Placeholder image

「挨拶は時の氏神」という諺通り、正義とは何か、防衛とは何か。
陥りがちな錯覚、思い込みについて、痛烈に考えさせられる傑作。
そして、この展開の見事さは「カメ止め」を凌駕している。

松尾貴史

俳優

傑作!快作!まさかの展開の連続に驚きそして感服。
主演の二人がとにかく素晴らしい。
2020年を代表する1本になることは間違いないでしょう

佐藤佐吉

映画監督・脚本家

意外な展開があって、しっかりとスッキリさせてくれる。
脚本が見事だった。
篠原ゆき子は普通の人の皮をかぶった変人だと俺は思っているので、
その見え隠れするクレイジーさを見事に演出で引き出していた。最後は号泣しました。

品川ヒロシ

お笑い芸人/映画監督

よくある騒音ババアの話かと思ったら違った。
全く悪意のない隣人を悪者と決めつけ、
あげく追い詰めてしまった主人公の悔恨の話だった。
取り返しのつかないことをしてしまった人間は何をすればいいのか。
切々と胸に迫ってくる映画でした

いまおかしんじ

映画監督