、智がまだ暢子のことを好きだと思っています。

そんなことを考える自分のことが嫌いな歌子。

「歌子が自分のことを嫌いでも、私は歌子が大好きさ。みんな知ってるよ、歌子がとってもやさしいことを」と良子が慰めます。

 

ちむどんどん102話ネタバレ|ネックレスを買った経緯

共同売店の善一(山路和弘)と酒を飲む智。

歌子にプレゼントしたネックレスのことを話します。

仕事中、智は原宿で歌子に似合いそうなネックレス見つけました。

会計時、0を一つ見間違えていたことに気が付きます。

それでもネックレスを購入。

 

ちむどんどん102話ネタバレ|善一に相談

善一は、智が歌子に想いを寄せていることに気付いています。

歌子に想いを伝えるよう智に言う善一。

しかしつい最近まで暢子に想いを寄せていた自分が、歌子に告白するなどできないと智。

好きだった人の妹を好きになった自分がかっこ悪いと智は思っています。

しかし人を好きになるのに、かっこいいも悪いもありません。

 

ちむどんどん102話ネタバレ|青春

「歌子と一緒にいると落ち着くんですよ…」と智。

善一は、正直に自分の思いを歌子にぶつけるべきだと言います。

自分の気持ちのままに歌子に告白すべきか悩む智。

酒に酔っていた智は、その場で倒れて寝てしまいます。

「青春はいいな…」とつぶやく善一でした。

 

ちむどんどん102話ネタバレ|オープンまであと一週間

店のオープンまであと一週間になります。

食材選びも最終段階に入った暢子(黒島結菜)。

智と食材の打ち合わせをしていると、「保健所と消防署の手配はもうしたのか?」と矢作(井之脇海)から声を掛けられます。

やることが多く、すべきことがすっかり抜け落ちてしまっていた暢子。

矢作から頼まれていた調理道具もまだ揃えていません。

 

ちむどんどん102話ネタバレ|歌子の上京

命令ばかりする矢作に、智が憤ります。

そこへ歌子が現れます。

「このお店で働かせてほしい」と頼む歌子。

突然沖縄からやってきた歌子に暢子は驚きます。

暢子は、沖縄の優子(仲間由紀恵)に電話を掛けました。

「歌子は最近調子がいいから、よろしくね」と優子。

電話を切った優子が、賢三(大森南朋)の写真に話かけます。

「久しぶりに二人きりだね。何だかとっても広く感じるね…」と、しみじみ感じる優子なのでした。

 

ちむどんどん102話ネタバレ|真実を知る歌子

歌子は、智がくれたネックレスを暢子に見せます。

同じネックレスを持っているはずの暢子ですが、なぜかネックレスのことを知りません。

歌子は、智が嘘をついていたことにようやく気づきます。

自分だけにくれたのだとうれしくてたまらない歌子。

「智ニイニの嘘つき…」とつぶやく顔は、とても幸せそうなのでした。

 

ちむどんどん102話ネタバレ|うまんちゅ給食

良子が子どもたちのために考えた給食・うまんちゅ給食初日となりました。

うまんちゅ給食はやんばるの野菜をたくさん使った給食で、これから週一回を目安にとり入れられます。

給食の時間、調理師の安室のおばぁ(あめくみちこ)が気になって教室まで見に来ました。

肉中心の食事をしていため野菜嫌いの子が多く、給食をほとんど残してしまいます。

結果的に残飯率が増えてしまいました。

そのことを校長に報告する良子。

うまんちゅ給食を辞めたほうがいいと言われますが、良子も安室のおばぁも「次回もうまんちゅ給食をやらせてください!」と頭を下げるのでした。

 

ちむどんどん102話ネタバレ|メニュー名に悩む暢子

「ゴーヤチャンプルー」とメニューで見ても、沖縄料理が初めての人はわからないだろうと思う暢子。

和彦(宮沢氷魚)は「矢作さんに相談すれば?」と言いますが、彼は料理以外のことはしないと豪語しています。

洗濯物をたたみながら悩む暢子に、和彦が「少し休んで」と声を掛けます。

しかし暢子はじっとしていられません。

暢子が掃除機をかけようとします。

和彦が「僕が掃除をするから」と言いますが、「和彦君は締め切りが近いでしょ」と暢子は休憩をとらないのでした。

 

ちむどんどん102話ネタバレまとめ

NHKの朝ドラ「ちむどんどん」第21週 「君と僕のイナムドゥチ」102話のネタバレあらすじをお届けしてきました。

ちむどんどん102話では、店のオープンまであと一週間になりました。

やることが多い暢子ですが、矢作はまったく手伝おうとしません。

そんな時、歌子が沖縄から上京してきました。

今後のちむどんどんの展開も気になりますね。

以上、「【ちむどんどん102話ネタバレ】智の葛藤」と題してお届けしました。